MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「麺の入ったボウルの列」でギネス世界記録を大幅に更新|群馬県太田市

「麺の入ったボウルの列」でギネス世界記録を大幅に更新|群馬県太田市

2016年8月27日、群馬県太田市で新たなギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Longest line of bowls of noodles」(ヌードルが入ったボウルを繋げた最も長い列)というもので、100グラム以上の麺が入ったボウル(皿)を接するように並べ、その皿の多さを競う挑戦です。今回挑戦した太田青年会議所は、太田市のB級グルメである「太田焼そば」で挑戦に挑みました。

2016年8月27日、群馬県太田市で新たなギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Longest line of bowls of noodles」(ヌードルが入ったボウルを繋げた最も長い列)というもので、100グラム以上の麺が入ったボウル(皿)を接するように隙間なく並べ、その皿の多さを競う挑戦です。今回挑戦した太田青年会議所は、太田市のB級グルメである「太田焼そば」で挑戦に挑みました。

これまでの記録は2015年10月に北九州市で達成された3,150皿で、今回は3,290皿を目指して焼きそばを作ります。挑戦当日は朝から雨が降りしきる厳しい天気の中、11時に挑戦開始。挑戦用に設営された15台の鉄板でスタッフの方々がひたすらに焼きそばを焼き続けます。出来上がった焼きそばはボウル(皿)に盛りつけられ、重量を計測、配膳されるのですが、ギネス世界記録では「各ボウル(皿)に入った焼きそばの重量は規定量よりもあるか」「配膳された各ボウル(皿)は接しているか」を厳密に確認されるため、慎重にスタッフは作業に当たります。

日頃からスタッフ間の連携が密なのか、予定よりも順調に焼きそばを並べることができ、14時過ぎには当初目標としていた3,290皿に到達します。そこで、急きょ余分に用意していた焼きそばで列を伸ばすことに。朝は激しかった雨脚も収まり、皿を並べる机も延長し素早く焼きそばの入ったボウルを並べていき14時半に挑戦終了。認定作業の結果、3,720皿と見事記録を大幅に更新、ギネス世界記録認定となりました。

なお、この挑戦は、挑戦後必ず使用した食べ物を食べないと記録として認められません。記録認定後は来場者に無料で振る舞われ、その場で食べたり持ち帰られるなどし、またたく間に焼きそばはなくなって行きました。






記録名:「Longest line of bowls of noodles」(ヌードルが入ったボウルを繋げた最も長い列)
記録:3,720皿
認定日:2016年8月27日

この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
ブランド総合研究所は前年に引き続き、第2回目となる「関係人口の意識調査2022」を実施しました。調査結果は2月中旬に発表予定で、調査報告書の申込みの受付を開始しました。
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル