MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
大手町と南船橋で出展料無料の物産展(3月分)募集! 

大手町と南船橋で出展料無料の物産展(3月分)募集! 

ブランド総合研究所と東京事務所は、大手町のサンケイビルと南船橋の「ビビットスクエア南船橋」にて、全国の地域産品の販売促進会を開催する。地域活性化支援の一環により、各10社限定で、特別に出展料は無料(売上歩合の販売手数料のみ)での優待出展を募集する。

ブランド総合研究所と東京事務所は、大手町のサンケイビルと毎日新聞社ビル、南船橋の「ビビットスクエア南船橋」にて、全国の地域産品の販売促進会の3月開催スケジュールが決定した。サンケイビルと毎日新聞社ビルは毎週、ビビットスクエアは土日1回の開催。地域活性化支援の一環により、各10社限定で、特別に出展料は無料(売上歩合の販売手数料のみ)での優待出展を募集する。
千葉県南船橋の大規模ショッピングセンター「ららぽーと」に隣接した「ビビットスクエア南船橋」の1階イベント会場(屋内)では、全国の地域産品を対象とした物産展「ビビット楽市&物産展」は、3月24日(土)と25日(日)の2日間に実施する。

この物産展はビビットスクエア楽市実行委員会が主催となり、ビビットスクエアテナント会、ブランド総合研究所、株式会社東京事務所が運営協力にて実施するもの。昨年7月に第1回目を開催し、毎月1回、定期的に開催している。

[caption id="attachment_878" align="alignright" width="300" caption="ビビットマルシェの様子"][/caption]

地域および中小企業の振興を目的としているため、当サイト閲覧者で、各地の中小企業および生産者は特別に出展スペース料は免除(各10社限定)。売り上げ分の20%の販売手数料だけという、低リスクでの出展を可能とした。また、販売員を派遣できない場合は、委託販売も可能。

同広場は人気の大規模ショッピングセンター「ららぽーと」に隣接したショッピングセンターで、土日には多くの買い物客で賑わう。全国の地域産品を展示、即売することにより、各地の認知度向上につなげてもらい、地域および中小企業の活性化に結びつけてもらおうという企画。

同様に、大手町の毎日新聞社ビルの「MOTTAINAI市場」では、3月の毎週木曜日(8日、15日、22日、29日)に開催する。内容は上記の南船橋とほぼ同様。ただし、スペースが狭いために毎回5社限定。

一方、東京・大手町のサンケイビルの地下1階「プロモコーナー」では、東日本大震災からの復興支援を目的としているため、東北および北関東の地域の食品、非食品を出展対象とした物産展を3月は毎週火曜日(7日、14日、21日、28日)に開催する。この出展に関しても同様の条件(出展料は無料、販売手数料のみ)で10社を優待募集中。ただし、出展対象は東北および北関東、千葉県に限定している。

出展希望および問い合わせは 株式会社ブランド総合研究所(担当:杉山、田中)まで。ただし、今回の募集は各回とも上限10社で、申し込み数が達し次第終了する。(03-3539-3011、 info@tiiki.jp)

◆ ビビットマルシェの募集概要および出展申込書はこちら → ビビット201203

◆ 毎日新聞社MOTTAINAI市場の募集概要および出展申込書はこちら → 毎日201203

◆ 大手町サンケイビルの募集概要および出展申込書はこちら → サンケイ201203

この記事のライター
関連記事
全国有数の梨産地である宇都宮市では、「梨」をブランド農産物としている。今回初出荷される宇都宮産の幸水は、みずみずしくて甘みが強く、品質が良いという特徴が ある。
日本政府観光局(JNTO)が21日発表した6月の訪日外国人客数は9300人(推計)だった。これは、新型コロナウイルス感染症の影響前の 2019 年同月比 99.7%減に相当する。
海士町役場人づくり特命担当(島根県隠岐郡海士町)は、2021年8月20日(金)~8月23日(月)の3泊4日、「お試し島留学」を実施。
スターバックス日本上陸25周年第2弾!「地域・地元とつながる」地元のパートナーが地元のお客様への想いをこめた「47JIMOTOフラペチーノ®」が登場 都道府県ごとのこだわりと個性豊かな47通りのフラペチーノ®をそれぞれ対応する都道府県店舗にて2021年6月30日(水)より一斉発売!
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル