MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「文化財保護のための資金調達ハンドブック」文化庁ホームページにて公開中

「文化財保護のための資金調達ハンドブック」文化庁ホームページにて公開中

文化庁は、文化財保護のための資金調達方策や、先端技術による文化財活用の方法、事例を掲載したハンドブックを作成し、同庁ホームページで公開している。

観光やまちづくりなどの資源として、保存しながら活用していく機運も高まっている文化財。

文化庁地域文化創生本部では、文化財保護のための資金調達方策及び先端技術による文化財活用の方法と事例を掲載したハンドブックを作成した。全国の自治体や文化財所有者などへ配布するとともに、文化庁ホームページで公開している。

【関連サイト】
https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/chiho/sosei_honbu/92099502.html

『文化財保護のための資金調達ハンドブック』

クラウドファンディングやふるさと納税など、文化財保護のための様々な資金調達の方策を全国各地の事例とともに紹介している。

(内容)
・文化財保護のための資金を計画的に考える
・資金調達方策の紹介
・事例の紹介 等

『先端技術による文化財活用ハンドブック』

文化財に先端技術を導入する理由やその際に配慮するべきこと、導入効果など、全国各地の事例とともに紹介。
また、先端技術をクイズ形式で解説するなど,基礎的なこともわかりやすく紹介している。

(内容)
・VR・ARなどの先端技術の解説
・先端技術導入のポイントや注意事項
・導入事例の紹介
・先端技術の理解度クイズ 等

(お問合せ先)
文化庁 地域文化創生本部 広域文化観光・まちづくりグループ
文化財調査官 村上佳代
TEL:075-330-6734(直通)/ FAX:075-561-3512

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
農林水産省は全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施。事業者・団体等による地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取組を広く募集し、優れた活動を表彰するもの
公開: 2018-07-22 11:05:29
農林水産省は3月1日、「平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」のうち、輸出に取り組む事業者向け対策事業の実施について、事業実施候補者の公募開始を発表した。事業は5つあり、公募対象は、農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体となっている。事業規模は総額約7億円。
公開: 2016-03-04 16:16:52
中小企業基盤整備機構は「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げ、地域へ人を呼び込むことができる取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援する
公開: 2015-06-06 10:53:55
2015年5月26日、倒壊の恐れのある空き家について「市町村」が持ち主に撤去を命令できる「空き家対策特別措置法」が全面的に施行された。あわせて国交省は、どのような空き家が対象になるのかについてガイドラインも公表した。
公開: 2015-05-28 22:03:49
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-02-18 13:44:19
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル