MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
ふるさとプロデューサー育成支援事業・研修生の募集

ふるさとプロデューサー育成支援事業・研修生の募集

中小企業基盤整備機構は「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げ、地域へ人を呼び込むことができる取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援する

中小企業基盤整備機構では、「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。これは、地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げる、あるいは地域へ人を呼び込むことができるような取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援するため、中長期のOJTを中心とした研修を実施するというもの。

研修受入先団体のふるさとプロデューサーのもとで、期間中は現地に滞在しOJT研修を受講することが条件となっている。

研修受入先は6月12日に公表される予定だが、長期コース(原則として連続した100日間程度)は15~20団体、中期コース(30日間程度 連続でない場合もある)は10~15団体を想定している。

【募集期間】

平成27年6月12日(金)-平成27年7月6日(月)必着


【研修について】

(1)研修期間

  • 長期コース  原則として連続した100日間程度

  • 中期コース  30日間程度
    (研修参加者と受入先団体の協議により分割の場合もあります)


(2)研修受入先団体及び研修生人数

  • 長期コース  受入先:15~20団体
    研修生人数: 30~40名(1~2名/団体))

  • 中期コース  受入先:10~15団体
    研修生人数: 70~100名(5~7名/団体)


※受入先団体は6月12日に公表予定。


【研修生の条件】

  • 研修期間中、現地に滞在しOJT研修を受講できること

  • 地域を活性化しようとする意欲と具体的な目的を持っていること


【関連ホームページ】

http://www.smrj.go.jp/keiei/chikipg/information/092593.html


【本件に関するお問い合わせ先】

中小企業基盤整備機構 経営支援部 経営支援課


担当者:大川、上川


電話:03-5470-1194


 

この記事のライター
関連記事
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11
文化庁は、文化財保護のための資金調達方策や、先端技術による文化財活用の方法、事例を掲載したハンドブックを作成し、同庁ホームページで公開している。
公開: 2020-04-03 10:49:19
農林水産省は全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施。事業者・団体等による地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取組を広く募集し、優れた活動を表彰するもの
公開: 2018-07-22 11:05:29
農林水産省は3月1日、「平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」のうち、輸出に取り組む事業者向け対策事業の実施について、事業実施候補者の公募開始を発表した。事業は5つあり、公募対象は、農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体となっている。事業規模は総額約7億円。
公開: 2016-03-04 16:16:52
最新記事
林野庁では林業の成長産業化を図るため、平成 29 年度より、地域の森林資源の循環利用を通じて地元に利益を還元し、 地域の活性化に取り組む地域を「林業成長産業化地域(モデル地域)」として選定し、林業成長産業化地域創出モデル事業 を通じて支援しています。モデル地域の取組の成果を全国に普及展開する場として、成果報告会を開催します。
公開: 2023-01-17 14:11:00
昨年3月に惜しまれながらも閉店となった兵庫県アンテナショップが、公民連携型アンテナショップという、新しいアンテナショップの形態として首都圏に展開していくことが発表された。
公開: 2023-01-12 15:44:00
都道府県魅力度ランキングは45位と低迷する埼玉県。ところが「教育・子育ての県」のイメージでは2年連続で日本一! 埼玉県の魅力の現状を分析し、地域ブランドとしての問題点と、上昇のポイントをまとめてみた
公開: 2023-01-01 21:44:00
都内に34店ある都道府県の「アンテナショップの実態調査2022」を実施したところ、来場者が観光情報を入手する場所として活用しており、その効果は店舗売上を上回るほどの誘客効果につながっていることが明らかになった。
公開: 2022-12-27 17:57:16
「都道府県魅力度ランキング」でおなじみの地域ブランド調査では89項目のランキング項目があり、その中で「観光に行きたい都道府県ランキング」を発表。5位は福岡県、4位は東京都、3位は沖縄県、2位は京都府、1位は北海道となった。
公開: 2022-12-25 23:41:42

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル