MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
東日本大震災の復興に向けた人材育成と事業創出を目指す 「Next Action→ Social Academia Project」参加者募集

東日本大震災の復興に向けた人材育成と事業創出を目指す 「Next Action→ Social Academia Project」参加者募集

一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。

一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、東日本大震災から10年の節目を迎える福島県南相馬市で、「Next Action→ Social Academia Project」(以下「本プロジェクト」)を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。

本プロジェクトは、東日本大震災の復興に向けた人材育成と事業創出を目指していて、2030年までの10年間で、より多くの事業を創出することと世界に通用し活躍する多数の人材を輩出することを目標としている。本プロジェクトの参加対象者は、福島県の出身・居住にかかわらず、『震災由来の課題解決に貢献したい』満16~29歳(募集開始時点)。

現在、参加者を募集している「Booster」クラスでは、毎月11日に自己成長やコミュニティ活性化につながる「カタヤブリな大人たち」による講演や交流会などのオンラインイベントに参加することができたり、主体的に動き始めた「Apollo」・「第1Rocket」・「第2Rocket」乗組員のサポートや東北の課題解決プロジェクトの参加機会が与えられる。

■ 公式サイト
■ 「Booster」クラス詳細

「Next Action→ Social Academia Project」について

概要

一度は人口ゼロとなった福島県南相馬市小高区から、新しい価値創造につながる事業を立ち上げるプロジェクト。「Apollo」「第1Rocket」「第2Rocket」「Booster」の4クラスがあり、各クラスの参加者が協力しながら「ムーンショット」(これまでにない挑戦という意)を目指す。東日本大震災の犠牲者の月命日である毎月11日にオンラインイベントを開催し、4クラス全てのメンバーに学びと交流の機会を創出する。

参加者募集概要

目的
次世代のために新しい価値創造ができる事業を、つながりの中で生み出す。

クラス
・「Apollo」
小高パイオニアヴィレッジに常駐し、1年をめどに起業を目指す。
※ブースタークラスから応募後、事務局と調整の上参加
・「第1Rocket」
事業の種はないが、中・長期的な視点で起業を目指すクラス。
※ブースタークラスから応募後、事務局と調整の上参加
・「第2Rocket」
やりたい事業の種はあるが、起業の仕方が分からない人が中・長期的な視点で起業を目指すクラス。
※ブースタークラスから応募後、事務局と調整の上参加
・「Booster」
オンラインを中心に、「Apollo」「Rocket」のメンバーを主体的に支え、一緒に価値を創る。
※エントリーフォームによる応募

対象年齢
募集時点で満16~29歳

エントリーフォーム

募集に関するお問い合わせ

小高パイオニアヴィレッジ内
(所在地:福島県南相馬市小高区本町1-87)
Tel:0244-26-4665
E-mail:nasa-pj@pionism.or.jp
担当:和田、根本

運営主体

一般社団法人パイオニズム

サポート企業

ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社

協力企業・団体

・株式会社アスノオト:「さとのば大学」を運営。「第1Rocket」クラスに対し、社会課題や地域課題に向き合うプロジェクト参加型の学びの場を提供。
・一般社団法人あすびと福島:福島の高校生や大学生に、アントレプレナーシップを育む学習方法(プロジェクトベースドラーニング)や内省の場づくりを提供。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
都道府県の魅力をVtuberと一緒に討論しながら発信する「地域チューバー討論会」。 12月10日に2か月振りとなる第2回目の討論会を開催しyoutube・Twitterにて配信しました。
公開: 2022-12-13 17:02:50
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-23 13:05:22
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-20 15:14:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
公開: 2022-01-22 14:45:34
最新記事
林野庁では林業の成長産業化を図るため、平成 29 年度より、地域の森林資源の循環利用を通じて地元に利益を還元し、 地域の活性化に取り組む地域を「林業成長産業化地域(モデル地域)」として選定し、林業成長産業化地域創出モデル事業 を通じて支援しています。モデル地域の取組の成果を全国に普及展開する場として、成果報告会を開催します。
公開: 2023-01-17 14:11:00
昨年3月に惜しまれながらも閉店となった兵庫県アンテナショップが、公民連携型アンテナショップという、新しいアンテナショップの形態として首都圏に展開していくことが発表された。
公開: 2023-01-12 15:44:00
都道府県魅力度ランキングは45位と低迷する埼玉県。ところが「教育・子育ての県」のイメージでは2年連続で日本一! 埼玉県の魅力の現状を分析し、地域ブランドとしての問題点と、上昇のポイントをまとめてみた
公開: 2023-01-01 21:44:00
都内に34店ある都道府県の「アンテナショップの実態調査2022」を実施したところ、来場者が観光情報を入手する場所として活用しており、その効果は店舗売上を上回るほどの誘客効果につながっていることが明らかになった。
公開: 2022-12-27 17:57:16
「都道府県魅力度ランキング」でおなじみの地域ブランド調査では89項目のランキング項目があり、その中で「観光に行きたい都道府県ランキング」を発表。5位は福岡県、4位は東京都、3位は沖縄県、2位は京都府、1位は北海道となった。
公開: 2022-12-25 23:41:42

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル