MENU
第2回都道府県版SDGs調査2020 7月29日結果発表
消費者庁、食物アレルギー「クルミ」義務化検討「アーモンド」推奨品目追加へ

消費者庁、食物アレルギー「クルミ」義務化検討「アーモンド」推奨品目追加へ

食物の摂取による「アレルギー」とは、食物を摂取した際に身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御 するために過敏な反応を起こすことを食物アレルギーと呼ぶ。2019年7月5日、「アレルギー物質を含む食品の表示について(第56回消費者委員会食品表示部会 説明資料)」において「平成29年「即時型食物アレルギーによる健康被害の全国実態調査」」の結果として、食物アレルギーの原因食物の割合結果が報告され、「木の実」類への表示義務について方針が公表された。

2019年7月5日、「アレルギー物質を含む食品の表示について(第56回消費者委員会食品表示部会 説明資料)」において「平成29年「即時型食物アレルギーによる健康被害の全国実態調査」」の結果として、食物アレルギーの原因食物の割合結果が報告され、「木の実」類への表示義務について方針が公表された。

原因食物の割合結果としては、一番多かったのが鶏卵1,681例(34.7%)、次に乳1,067例(22.0%)、小麦512例(10.6%)、4番目に木の実類が8.2%を占めた(前回8位)。
木の実類の内訳は、クルミが251 例で最も多く、以下、カシューナッツが82例、アーモンド21例と、これまでに中途より特定原材料等に格上げとなったバナナ、カシュー ナッツ、ゴマと比べても、症例数においても 十分に多い結果となり、食物アレルギーの推奨表示であったクルミは、妥当性評価のち、2~3年後の施行を目安に準備が進められている。
また、アーモンドは、令和元年、9月19日に消費者庁よりアレルギー発症者の増加を踏まえ、「特定原材料に準ずるもの」として表示の推奨へと追加された。

グラフなど詳しくは一般社団法人日本フードバリアフリー協会サイトより
https://foodbf.jp/1436/

(一社)日本フードバリアフリー協会「フードバリアフリーとは」

アーモンドアイコンなどマークの活用へ(表示を奨励 /任意表示)

アーモンドの追加によって、往来の推奨表示の20品目から21品目となる。
一般社団法人日本フードバリアフリー協会の会員ページでは、ハラール、ベジタリアンなどに配慮した豚肉・牛肉・ゼラチン・GMO(遺伝子組換食品)などを含む32項目の絵文字が日本国内でのインバウンド消費を目的に無料でダウンロードできる。

一般社団法人日本フードバリアフリー協会では、食のインバウンド化や、グローバル化に向けた取り組みを行う、全国の飲食店や観光施設、企業の商品などで活用してもらい日本全国での観光消費につながるよう「わかりやすい食の表示」の推奨をおこなっている。ダウンロード後はぜひ国内外観光客への誘客に活用していただきたい。

一般社団法人日本フードバリアフリー協会
代表理事 田中章雄

食の制限がある方々にもわかりやすい原材料表示を行うことで「食のバリア」を取り去り、誰もが食事を選べて楽しんでいただける機会を増やす、それがフードバリアフリーの基本的な考え方です。
一般社団法人日本フードバリアフリー協会では、食の多様化やグローバル化に向けて、「どんな料理か」「なにが入っているか」をわかりやすく表示し、食事を楽しめる機会を増やす取り組みです。食のわかりやすい表記によって、ひとりでも多くの人に美味しい食を安心して、選び食べてもらえるような環境づくりを目的に活動しています。

この記事のライター
T.Yama

東京都大田区生まれ。愛知県知立市、三重県四日市市育ちです。押しのご当地キャラは四日市市のこにゅうどう君です。

地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
ハラル、ベジタリアン、ヴィーガン、食物アレルギーなど、多様化する食の規律や制限への対応が不可欠になっています。 特に、東京オリンピック・パラリンピックの開催が目の前に迫り、全世界からインバウンド(外国人観光客)が急増するにつれて、その緊急度は待ったなしです。
公開: 2019-12-26 16:35:54
東京の木場公園にて2019年9月29日(日)にヴィーガングルメ祭りが開催される。当日は、肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜(+白砂糖)を使用せず、体に優しく、安心・安全な食材を使った屋台が並ぶ。本イベントは、東京開催の次に名古屋・京都にて開催予定。
公開: 2019-09-27 15:54:32
成田空港を活用した県内経済の発展を目指し成田空港活用協議会は、2019年9月27日(金)にセミナーを開催する。2020年東京オリパラに向けて増加している訪日旅行客の中には、宗教上の制約(ハラール)や健康上の制約(ベジタリアン等)といった食に制限がある人も訪れ、国際空港、東京ディズニーランドをもつ「ちば」は、食のグローバル化を目指す
公開: 2019-09-20 16:36:55
ラグビーW杯の開催が9月に迫り、各地では受入準備を進めているが、リーグ の開催会場の1つである大分市では、ベジタリアンセミナーを開催。別府市で は立命館アジア太平洋大の学生団体「ベジらる(Vegelal)」が、ベジ タリアン、ビーガン、ムスリム向けの料理を提供する市内飲食店をまとめたリ ーフレットを作り、住民や観光客にPRもおこなっている。
公開: 2019-08-05 14:04:51
日本のインバウンド受け入れ課題は、宿泊施設の不足だけでない、食のバリアに対応する飲食店の不足が問題視されている。日本の「食のおもてなし」対応はどこまで進められるのか。一般社団法人日本フードバリアフリー協会はインバウンドや多様な食のバリアへの対応として、市場規模や動向を学ぶ基礎講座やハラル、ベジタリアン、食物アレルギーなどの各専門研修を開催する。
公開: 2019-08-01 13:32:58
新型コロナの影響で帰省や旅行に行けないこの夏。首都圏にある各道県のアンテナショップで旅行気分を楽しんでみませんか? 株式会社ブランド総合研究所は各アンテナショップと共同で「GoGo!アンテナショップ」キャンペーンを展開します。
公開: 2020-08-07 16:42:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび60歳以上のシニアで、デジタル化に気後れしていると危機感を持っている人を対象とした「スマスマホと帰省」についての調査をインターネットを利用して実施しました(調査時期:2020年7月、総回収数1124人)。
公開: 2020-08-05 14:16:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび全国の消費者約1万人を対象として、GoToトラベルキャンペーンに関する意識&ニーズ調査を実施しました(調査時期:2020年7月17日~21日)。
公開: 2020-08-03 13:14:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。住民によるSDGs取組評価1位は鳥取県、2位は熊本県。幸福度1位は宮崎県が2年連続。地域の持続性を求める声が多い結果となりました。
公開: 2020-07-29 12:00:00
ブランド総合研究所は、2020年6月に「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施した。約1万6千人の回答数を得て、地域の持続性を再評価する。 「自分の地域が社会や環境に配慮していると思うか?」という設問を新設し、住民による都道府県のSDGs評価指数としてランキングを発表するとともに解説を行う。
公開: 2020-07-29 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
観光
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ