MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
福島県の地域課題を若者が解決!「第1回ふくクエ応援会議」を都内で開催

福島県の地域課題を若者が解決!「第1回ふくクエ応援会議」を都内で開催

福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

 首都圏の若者に福島県の地域課題の解決策を考えてもらうワークショップ「第一回ふくクエ応援会議」を9月25日(土)に開催し、計11名参加しました。

 初回は本プロジェクトのスタートアップとして参加者の顔合わせや地域課題の解決に向けたテーマづくりを目的として開催されました。
 はじめに、一般社団法人葛力創造舎 代表理事の下枝 浩徳氏より「産品と行動を交換する事業の活用を考えよう」のクエストについて、「葛尾村との継続的なつながりと、お金を介さない新しい関係人口づくりも目指し『SHIOKURI(仕送り』事業(葛尾村の地域産品を送り、代わりに何らかの支援で返す)のブラッシュアップを考えている」と葛尾村の紹介も併せて講演が行われました。
 つぎに、草野畜産 代表 草野 純一氏よりオンラインで「福島牛の活用を考えよう」のクエストについて、「持続性の高い畜産業を普及するため、牛と触れ合う畜産体験メニューを構築や福島牛を使った牛肉餃子、牛マン、肉みそなど地域の産品作り、試食会の開催をしたい」と福島牛への熱い思いが語られました。
 

下枝氏による講演

 グループワークでは講演を行った下枝氏、草野氏のクエストのほか、計11個のクエストについて事業者を交えながら、参加者はアイデアを出し合いました。ふくクエ活動(フィールドワーク)での具体的な内容にも話が及ぶ場面もあり、活発な意見交換が行われました。

グループワークの様子

 本会議終了後もグループチャットで意見交換が交わされ、第2回は10月30日、第3回を11月27日(第3回)に開催予定です。その後、県内の対象地域での「ふくクエ活動(フィールドワーク)」を経て来年2月に「ふくクエコンテスト(報告会)」を開き、活動成果の発表を行います。
 なお、2回目以降からの参加も歓迎します(参加申込は以下)。

事業概要

1)ふくクエ応援会議(東京でワークショップ)
参加者(首都圏の若者)は3つのチームに分かれてアイデアを出し合い、それぞれの課題解決に向けた具体的な取り組みを検討。
日 程: 第1回 2021年9月25日(土) 13:30~16:30
     第2回 2021年10月30日(土) 15:00~18:00
     第3回 2021年11月27日(土) 15:00~18:00
場 所: アットビジネスセンター東京駅八重洲通り 604号室
     (東京都中央区八丁堀1丁目9-8 八重洲通ハタビル)

2)ふくクエ活動(フィールドワーク)
チームごとに福島県内でフィールドワークを行います。活動費として各チームに最大10万円を支援。
日 程: 2021年11月~2022年1月
場 所: 福島県内の対象地域

3)ふくクエコンテスト(報告会)
チームの代表者が活動の成果を発表し、今後の活動につなげます。。
日 程: 2022年2月
場 所: 福島県内の会議室 ※オンライン(ZOOM)で参加可能

参加申込

参加対象: 20~30代で首都圏にお住まいの方
      福島県を応援したい方、福島県における働き方や暮らし方等に興味・関心がある方
      「ふくクエ応援会議」にご参加いただける方
応募人数: 30名程度
費 用:  参加費無料
申込方法: WEB申込

クエスト(地域課題)について

1) 子どもの学びの未来創り(喜多方市)
2)福島牛の活用を考えよう (いわき市)
3) ひまわりで福島を復興しよう(福島市) ほか

※全クエストは「ふくしま夢実現クエスト」WEBサイトで公開しています。
詳細はこちら

「ふくしま夢実現クエスト」チラシ

問い合わせ

ふくしま夢実現クエスト事務局
(株式会社ブランド総合研究所内)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-5
TEL : 03-3539-3011 / FAX : 03-3539-3013
E-mail : fukushima@tiiki.jp(担当:菅波)


福島県 地域振興課
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2−16
TEL:024-521-7160

この記事のライター
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル