MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
食育活用フォーラム「食農体験で地域を活性化」が3月2日に東京で開催(参加者受付中)

食育活用フォーラム「食農体験で地域を活性化」が3月2日に東京で開催(参加者受付中)

道の駅、農産物直売所などの地域の「食」の発信地として重要な役割を担っており、その中でも食の「体験」は消費者の人気も高く、重要な食育の場となっています。

道の駅、農産物直売所などの施設は地域の「食」の発信地として重要な役割を担っており、その中でも食の「体験」は消費者の人気も高く、重要な食育の場となっています。

そこで、消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業検討委員会(事務局/株式会社ブランド総合研究所)では、食農体験プログラムの普及を通じ、どのようにして地域の食文化理解促進や、経済活性化に寄与させるか方向性を導くための食育活用フォーラム(参加無料)を開催します。

食育に直接的に係わる業種だけでなく、観光や商業など異分野との連携方法も検討し、全国での食育・食農体験普及に向けた活用方策の検討、ネットワークづくりの場を目指します。



★パンフレットPDFデータダウンロードはこちら から

★参加申込はこちら から

<フォーラム概要>

食育活用フォーラム「食育体験で地域を活性化」

日時:2016年3月2日(水) 14:00~16:40(13:30開場)
会場:都道府県会館 402号室(東京都千代田区平河町2-6-3)
定員:150名
入場料:無料

1.挨拶 消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業検討委員会 委員長 木村 修(伊賀の里もくもく手づくりファーム会長)

2.基調講演 「直売所における食農体験や食育の実態」
おおむら夢ファームシュシュ/(有)シュシュ 代表取締役  山口 成美

3.特別講演 「農林水産省における食育の推進」
農林水産省 食料産業局食文化・市場開拓課
課長補佐(食育推進班) 松井 瑞枝

4.講演 「日本の食育体験事業の実態~事業調査結果から~」
株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中 章雄

5.パネルディスカッション
「食農体験で地域を活性化」~観光や食育への活用と成功方法~
<パネリスト>
消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業検討委員会 委員長 木村 修
(公社) 日本観光協会 常務理事 丁野 朗
東京家政大学ヒューマンライフ支援センター 准教授 内野 美恵
(社)食品需給研究センター 調査研究部主任研究員 長谷川 潤一
<コーディネーター>
株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中 章雄

★開催結果はこちらをクリックしてください

<お問い合わせ>
消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業検討委員会(株式会社ブランド総合研究所内) 担当:平野、網野
Tel. 03-3539-3011(代)  Fax.03-3539-3013
E-mail: nst@tiiki.jp
Homepage: http://www.tiiki.jp/
Homepage(Taabel): http://taabel.com/

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター/アナリスト)

※本事業は、平成27年度農林水産省補助事業「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を受けて実施するものです。

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
農林水産省の「地域活性化対策・人材発掘事業」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した就農体験・定住体験をする人を募集。参加料、交通・宿泊費は原則無料で定員30名を募集します。就農や移住定住希望の方はご参加ください
公開: 2020-09-15 15:31:55
ブランド総合研究所では、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の採択を受け、農村地域への移住促進と活性化対策として食農体験を活用した研修事業を実施。その研修生(インターン)を15日間受け入れる地域・施設(全国で6施設)を募集します。
公開: 2020-08-14 01:23:00
熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」では、2020年3月7日~5月30日の期間、初めての方でも本格的な漁を楽しく体験できる宿泊プラン「漁ガールステイ」を開催する。1日目は漁に向けた準備を、2日目には漁体験と獲れたての魚でバーベキューができる、海沿いの街・熱海ならではの土曜日限定プラン。
公開: 2019-12-15 23:08:00
2020年東京オリンピック・パラリンピックまで1年を切った。宿泊施設の不足への対応や飲食店のインバウンドの受け入れ体制が急ピッチで進められている。新たな商機に向け、農林水産省は、2020年までに農泊500地域創設に向けて足早に実施体制を強化する。
公開: 2019-07-24 16:16:00
農林水産省は、国産農林水産物の消費拡大を目指し、日本全国の優れた産品を発掘を目的に、「FOOD ACTION NIPPONアワード2019」を開催します
公開: 2019-07-11 12:58:14
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
公開: 2020-09-25 12:24:30
農林水産省の「地域活性化対策・人材発掘事業」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した就農体験・定住体験をする人を募集。参加料、交通・宿泊費は原則無料で定員30名を募集します。就農や移住定住希望の方はご参加ください
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ