MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
奈良県 観光意欲高いが食への評価が低い

奈良県 観光意欲高いが食への評価が低い

奈良県は可住地面積が全国で最も少なく、人口の9割以上が奈良盆地に集中している。大阪や京都への交通の便もよく、世界文化遺産に指定されている古都奈良の文化財や仏教建造物なども数多い。年間約4000万人が訪れる観光面での評価が高い県である。2014年の魅力度は全国で6位、観光意欲は5位といずれも高い 

奈良県は可住地面積が全国で最も少なく、人口の9割以上が奈良盆地に集中している。大阪や京都への交通の便もよく、世界文化遺産に指定されている古都奈良の文化財や仏教建造物なども数多い。

年間約4000万人が訪れる観光面での評価が高い県である。地域ブランド調査の結果でも、2014年の魅力度は全国で6位、観光意欲は5位といずれも高い評価を得ている。

時系列でみると、10年に観光意欲度が高まっているが、これは同年に開催された平城遷都1300年祭の影響が大きい(グラフ参照)。

このイベントは平城京(奈良市)への遷都1300年を迎えることを記念するもので、同年の4月24日から11月7日までの約半年間開催された。

メイン会場は特別史跡である平城宮跡で、その他に「巡る奈良」として特別イベントや特別開帳が県内各地で実施された。メイン会場の総来場者数は当初予測の1.5倍の363万人となるなど、活況を制した。

◆せんとくんが、「きもかわ」ブームの発祥

このイベントのマスコット(ご当地キャラクター)として誕生したのが「せんとくん」。

頭に鹿の角が生えた童子の姿をしており、誕生した時には「きもち悪い」などという悪評も高く、決定過程が不明瞭だったことから、「まんとくん」という非公式キャラクターが対抗して誕生した。

せんとくんvsまんとくんの抗争が互いに注目を集めた結果となり、奈良県のご当地キャラクターの認知度は全国3位と高くなっている。ちなみにご当地キャラクターの主流だった「かわいい」路線と一線を画したせんとくんが、その後キモカワブーム(きもち悪い&カワイイ)を引き起こしたとする見方も多い。

◆食への評価は低い

ところで14年の観光意欲度は47.2点。10年の54.9点より8点ほど低下したばかりか、開催前である09年の52.4点と比べても5点ほど低くなっている。 この低下の原因としては、食と宿泊ではないだろうか。

続きの記事はこちらから(週刊ダイヤモンド)

◆奈良県の主な指標 (地域ブランド調査2014の結果より)


  • 認知度        6位

  • 魅力度        6位

  • 観光意欲度     5位

  • 居住意欲度    11位

  • 食品購入意欲度 44位


◆奈良県の主なイメージ

  • 魅力的な街並みや歴史建造物がある 2位

  • 歴史人物などにゆかりがある      2位

  • 魅力的な伝統芸能、祭りがある    4位

  • 優れた伝統技術がある         3位

  • 泊りたい宿泊施設がある        7位


 

◆提言  守りの観光から攻めの観光へ。 質の高い食や宿の充実を

 

※この記事は週刊ダイヤモンド 2015年9月26日号に掲載されたものです。

週刊ダイヤモンド「勝手にケンミン創生計画」では、毎週、1つの都道府県をピックアップして、
地域ブランド調査の結果などをもとに課題を明らかにし、提言を導いています  (毎週月曜日発売)

執筆・文責: 田中章雄 (ブランド総合研究所代表取締役社長)

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
南北に走る奥羽山脈と阿武隈高地によって、会津、中通り、浜通りの3地域に分けられる福島県。県民の気質は会津では少し頑固で正義感が強く、人情に厚い人が多い一方で、浜通りは明るく開放的な人が多いと言われる。
公開: 2016-05-23 09:20:05
「かかあ天下―ぐんまの絹物語」として、2015年に桐生織物会館旧館など12件が日本遺産に認定された。群馬の名物を意味する「かかあ天下とからっ風」という言葉は、明治時代に栄えた絹産業が群馬の女性に依存する部分が多かったことに由来する。
公開: 2016-05-04 20:55:31
「スタバはないが、日本一の砂場(すなば)はある」平井伸治鳥取県知事のウイットに富んだ発言をきっかけに、2014年4月に鳥取駅前に「すなば珈琲」が誕生した。15年5月にはついにスターバックスもシャミネ鳥取店がオープンし、初日に1000人が行列をつくるという事態になった。
公開: 2016-04-26 09:51:05
静岡県にはバンダイ、タミヤ、アオシマなど国内プラモデルの有力メーカーが多く、「模型王国」と呼ばれている。その由来は、実は徳川家にある。
公開: 2016-04-16 12:20:07
うどん県に県名を変更するというPR戦略で注目を集めた香川県。そもそも讃岐うどんのブームは過去に3回あったと言われている。2度目は1988年の瀬戸大橋の開通で観光客が急増した際に、地域食としてのうどんが注目された。そして3回目が2011年に始まったキャンペーン企画「うどん県」というわけだ。 
公開: 2016-04-12 17:27:18
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ