MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業実施中!

消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業実施中!

本年度より弊社では、農林水産省の補助を受け、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を実施している。この事業の第一回検討会議を6月16日(火)に行った。委員は日本の直売所・食育・観光をけん引するそうそうたるメンバーで構成されている。印象的なご意見を若干紹介させていただきたい。

本年度より弊社では、農林水産省の補助を受け、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を実施している。

この事業は、農山漁村の直売所や道の駅に着目し、「食や農にまつわる体験」を積極的に消費者に発信していこうというものだ。ここでいう「体験」というのは、イチゴ狩りのような「観光農業」から一年を通して農業を体験する「農業塾」、さらにジャムやパンのような「加工品作り」や、農山漁村の食文化を味わう「食べる」体験も含まれている。



直売所や道の駅は、今や農山漁村の様々な機能(農林水産業、食文化、伝統的な知恵)が凝集した地域の中核施設として位置づけられている。そして、消費者と地域とが出会う、交流の「場」となっている。そんな直売所や道の駅が「食や農にまつわる体験プログラム」を消費者に打ち出すことができれば、農山漁村の魅力がより消費者に伝わるであろうし、なにより農山漁村の魅力は食と結くものが豊富にあるため、「食育」にもつながると思われる。

さて、この事業の第一回検討会議を6月16日(火)に行った。委員は日本の直売所・食育・観光をけん引するそうそうたるメンバーで構成されている。印象的なご意見を若干紹介させていただきたい。

①直売所の価値について
・今や直売所は地域の価値を伝え、日本の農業を支える役割を担っている。
・直売所は「物を売る」のではなく、「夢を売る」場所である。

②体験について
・直売所や道の駅はコンテンツ作りが得意だが、情報発信は得意ではない
・体験を「扱いたいのだが、やり方がわからない」という直売所が多い

より多くの直売所や道の駅が、地域の魅力を伝える手段として体験を打ち出せるよう、この事業を通じてネットワークを広げていきたい。

文責:網野 善久

この記事のライター
関連記事
地域の資源や特性を活かした体験プログラムの作成・提案の方法を学びませんか?
公開: 2022-09-12 16:40:21
食農体験サイトtaabel(た~べる)では、食育ピクトグラムを活用した食農体験情報を募集しています。
公開: 2022-02-02 18:07:53
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
公開: 2021-06-23 17:15:59
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
最新記事
地方移住に関心のある三重県外の若者を募集し、地域づくり等の現場体験や、そこに住む住民との交流などを通じて、地域とつながり、活躍の場を見つけてもらう『地域交流体験プログラムin三重』を実施し、参加者を募集しています。
公開: 2022-09-13 16:01:24
10月15日~18日に実施する、地域交流体験プログラムin三重の南部コース「南伊勢町」の体験内容を紹介します。
公開: 2022-09-13 14:45:49
10月15日~18日に実施する、地域交流体験プログラムin三重の南部コース「鳥羽市」の体験内容を紹介します。
公開: 2022-09-13 14:45:06
10月15日~18日に実施する、地域交流体験プログラムin三重の南部コース「伊勢市」の体験内容を紹介します。
公開: 2022-09-13 14:44:35
地方移住に関心のある三重県外の若者を募集し、地域づくり等の現場体験や、そこに住む住民との交流などを通じて、地域とつながり、活躍の場を見つけてもらう『地域交流体験プログラムin三重』を実施し、参加者を募集しています。
公開: 2022-09-12 16:40:48

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル