MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
乾杯リレーのギネス世界記録達成で日本遺産登録を祝う|宇都宮市

乾杯リレーのギネス世界記録達成で日本遺産登録を祝う|宇都宮市

2018年10月27日、栃木県宇都宮市で新たなギネス世界記録が誕生しました。挑戦したのは「Most toasts in three minutes (team of 50)」。企画したのは宇都宮ブランド推進協議会で、宇都宮市が今年5月に文化庁の日本遺産に認定されたことを記念して挑戦を行いました。

2018年10月27日、栃木県宇都宮市で新たなギネス世界記録が誕生しました。挑戦したのは「Most toasts in three minutes (team of 50)」。3分間リレー形式で乾杯した乾杯数を50人のチームで競う記録です。企画したのは宇都宮ブランド推進協議会で、宇都宮市が今年5月に「地下迷宮の秘密を探る旅 大谷石文化が息づくまち宇都宮」で文化庁の日本遺産に認定されたことを記念して挑戦を行いました。

挑戦が行われたのは、切り立った大谷石(おおやいし)の岩肌を望む大谷景観公園で、乾杯のために用意されたのは「カクテルのまち宇都宮」らしくノンアルコールの宇都宮カクテル「苺のワルツ」です。記録達成のためには60回以上の乾杯を成功させなければなりません。



挑戦者50名が輪になるように整列し、公式認定員の「3,2,1,GO!」というスタートの合図で挑戦開始。しかし、1回目の挑戦は47回、2回目は53回で60回に届かず挑戦失敗。挑戦できるのは3回目までで、次第に会場には緊迫した空気が流れ始めます。2回目の挑戦失敗後に急遽練習時間を設けて迎えた3回目最後の挑戦。グラスを合わせた「チン!」という音と「乾杯!」という声が会場にリズムよく響き渡ります。そしてビデオ判定の結果、成功した乾杯の数は62回で見事ギネス世界記録達成。会場は歓喜に包まれました。



記録名:Most toasts in three minutes (team of 50)
(3分間にリレー形式で最もされた乾杯-50人-)
記録:62回
挑戦日:2018年10月27日

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-23 13:05:22
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-02-20 15:14:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
公開: 2022-01-22 14:45:34
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
公開: 2022-01-13 19:18:46
農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。 また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。
公開: 2021-12-15 14:00:00
最新記事
株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2022」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。
公開: 2022-05-16 10:54:47
株式会社ブランド総合研究所は、各都道府県の「関係人口」の人口推定のほか、移住意欲度などを数値化する「関係人口の意識調査2022」を全国約2万人の消費者を対象としてインターネットで実施した。
公開: 2022-04-12 10:06:38
今や20歳前後の2人に1人が利用経験のあるマッチングアプリ。ところが、安心・安全面について不安や不満を感じている人も多いようです。安心して利用するために必要な条件として本人確認の機能、監視体制、カスタマーサポートを挙げる人が多く、それらの体制に関して各社への評価が分かれているという実態が明らかになりました。
公開: 2022-03-29 09:46:00
株式会社ブランド総合研究所は、各都道府県の「関係人口」の人口推定のほか、移住意欲度などを数値化する「関係人口の意識調査2022」を全国約2万人の消費者を対象としてインターネットで実施した。
公開: 2022-03-28 11:52:10
今回は、ブランド総合研究所の地域ブランド調査2021から「食事がおいしい市区町村ランキング2021」を一部発表します。
公開: 2022-03-23 15:30:30

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル