MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
福島県(42位) イメージ面で復興の段階は終了。新たな魅力構築求む

福島県(42位) イメージ面で復興の段階は終了。新たな魅力構築求む

南北に走る奥羽山脈と阿武隈高地によって、会津、中通り、浜通りの3地域に分けられる福島県。県民の気質は会津では少し頑固で正義感が強く、人情に厚い人が多い一方で、浜通りは明るく開放的な人が多いと言われる。

南北に走る奥羽山脈と阿武隈高地によって、会津、中通り、浜通りの3地域に分けられる福島県。県民の気質は会津では少し頑固で正義感が強く、人情に厚い人が多い一方で、浜通りは明るく開放的な人が多いと言われる。

会津地域は豪雪地帯が多く、地域人口は約27万人と多くはないが、水質日本一の猪苗代湖など人気観光地が多い。「鶴ヶ城」と呼ぶ若松城の城下町として栄えた会津若松市には、会津塗や赤ベコ、起き上がり小法師など江戸時代から伝わる伝統的な産品が多く、日本酒の酒蔵も多い。市区町村の魅力度が全国50位で、県内で最も高い。同市に接しているのが蔵とラーメンの町・喜多方市で、同じく全国104位で県内2位だ。

中通りは奥州の玄関口として街道沿いに発展しており、行政機能が集中する福島市と、商業・内陸工業地帯となっている郡山市が中心だ。両市とも人口は30万人を超えており、地域で約115万人と県人口の約6割を占めている。全国有数の果物果樹の生産地でもある。特に桃は有名で、皇室への献上桃として指定されているほどの品質が自慢だ。

浜通りは太平洋側にあって、冬でも雪はほとんど降らない。県内最大面積であるいわき市が中心で、地域人口は約50万人。同市にある「スパリゾートハワイアンズ」は温水プール、温泉、ホテル、ゴルフ場などの大型レジャー施設で、かつて炭鉱で湧き出ていた温泉水を利用した施設として1966年に開業した。「夢の島ハワイ」をイメージしており、フラダンスの公演が毎日行われ、年間150万人もの来場者を集めている。

■震災でイメージは低下せず

福島県の魅力度の推移をみると、東日本大震災のあった2011年の魅力度の順位は35位と、10年の33位よりわずかに低下したが、点数は12.6点で、10年の12.3点より上昇している。

地域イメージも、自然や歴史、おもてなしなどの項目が上昇しており、震災で魅力が大きく低下したわけではない。

一方、観光意欲度に関しては震災の影響は大きく、11年は順位、点数ともに大きく低下してしまったが、13年には震災前とほぼ同水準にまで大きく上昇した。その要因としては、会津地域が舞台となったNHK大河ドラマ「八重の桜」が挙げられる。会津出身の新島八重の生涯を描いた作品で、鶴ヶ城での撮影が行われたほか、会津武家屋敷や土津神社など会津地域の観光名所も紹介された。

11年には1538万人と落ち込んでいた会津地域の観光者数も、13年には1956万人と大幅に増加し、10年の1883万人を上回った。

観光復興は他地域でも進んでいる。例えばスパリゾートハワイアンズの来場者数は、11年は長期間の休業の影響があり35万人と10年の180万人から大幅に落ち込んだが、13年は192万人と震災前を上回った。

このように、震災の影響は2015年にはかなり薄れており、逆に以前より高まっているイメージ項目も少なくない。そのけん引役となっているのは20代などの若い世代だ。ボランティアなどを通して福島の魅力を体感したという意見も多い。

ところが、せっかく高まった観光意欲度が、14年の29位から15年には42位と大きく低下してしまった。イメージ16項目中13項目で低下していることから、全般的にイメージが弱まっていることがわかる。

これらの結果から、対消費者のイメージ面での復興の段階は15年までに終わったということになる。今後は新たな魅力づくりに取り組むことが必要である。

 

◆福島県の主要項目 (かっこ内は昨年の値。△は上昇した項目)


  • 認知度     19位(16)

  • 魅力度     42位(29)

  • 情報接触度    6位(4)

  • 居住意欲度   39位(35)

  • 観光意欲度   42位(37)

  • 産品購入意欲度 41位


◆福島県の主なイメージ項目

  • 自然が豊か     28位(19)

  • 温泉やレジャー施設 30位(22)

  • 土産や地域産品   32位(40)

  • 食材が豊富     26位(15)

  • 食事がおいしい   42位(28)

  • おもてなしがよい   9位(12)△

  • 祭りやイベント   19位(17)


地域ブランド調査の結果や内容は http://news.tiiki.jp/survey2015 のページに掲載)

執筆・文責:田中章雄 (ブランド総合研究所社長)

(※この記事は、週刊ダイヤモンド2016年2月20日号に掲載したの記事を、筆者が加筆・修正したものです。
週刊ダイヤモンドの「勝手にケンミン創生計画」はコチラをご覧ください)

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
「かかあ天下―ぐんまの絹物語」として、2015年に桐生織物会館旧館など12件が日本遺産に認定された。群馬の名物を意味する「かかあ天下とからっ風」という言葉は、明治時代に栄えた絹産業が群馬の女性に依存する部分が多かったことに由来する。
公開: 2016-05-04 20:55:31
「スタバはないが、日本一の砂場(すなば)はある」平井伸治鳥取県知事のウイットに富んだ発言をきっかけに、2014年4月に鳥取駅前に「すなば珈琲」が誕生した。15年5月にはついにスターバックスもシャミネ鳥取店がオープンし、初日に1000人が行列をつくるという事態になった。
公開: 2016-04-26 09:51:05
静岡県にはバンダイ、タミヤ、アオシマなど国内プラモデルの有力メーカーが多く、「模型王国」と呼ばれている。その由来は、実は徳川家にある。
公開: 2016-04-16 12:20:07
うどん県に県名を変更するというPR戦略で注目を集めた香川県。そもそも讃岐うどんのブームは過去に3回あったと言われている。2度目は1988年の瀬戸大橋の開通で観光客が急増した際に、地域食としてのうどんが注目された。そして3回目が2011年に始まったキャンペーン企画「うどん県」というわけだ。 
公開: 2016-04-12 17:27:18
長崎県の魅力度は15年には6位と14年の10位から大幅に上昇した。その原動力となったのは、通称「軍艦島」の端島であるのは明白だ。「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」が世界遺産に登録されたが、そのシンボル的な存在になっている。「軍艦島上陸・周遊ツアー」は毎回満席の人気となっている。
公開: 2016-04-04 09:46:14
株式会社ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した研修事業を開催。参加料、交通費、宿泊費の負担なし。定員30名を募集します。
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ