MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
1026人が一つに繋がってギネス世界記録達成/群馬県板倉町

1026人が一つに繋がってギネス世界記録達成/群馬県板倉町

10月14日、東洋大学板倉キャンパス(群馬県板倉町)で、学生が中心となって企画したギネス世界記録への挑戦が行われた。挑戦名は“クラスピングリスト・チェーン”。クラスピング(繋ぐ)リスト(手首)、つまり、隣同士で手首を繋ぐことで一つの長いチェーンを作るというもの。大学生と地元住民が集まり、暫定記録の

10月14日、東洋大学板倉キャンパス(群馬県板倉町)で、学生が中心となって企画したギネス世界記録への挑戦が行われた。挑戦名は“クラスピングリスト・チェーン”。クラスピング(繋ぐ)リスト(手首)、つまり、隣同士で手首を繋ぐことで一つの長いチェーンを作るというもの。大学生と地元住民が集まり、暫定記録の250人を大幅に超える、1026人という人数で記録達成となった。

今回の発案者は、東洋大学イベント実行委員会の男子学生。群馬県の板倉キャンパスで学生生活を送っている彼は、創立125周年という記念の年に、いつもお世話になっている板倉町の皆さんと力を合わせて何かを成し遂げたいと考え、ギネス世界記録挑戦を思いついたという。3月頃から企画を始め、「地元の人が一緒に楽しめる挑戦はないか」とギネスワールドレコーズ地域活性化委員会にも自ら連絡をとった。

実は、当初イベント実行委員会で企画を進めていた挑戦は、隣同士で握手をしながら長い列を作ろうというものだった。「地域との絆」をスローガンに掲げ、学生と地域住民が手を取り合うことで、お互いの交流を深めようとしたのだ。しかし、数週間前になって、他国で大幅更新されたというニュースが飛び込む。覚悟していたこととは言え、ここまで来て諦めてしまうのか・・・そう悩んでいた矢先、この“手首を繋ぐ”という挑戦があることが判明。これなら地元の方にも気軽に参加してもらえるだろう、と一気にイベント実行委員会は盛上ったという。

挑戦当日、他キャンパスからも学生ボランティアを迎え、イベント実行委員会のメンバーは朝早くから最後の準備に走り回っていた。ギネス世界記録特有の細かいルールを参加者全員に把握してもらうため、学生たちが声を枯らして参加者を誘導。小さい子供のいる家族連れが多く、子供たちに笑顔で説明する学生ボランティアの姿が目立った。開場から数分で1000人を超える参加者が列をなし、迎えた午後14時。東洋大学の竹村牧男学長や、地元板倉町の栗原実町長も輪の中に入り、いよいよチャレンジが始まった。



記録が認められるためには、最低1分間、チェーンを維持する必要がある。1人でも手を離してしまうとおしまいだ。微妙な誤差を生まないため、「全員90秒つながり続ける」という目標を設定した。2回のリハーサルを行い、いざ本番。「離さないで!みんな頑張りましょう!」ステージ上から実行委員会のメンバーがカウントを行いつつ参加者を激励した。残念ながら1発クリアとならなかったものの、すぐに再チャレンジ。「一人ひとりが世界記録保持者になれるんですよ!」というステージからの呼びかけに、参加者の疲れも吹き飛んだようだ。「・・・88、89、90秒!!終了です!!」という合図で繋いでいた手をほどくと、参加者からは自然と拍手が沸き起こっていた。

この挑戦に立ち会ったギネスワールドレコーズの公式認定員2名。厳正な審議の結果、ステージ上で「見事、新しいギネス世界記録に認定いたします!」と発表されると、開場は歓喜の声に包まれ、イベント実行委員会の中には目に涙を浮かべるメンバーも。挑戦に参加した新入生からは「すっごい楽しい!次は私達が企画したい!」という興奮した声も聞こえてきた。竹村学長は「学生たちが素晴らしいことを成し遂げてくれた。世界記録も素晴らしいし、こんなに地元の方が集まってくださったことにびっくりしている。一緒にいい思い出を作ることができた」とスピーチ。学生の力で、地域との絆が本当に深まった一日だった。



正式記録名:Longest chain of people crasping wrists(手首をつかんで並んだ人々の最も長いチェーン)

記録数  :1,062人

この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
最新記事
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本事業に参加いただく首都圏の若い方々を募集しています。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「女性が働きやすい企業」等ESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル