MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
宇部で八十八夜お茶まつり、飲み比べ体験が人気

宇部で八十八夜お茶まつり、飲み比べ体験が人気

宇部市八十八夜お茶まつりが、アクトビレッジおのと藤河内茶園で開催され、過去最多の5000人でにぎわった。約32ヘクタールの藤河内茶園での茶摘み体験や、アクトビレッジおのの体験工房での製茶体験などが行われた。その中で、食農体験ソムリエによる温度によるお茶の味の違いを飲み比べる体験が人気を集めた。

連休真っただ中の5月3日(水)に、「宇部市八十八夜お茶まつり」が、アクトビレッジおのと藤河内茶園で開催され、過去最多の5000人でにぎわった。

約32ヘクタールの藤河内茶園での茶摘み体験や、アクトビレッジおのの体験工房での製茶体験などが行われた。その中で、食農体験ソムリエによる温度によるお茶の味の違いを飲み比べる体験が人気を集めた。

これは山口県内最大のお茶の産地である宇部市小野のお茶の新茶(上煎茶)を使い、3種類のお湯の温度によって異なる味を体験してもらうもの。

アクトビレッジおののビジターセンター内に設けた「茶香炉の部屋」にて実施。毎回6~7名を対象に全5回(予約制)行った。



 

実際に目の前で時間を計りながら提供。 あわせて、温度によって変わる効能についても詳しく説明。効果を書いた台紙もつくり、その上に温度の違う3種類のお茶を置き、飲み比べてもらった。

70度のお茶が一番人気だったが、「90度の効能が一番いい」、「冷茶が甘くて冷たくて飲みやすい」など、人によって嗜好は異なっていたが、お湯の温度や抽出時間などによって味の違いが異なることを来場者に知ってもらうよい機会となった。



◆第28回宇部市八十八夜お茶まつり


  • 日時:2017年5月3日 10:00~14:30

  • 主催:宇部市八十八夜お茶まつり実行委員会

  • 場所:アクトビレッジおの、藤河内茶園

  • 事務局:宇部市産業振興部農林振興課


 

この記事のライター
関連記事
地域の資源や特性を活かした体験プログラムの作成・提案の方法を学びませんか?
公開: 2022-09-12 16:40:21
食農体験サイトtaabel(た~べる)では、食育ピクトグラムを活用した食農体験情報を募集しています。
公開: 2022-02-02 18:07:53
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
公開: 2021-06-23 17:15:59
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル