MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
2/18 14:00より「ベジタリアンとSDGsで地域の魅力を高めるには」セミナー開催

2/18 14:00より「ベジタリアンとSDGsで地域の魅力を高めるには」セミナー開催

新型コロナウイルスの影響で、インバウンドの需要が大きく減少したばかりではなく、食の多様性から生活様式も変化がおこっています。
次世代につながる「持続可能な社会」や「健康的な食生活」はますます注目が集まっています。
本セミナーでは、健康志向で注目が高まっているベジタリアン(プラントベース)食ですが、実は大きな思い違いや誤解をしている方が少なくないようです。そこで、これらを中心に、SDGsの視点で、専門家がわかりやすく解説をします。また、評価を高めるためのヒントと、食のバリアフリーについても取り上げます。

ぜひ、ご参加いただきますよう、ご案内申しあげます。

開催概要

内 容: 「 ベジタリアンとSDGsで地域の魅力を高めるには 」
     ①コロナの影響と消費ニーズの変化
     ②その「ベジタリアン食」は正しい?
     ③農業とSDGs
     ④フードバリアフリーについて
     ※講演内容の一部が予告なく変更となる場合があります。

日 時 :2021年2月18日(木)14:00~15:30
     ※10分前からログイン可能です

参 加 費:【会員】無料 【一般】3,000円
     会員加入希望の方はこちら
申し込み:https://foodbf.jp/seminar-3/
締め切り:2021年2月17日(水)12:00
定  員:50名
対  象:自治体、飲食店、農林水産業関係者、地域活性化や食の多様性に興味がある方
参加方法:本セミナーはZoomを使ったオンラインセミナーです。当協会より招待メールをお送りしますので、そこに記載されたURLをクリックし、入室してください。
     
(受講にはインターネットにつながったPCかスマホが必要です)当日はビデオおよびマイクをOFFにしてご参加ください。

講師紹介

講師 一般社団法人日本フードバリアフリー協会 代表理事 田中 章雄
1959年福井県生まれ、東京工業大学理学部卒業。
日経BP社に入社し、雑誌記者、新雑誌の企画、新事業開発などを担当。

開発部次長、調査部次長、日経BPコンサルティング調査部長、日本ブランド戦略研究所代表取締役社長などを経て、2005年11月に地域ブランドおよび企業ブランドの戦略立案、調査、PR、商品開発などに総合的に取り組む「ブランド総合研究所」を新たに設立し、代表取締役社長に就任。

一般社団法人ハラル・ジャパン協会設立時副理事。食農体験ネットワーク協議会代表。一般社団法人日本フードバリアフリー協会代表理事。

地域ブランドの提唱者であり、第一人者。テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」出演。全国各地で地域活性化のための研修会など実績多数。

日経BP 在籍時は企業イメージ調査やブランド・ジャパン等、大規模調査を考案。大手飲料メーカー、電子メーカーや家電メーカーなどの調査を数多く実施。現在は年間で100件以上の調査を行っています。

この記事のライター
関連記事
地域の資源や特性を活かした体験プログラムの作成・提案の方法を学びませんか?
公開: 2022-09-12 16:40:21
食農体験サイトtaabel(た~べる)では、食育ピクトグラムを活用した食農体験情報を募集しています。
公開: 2022-02-02 18:07:53
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
公開: 2021-06-23 17:15:59
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
最新記事
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル