MENU
第2回都道府県版SDGs調査2020 7月29日結果発表
食料品バリューチェーンに関する検討会を開催しました

食料品バリューチェーンに関する検討会を開催しました

10月9日(木)、全国町村会館(東京都千代田区永田町)にて、食料品バリューチェーンに関する第1回検討会を開催しました。第1部:輸出促進、第2部:異業種連携、第3部:卸売市場の各テーマに分かれ、専門家と一般参加者との間で活発な意見交換が行われました。第2回検討会は11月10日(月)を

10月9日(木)、全国町村会館(東京都千代田区永田町)にて、食料品バリューチェーンに関する第1回検討会を開催しました。第1部:輸出促進、第2部:異業種連携、第3部:卸売市場の各テーマに分かれ、専門家と一般参加者との間で活発な意見交換が行われました。第2回検討会は11月10日(月)を予定。新たな参加者も募集しています(参加無料)。

テーマ別検討会の申し込みチラシこちらをご覧ください(PDF)。

★「食料品バリューチェーン構築支援事業」についてはホームページをご覧ください。




 

◆第1回検討会実施報告

日時:10月9日(木)10:30~17:00

場所:全国町村会館(東京都千代田区永田町1-11-35) 第3会議室

①「輸出促進」検討会
齊藤修座長(千葉大学教授)による講演「サプライチェーンとバリューチェーン」、事務局による事例調査報告を実施。その後、一般参加者を交え、「日本における価値と海外における付加価値との相違」「消費地のニーズに合わせた商品開発の必要性」等の議論を行いました。

②「異業種連携」検討会
木村修座長(モクモク手づくりファーム会長)による取組み事例紹介、岸憲正委員(A-FIVE投融資本部長)によるファンド活用事例紹介を実施。その後、一般参加者を交え、「加工品流通を目的とした農産品づくりとは」等の議論を行いました。

③「卸売市場」検討会
上原征彦座長(明治大学大学院教授)による講演「ブランドマーケティングとバリューチェーン」、宮本修委員(東京青果株式会社専務)による産地開発事例紹介を実施。その後、一般参加者を交え、「食料品バリューチェーンにおいて誰が中核を担うべきか」「市場が産地とどう連携すべきか」等の議論を行いました。

 

◆第2回検討会のご案内

第2回検討会では、第1回検討会の議論の内容を踏まえ、事務局が実施する事例調査の報告を行います。その内容をもとに、皆様の質疑応答・意見交換を行う予定です。

日時:11月10日(月)

① 10:30~12:00 「輸出促進」検討会
② 13:30~15:00 「異業種連携」検討会
③ 15:30~17:00 「卸売市場」検討会

場所:全国町村会館(東京都千代田区永田町1-11-35) 第2会議室

※定員は各テーマ毎に15名程度。 ①~③のうち、興味のあるテーマだけのご出席が可能です。

 

◆お申し込み・お問い合わせ先

株式会社ブランド総合研究所  バリューチェーン事業部 (担当:金築(かねつき)、森)
電話:03-3539-3011   FAX:03-3539-3013

①問い合わせフォームからのお申込み →食料品バリューチェーンのホームページより「メール会員登録」フォームにお進みください。

②FAXでのお申込み →テーマ別検討会の申し込みチラシにご記入の上、上記FAX番号に送信ください。

③メールのお申込み → fvc@tiiki.jp までメールしてください。

なお、メールでお申し込みの際は、下記の事項をお伝えください。

所属先:
部署名:
ご担当者名【必須】:
フリガナ【必須】:
E-mail【必須】:

希望分科会【必須】:第●回、テーマ「●●●」

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
COEDOビール、よなよなエール、銀河高原ビール…。最近、クラフトビールの勢いが凄まじい。クラフトビールという言葉を当たり前のように使うようになったのは何年前からだろうか?日本クラフトビール誕生の立役者として、コエドブルワリー朝霧社長を取材した。
公開: 2015-05-01 17:47:06
「マッチャ、マッチャ!」 いま海外では抹茶味が大変なブームになっている。キットカットでは抹茶味が一番人気。自国にはないからと、抹茶アイスクリームを食べに日本を訪れる外国人観光客もいるという。海外での抹茶味ブームの立役者が、島根県の小さなお茶屋さんという説がある。さあ、あなたは信じるだろうか?
公開: 2015-04-16 20:26:17
食料品バリューチェーン推進協議会(事務局:株式会社ブランド総合研究所)は、本年度の事業成果としてハンドブック「食のバリューチェーン構築のてびき~6次産業の高付加価値化に向けて~」を作成いたしました。
公開: 2015-03-03 17:17:57
食料品バリューチェーン推進協議会では、2015年3月3日に東京・品川にて、食料品バリューチェーン新展開構築支援事業の一環として、「6次産業の高付加価値化セミナー ~ブランド化とバリューチェーン~」の全国大会を開催します。
公開: 2015-02-27 09:01:31
食料品バリューチェーン推進協議会では、「6次産業の高付加価値化セミナー ~ブランド化とバリューチェーン~」を開催します。東京・熊本・札幌・滋賀の4会場にて、それぞれ多彩な顔ぶれの講師が講演予定。いずれも参加費は無料。来場者には、ハンドブック『6次産業の高付加価値化~食のバリューチェーン 構築のてびき
公開: 2015-01-26 13:09:23
住民による都道府県の評価調査「地域版SDGs調査2020」によると、住民の幸福度が最も高かったのは宮崎県で2年連続。2位は沖縄県、3位は大分県となった。鳥取県、京都府なども急上昇した。
公開: 2020-08-09 23:16:00
新型コロナの影響で帰省や旅行に行けないこの夏。首都圏にある各道県のアンテナショップで旅行気分を楽しんでみませんか? 株式会社ブランド総合研究所は各アンテナショップと共同で「GoGo!アンテナショップ」キャンペーンを展開します。
公開: 2020-08-07 16:42:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび60歳以上のシニアで、デジタル化に気後れしていると危機感を持っている人を対象とした「スマスマホと帰省」についての調査をインターネットを利用して実施しました(調査時期:2020年7月、総回収数1124人)。
公開: 2020-08-05 14:16:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび全国の消費者約1万人を対象として、GoToトラベルキャンペーンに関する意識&ニーズ調査を実施しました(調査時期:2020年7月17日~21日)。
公開: 2020-08-03 13:14:00
株式会社ブランド総合研究所は、このたび住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。住民によるSDGs取組評価1位は鳥取県、2位は熊本県。幸福度1位は宮崎県が2年連続。地域の持続性を求める声が多い結果となりました。
公開: 2020-07-29 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
観光
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ