MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
宇部で八十八夜お茶まつり、飲み比べ体験が人気

宇部で八十八夜お茶まつり、飲み比べ体験が人気

宇部市八十八夜お茶まつりが、アクトビレッジおのと藤河内茶園で開催され、過去最多の5000人でにぎわった。約32ヘクタールの藤河内茶園での茶摘み体験や、アクトビレッジおのの体験工房での製茶体験などが行われた。その中で、食農体験ソムリエによる温度によるお茶の味の違いを飲み比べる体験が人気を集めた。

連休真っただ中の5月3日(水)に、「宇部市八十八夜お茶まつり」が、アクトビレッジおのと藤河内茶園で開催され、過去最多の5000人でにぎわった。

約32ヘクタールの藤河内茶園での茶摘み体験や、アクトビレッジおのの体験工房での製茶体験などが行われた。その中で、食農体験ソムリエによる温度によるお茶の味の違いを飲み比べる体験が人気を集めた。

これは山口県内最大のお茶の産地である宇部市小野のお茶の新茶(上煎茶)を使い、3種類のお湯の温度によって異なる味を体験してもらうもの。

アクトビレッジおののビジターセンター内に設けた「茶香炉の部屋」にて実施。毎回6~7名を対象に全5回(予約制)行った。



 

実際に目の前で時間を計りながら提供。 あわせて、温度によって変わる効能についても詳しく説明。効果を書いた台紙もつくり、その上に温度の違う3種類のお茶を置き、飲み比べてもらった。

70度のお茶が一番人気だったが、「90度の効能が一番いい」、「冷茶が甘くて冷たくて飲みやすい」など、人によって嗜好は異なっていたが、お湯の温度や抽出時間などによって味の違いが異なることを来場者に知ってもらうよい機会となった。



◆第28回宇部市八十八夜お茶まつり


  • 日時:2017年5月3日 10:00~14:30

  • 主催:宇部市八十八夜お茶まつり実行委員会

  • 場所:アクトビレッジおの、藤河内茶園

  • 事務局:宇部市産業振興部農林振興課


 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
農林水産省の「地域活性化対策・人材発掘事業」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した就農体験・定住体験をする人を募集。参加料、交通・宿泊費は原則無料で定員30名を募集します。就農や移住定住希望の方はご参加ください
公開: 2020-09-15 15:31:55
ブランド総合研究所では、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の採択を受け、農村地域への移住促進と活性化対策として食農体験を活用した研修事業を実施。その研修生(インターン)を15日間受け入れる地域・施設(全国で6施設)を募集します。
公開: 2020-08-14 01:23:00
熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」では、2020年3月7日~5月30日の期間、初めての方でも本格的な漁を楽しく体験できる宿泊プラン「漁ガールステイ」を開催する。1日目は漁に向けた準備を、2日目には漁体験と獲れたての魚でバーベキューができる、海沿いの街・熱海ならではの土曜日限定プラン。
公開: 2019-12-15 23:08:00
2020年東京オリンピック・パラリンピックまで1年を切った。宿泊施設の不足への対応や飲食店のインバウンドの受け入れ体制が急ピッチで進められている。新たな商機に向け、農林水産省は、2020年までに農泊500地域創設に向けて足早に実施体制を強化する。
公開: 2019-07-24 16:16:00
農林水産省は、国産農林水産物の消費拡大を目指し、日本全国の優れた産品を発掘を目的に、「FOOD ACTION NIPPONアワード2019」を開催します
公開: 2019-07-11 12:58:14
全国で最も魅力的な都道府県は12 年連続で北海道となりました。市区町村は京都市が51.9 点で3 年ぶり3 度目の1 位。2 位には前年1 位の函館市、同2 位の札幌市が同点で並んでいます。(地域ブランド調査2020より)
公開: 2020-10-14 11:55:00
地域ブランド調査2020の調査結果のうち、調査項目「魅力度」をはじめとする市区町村に関する結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2020-10-14 11:55:00
地域ブランド調査2020の調査結果のうち、調査項目「魅力度」をはじめとする都道府県に関する結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2020-10-14 11:55:00
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
公開: 2020-09-25 12:24:30
農林水産省の「地域活性化対策・人材発掘事業」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した就農体験・定住体験をする人を募集。参加料、交通・宿泊費は原則無料で定員30名を募集します。就農や移住定住希望の方はご参加ください
公開: 2020-09-15 15:31:55

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ