MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
農商工連携等による被災地等復興支援事業を募集

農商工連携等による被災地等復興支援事業を募集

全国中小企業団体中央会では、東日本大震災等による影響を受けている被災地等の持続的な復興・振興に資する新事業活動の促進を図るため、中小企業の連携対等が行う新商品・新サービス、新技術サービスの開発や販路開拓の取組を支援することを目的として、「農商工連携等による被災地等復興支援事業」を募集する

全国中小企業団体中央会では、東日本大震災等による影響を受けている被災地等の持続的な復興・振興に資する新事業活動の促進を図るため、中小企業の連携対等が行う新商品・新サービス、新技術サービスの開発や販路開拓の取組を支援することを目的として、「農商工連携等による被災地等復興支援事業」を募集する。この事業は、農商工等連携事業、異分野連携事業、地域資源活用事業、ものづくり基盤技術活用事業の4つの事業からなる。それぞれの事業の内容については以下のとおり。

◆農商工等連携事業

中小企業者と農林漁業者との連携による事業活動の促進に関する法律(平成20年法律第38号)第2条第1項に規定する中小企業者(以下、農商工等連携事業において同じ。)が行う事業であって、次の①から③まですべてを満たすこと
①被災地域の復興に資するものであること
②中小企業者(本事業の実施において、農林漁業以外の事業を営み、又は行う場合における中小企業者に限る。)と農林漁業者とが連携し、それぞれの経営資源を活用して行う、新商品・新サービス、新技術サービスの開発や販路開拓であること
③中小企業者又は農林漁業者のうち1以上が被災地域にあること



◆異分野連携事業

中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律(平成11年法律第18号)第2条第1項に規定する中小企業者(以下、異分野連携事業において同じ。)が行う事業であって、次の①から③まですべてを満たすこと
①被災地域の復興に資するものであること
②その事業の分野を異にする中小企業者が連携し、それぞれの経営資源を活用して行う、新商品・新サービス、新技術サービスの開発や販路開拓であること
③連携している中小企業者のうち1以上が被災地域にあること



◆地域資源活用事業

中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律(平成19年法律第39号。以下「地域産業資源法」という。)第2条第1項に規定する中小企業者(以下、地域産業資源活用事業において同じ。)が行う事業であって、次の①から③まですべてを満たすこと
①被災地域の復興に資するものであること
②被災地域にある地域産業資源を活用して行う、新商品・新サービス、新技術サービスの開発や販路開拓であることなお、地域産業資源とは、「地域資源活用促進法」に基づき、各都道府県の基本構想にて定めたものをいう。また、本基本構想にて、地域産業資源と併せて、当該地域産業資源に係る地域が示されており、本事業では、地域産業資源に係る地域に被災地域が含まれている地域産業資源を活用した取組であること。
③申請者又は連携者が被災地域にあること


◆ものづくり基盤技術活用事業

中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律(平成18年法律第33号)第2条第1項に規定する中小企業者(以下、ものづくり基盤技術活用事業において同じ。)が行う事業であって、次の①から③まですべてを満たすこと
①被災地域の復興に資するものであること
②複数の中小企業者が連携し、特定ものづくり基盤技術を活用して行う、新商品・新サービス、新技術サービスの開発や販路開拓であること
③連携している中小企業者のうち1以上が被災地域にあること


なお、補助率は補助対象経費の10分の10以内で、補助限度額は1事業あたり3000万円(下限は100万円)。平成24年1月20日必着で、郵送のみで受け付けている。

問い合わせ先は、全国中小企業団体中央会事業推進部(電話03-3523-4908)
http://www.chuokai.or.jp/josei/sinsai-fukkou-n.html

 

※各種事業への応募に当たっては、ブランド総合研究所の事業相談窓口でも、無料相談を承っております。お気軽に電話(03-3539-3011)、または電子メール(info@tiiki.jp)までご相談ください。

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
文化庁は、文化財保護のための資金調達方策や、先端技術による文化財活用の方法、事例を掲載したハンドブックを作成し、同庁ホームページで公開している。
公開: 2020-04-03 10:49:19
農林水産省は全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施。事業者・団体等による地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取組を広く募集し、優れた活動を表彰するもの
公開: 2018-07-22 11:05:29
農林水産省は3月1日、「平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」のうち、輸出に取り組む事業者向け対策事業の実施について、事業実施候補者の公募開始を発表した。事業は5つあり、公募対象は、農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体となっている。事業規模は総額約7億円。
公開: 2016-03-04 16:16:52
中小企業基盤整備機構は「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げ、地域へ人を呼び込むことができる取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援する
公開: 2015-06-06 10:53:55
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ