MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
コロナ感染症終息後の観光地復活のスタートダッシュに向けて~ 第16回『日本夜景遺産』新規認定地の募集を開始!

コロナ感染症終息後の観光地復活のスタートダッシュに向けて~ 第16回『日本夜景遺産』新規認定地の募集を開始!

「夜景観光の推進」をスローガンに活動する日本夜景遺産事務局は((一社)夜景観光コンベンション・ビューロー内)、新型コロナ感染症終息後の観光地復活に向けて、 第16回『日本夜景遺産』新規認定地の募集を開始する。

第16回『日本夜景遺産』新規認定地の募集を開始

「夜景観光の推進」をスローガンに活動する日本夜景遺産事務局は((一社)夜景観光コンベンション・ビューロー内)、新型コロナ感染症終息後の観光地復活に向けて、 第16回『日本夜景遺産』新規認定地の募集を開始する。応募締め切り:2020年5月22日(金)まで。

日本全国に埋もれている美しい夜景を再発見&発掘し、一定の価値を付与することで観光資源化を目指し、国内外に訴求するプロジェクトのこと。
国内初の夜景認定ブランドとして2004年創設以降、年に一度、十数カ所の日本夜景遺産地が誕生し、2019年までに計241カ所が認定・登録されている。
事務局によると、それらの多くが滞在型観光に結びつく観光ブランドとして、マスメディアを通じた啓蒙、地域市民への認知度向上、国内外の団体・個人旅行を目的にした観光素材等、様々な場面で活用されているという。


2020年は、新型コロナ感染症の影響により、観光業界が世界規模の大打撃を受けている。その中で、日本の魅力を日本人が再びリスペクトしようとするムーブメントも起こりつつある。
インバウンドに頼っていた日本中の観光地が矛先を変え、“日本人にこそ訪れて欲しい観光地”への転換が始まろうとしている。

2020年、新たな「日本夜景遺産地」誕生に向けて、本年も全国より夜景鑑賞地・夜景イベントを広く募集する。夜景といっても公園、展望施設、ライトアップ、イルミネーションなどだけでなく、夜桜、城郭、灯籠イベントなど、これまでに認定された種類は様々。

日本夜景遺産の認定プロセスは、事務局による調査と夜景マイスター(夜景観光士1級取得者)の投票によって決定される。新たに認定された夜景遺産地は本年8月以降、公式HPでの発表と共に、2020年10月2日(金)に青森県むつ市で開催予定の「夜景サミット2020 inむつ」(全国名月サミットと同時開催)で認定授与式を行う。

応募方法

公式HPより日本夜景遺産の認定基準をご確認ください。その後、推薦書をダウンロードいただき、推薦する夜景に関する情報を明記。夜間の画像と合わせて郵送またはメールにて事務局宛へお送り下さい。
※複数応募も可となります。

■日本夜景遺産認定基準、推薦書のダウンロードはこちら
http://www.yakei-isan.jp/activity/index.php#saveNVH

【応募方法の詳細はこちら】
http://www.yakei-isan.jp/topics/index.php?id=15873729735

日本夜景遺産事務局
「わが町の夜景を後世に残したい!」「コロナ感染症終息後の観光地復活のスタートダッシュに向けて準備をしておきたい」という観光地の皆様、多数のご応募をお待ちしています。当事務局は今後も日本の観光復興に向けて「夜景」をテーマにいかに貢献ができるかを熟慮し、これまで以上に多くの方々が「夜景観光」を楽しんでもらえるような環境づくりを目指して参ります。


【「日本夜景遺産」公式HPはこちら】
http://www.yakei-isan.jp/index.php

<本件に関するお問い合わせ先>
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー
〒104-0054 東京都中央区勝どき1-13-6
HP:http://yakei-cvb.or.jp

この記事のライター
関連記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-23 13:05:22
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-20 15:14:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
公開: 2022-01-22 14:45:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-01-13 19:18:46
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル