MENU
地域ブランド調査2019の結果10月17日正午発表しました
ブランド総合研究所

道の駅に関する記事

表示順:
消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業検討委員会が3月2日に開催した食育活用フォーラムにおいて、弊社ブランド総合研究所は、フォーラム参加者に対してアンケート調査を実施した。95.4%の参加者が「食農体験が地域活性化に効果的」と考えており、食農体験に対する期待の高さが伺える結果となった。
公開: 2016-03-04 19:17:28
2015年7月から8月にかけて、全国の道の駅、農産物直売所、グリーンツーリズム実施施設など約3,000施設を対象として、食や農にまつわる体験の実施状況についてのアンケート調査を実施した。
公開: 2016-02-23 14:57:12
8月25日(火)に、消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業の第二回検討委員会を開催した。今回の主な議題は先月実施したアンケート調査の結果報告とそれをベースとした意見交換だった。
公開: 2015-08-26 16:07:04
食・農体験に関して先端的な取り組みをしている人気直売所・道の駅にて、体験に関する基本的な知識やノウハウ、運営にあたっての注意点などを学んでいただける研修を開催します。今回は全国5箇所の人気直売所で開催します。
公開: 2015-07-24 11:56:53
直売所や道の駅には様々な役割や機能がある。都市と地方との出会いの場となっていたり、地元のスーパーとなっていたり、体験プログラムを通して子どもへの食育を実施したり。先日、愛媛県の直売所・道の駅を巡ってきた。その中から、内子フレッシュパークからり、八幡浜みなっと、JAおちいまばりさいさいきて屋を紹介。
公開: 2015-06-18 18:02:19
本年度より弊社では、農林水産省の補助を受け、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を実施している。この事業の第一回検討会議を6月16日(火)に行った。委員は日本の直売所・食育・観光をけん引するそうそうたるメンバーで構成されている。印象的なご意見を若干紹介させていただきたい。
公開: 2015-06-17 20:54:41
道の駅を地域再生の拠点へ。モデル駅の機能を強化食料品バリューチェーン研修会を2015年春に開催愛知・大府市で小学生150人で紙ふぶきモザイクアートの世界記録第1回行政コンソーシアム木島平校 11/17開催富士宮やきそばは地域への経済効果500億円!(静岡県富士宮市)新スタッフ募集
公開: 2014-09-02 13:11:37
国土交通省は政府が掲げる「地域再生」の一環として、道の駅を地域の中核拠点とし、にぎわいや雇用を生み出す場として位置づける。全国に1030か所ある道の駅の中から、地域活性化の核となる先進的な取り組みをしている拠点を数重か所を「モデル駅」として選び、観光振興や防災、福祉などの拠点機能を強化する取組開始
公開: 2014-08-27 22:27:30
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt