MENU
第2回都道府県版SDGs調査2020 7月29日結果発表
2020対応が迫られる食の多様性にむけて~講座開催~

2020対応が迫られる食の多様性にむけて~講座開催~

日本のインバウンド受け入れ課題は、宿泊施設の不足だけでない、食のバリアに対応する飲食店の不足が問題視されている。日本の「食のおもてなし」対応はどこまで進められるのか。一般社団法人日本フードバリアフリー協会はインバウンドや多様な食のバリアへの対応として、市場規模や動向を学ぶ基礎講座やハラル、ベジタリアン、食物アレルギーなどの各専門研修を開催する。

2020対応が迫られる食の多様性にむけて~講座開催~

2020年東京オリンピック・パラリンピックまで一年を切った。日本政府観光局(JNTO)によると、2019年は1~6月末に16,633,600人が日本へ訪れたという。これは前年度15,899,063人より4.6%増加した結果となった。
また、2018年末時点での日本に在留する外国人は273万1093人(前年比16万増)となり過去最高記録を更新しているという。(出入国在留管理庁発表)
日本は、観光立国を目指し数年前から数々の施策を打ち出してきた。統計を取り始めた1964年以降過去最高の記録を更新し、2019年、2018年の訪日外国客数は3119万2千人を超える事を期待されている。

訪日旅行者のうち約7割が中国、韓国、台湾といった東アジアの観光客が多い。しかし、近日メディアで取り上げられる東アジアと日本の政治的な確執が注目を集め、旅行や流通の廃止が後を絶たない。旅行客の減少に不安がよぎっている。ただし、東南アジア圏の約5憶人の人口に旅行ブームが起きており、年々日本への訪日客が増加している。また、豪州、北米、欧州は年々訪日客が増加している。東南アジアは日本の人口をはるかに超えるイスラム教徒が占める。豪州、北米、欧米はオーガニックや、グルテンフリー、ベジタリアンといった食を選ぶ層が多い。今後、食の多様性にどう、日本は対応していくのか。市場規模とは何か。そういった疑問を抱く人は少なくない。


地域ブランディングの第一人者である株式会社ブランド総合研究所の代表取締役田中章雄が、今年4月食の多様性の必要性を感じ、発足した一般社団法人日本フードバリアフリー協会の代表理事に就任した。
インバウンド×観光×地域活性化は今後、どういった局面を迎えるのか。コアターゲットにどのようなアプローチをするか、一般社団法人日本フードバリアフリー協会は、現代の日本が置かれている状況を食の多様性という観点から市場規模の基礎を学ぶ講座を開催する。
宿泊施設の不足の懸念がされている中、日本の食に不安を抱き、中身の表示があるコンビニ弁当を買ってホテルで食べる人や、自国から食べ物を持ってくる旅行客もいるという。日本全体の問題として食の多様性に向けて、食のおもてなしの対応が迫られる。

一般社団法人日本フードバリアフリー協会はインバウンドや多様な食のバリアへの対応として、市場規模や動向を学ぶ基礎講座やハラル、ベジタリアン、食物アレルギーなどの各専門研修を開催する。

▶2019年8月30日(金)13:30~17:00 
名称:フードバリアフリー基礎講座
場所:東京都内 
内容:食の多様性、ハラル、ベジタリアン、ヴィーガンなど市場規模と動向。フードバリアフリーの活用方法
参加費:3,000円(税別)(一般社団法人フードバリアフリー協会のメルマガ会員・一般会員・パートーナー会員)非会員20,000円(税別)
詳細はこちら

▶2019年9月26日(金)10:30~17:00 
名称:モスク見学ハラル専門研修(一日集中講座)
場所:東京都内 
内容:食の多様性、ハラル市場規模と動向、ハラルの認証方法について
参加費:10,000円(税別)(一般社団法人フードバリアフリー協会のメルマガ会員・一般会員・パートーナー会員)非会員30,000円(税別)
詳細はこちら

▶申し込み方法

必要事項をご記入の上Emailまたは専用のフォームより申し込み
▶フードバリアフリー講座申し込み
▶ハラル専門研修申し込み

▶office@foodbf.jp (担当:山崎)
件名:〇〇〇に申し込み
①氏名
②資料送付先住所
③メールアドレス
④会員希望(メルマガ無料会員登録で会員価格になります)

この記事のライター
T.Yama

東京都大田区生まれ。愛知県知立市、三重県四日市市育ちです。押しのご当地キャラは四日市市のこにゅうどう君です。

地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
ハラル、ベジタリアン、ヴィーガン、食物アレルギーなど、多様化する食の規律や制限への対応が不可欠になっています。 特に、東京オリンピック・パラリンピックの開催が目の前に迫り、全世界からインバウンド(外国人観光客)が急増するにつれて、その緊急度は待ったなしです。
公開: 2019-12-26 16:35:54
食物の摂取による「アレルギー」とは、食物を摂取した際に身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御 するために過敏な反応を起こすことを食物アレルギーと呼ぶ。2019年7月5日、「アレルギー物質を含む食品の表示について(第56回消費者委員会食品表示部会 説明資料)」において「平成29年「即時型食物アレルギーによる健康被害の全国実態調査」」の結果として、食物アレルギーの原因食物の割合結果が報告され、「木の実」類への表示義務について方針が公表された。
公開: 2019-10-09 17:18:33
東京の木場公園にて2019年9月29日(日)にヴィーガングルメ祭りが開催される。当日は、肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜(+白砂糖)を使用せず、体に優しく、安心・安全な食材を使った屋台が並ぶ。本イベントは、東京開催の次に名古屋・京都にて開催予定。
公開: 2019-09-27 15:54:32
成田空港を活用した県内経済の発展を目指し成田空港活用協議会は、2019年9月27日(金)にセミナーを開催する。2020年東京オリパラに向けて増加している訪日旅行客の中には、宗教上の制約(ハラール)や健康上の制約(ベジタリアン等)といった食に制限がある人も訪れ、国際空港、東京ディズニーランドをもつ「ちば」は、食のグローバル化を目指す
公開: 2019-09-20 16:36:55
ラグビーW杯の開催が9月に迫り、各地では受入準備を進めているが、リーグ の開催会場の1つである大分市では、ベジタリアンセミナーを開催。別府市で は立命館アジア太平洋大の学生団体「ベジらる(Vegelal)」が、ベジ タリアン、ビーガン、ムスリム向けの料理を提供する市内飲食店をまとめたリ ーフレットを作り、住民や観光客にPRもおこなっている。
公開: 2019-08-05 14:04:51
株式会社ブランド総合研究所は、このたび全国の消費者約1万人を対象として、GoToトラベルキャンペーンに関する意識&ニーズ調査を実施しました(調査時期:2020年7月17日~21日)。
公開: 2020-08-03 13:14:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。住民によるSDGs取組評価1位は鳥取県、2位は熊本県。幸福度1位は宮崎県が2年連続。地域の持続性を求める声が多い結果となりました。
公開: 2020-07-29 12:00:00
ブランド総合研究所は、2020年6月に「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施した。約1万6千人の回答数を得て、地域の持続性を再評価する。 「自分の地域が社会や環境に配慮していると思うか?」という設問を新設し、住民による都道府県のSDGs評価指数としてランキングを発表するとともに解説を行う。
公開: 2020-07-29 12:00:00
ブランド総合研究所は、2019年に実施した「地域版(都道府県版)SDGs調査」の第2回調査を2020年6月に実施する。結果発表は7月下旬を予定。「自分の地域が社会や環境に配慮していると思うか?」という設問を新設し、都道府県のSDGs評価指数として発表する。
公開: 2020-07-28 11:02:00
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します
公開: 2020-07-20 18:43:52

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
観光
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ