MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
食のグローバル事業に9件が採択

食のグローバル事業に9件が採択

平成26年度「グローバル農商工連携推進事業」について16件の応募があり、審査の結果、全国で9件の採択が決定した。

平成26年度「グローバル農商工連携推進事業」について16件の応募があり、審査の結果、全国で9件の採択が決定した。

この事業は地域の基幹産業である農林水産業の成長産業化、特に農林水産物・食品の輸出促進に向け、商工業の技術・ノウハウ等を活用する農商工連携を通じ、国内外のグローバルな 農業生産・加工・流通システムの構築及び海外市場におけるブランド構築を図るコンソーシアムの取組みに要する経費の一部を補助することにより、農林水産物・食品の海外市場シェアの拡大と次世代農業ビジネスモデルの普及を進め、農業の国際競争力強化及び地域経済の活性化を推進するのが目的。

ターゲットとなる海外市場に向け農林水産物・食品を輸出するため、下記(1)(2)を連携させて行い、農林水産物の生産から流通に係る課題を解決させ、3年以内に収益をあげる態勢を確立する計画の事業に対し補助を行うもの。

(1)先端技術活用システム実証事業
先端技術を活用した国内外の グローバルな農業生産・加工・流通の統合されたシステムによるバリューチェーンの構築
(2)ブランド構築実証事業
ターゲット市場ニーズを捉えたブランド構築等による需要の創出・拡大
なお、採択が決定した案件は以下のとおり。

1.一般社団法人北海道食品開発流通地興(北海道函館市)
有限会社サンフーズ(北海道函館市)産地市場発
東南アジア裕福層向け超高鮮度水産物迅速・安定輸出モデルの創出
ターゲット市場ニーズを捉えたブランド構築等による需要の創出・拡大
2.株式会社ドール(東京都千代田区)
有限責任監査法人トーマツ(東京都港区)

北海道等日本農産物の通年・大ロット輸出を実現する事業モデルの構築


3.大日本印刷株式会社(東京都新宿区)

インドネシアを対象とする北海道農産物輸出事業の推進(農商工連携の拡大・強化、IT とLT(新物流技術)導入による生鮮野菜の輸送・商品開発実証)


4.株式会社イノベタス(静岡県富士市)

植物工場による高付加価値野菜生産、光技術による野菜鮮度保持処理技術及び船便低コスト輸送を組み合わせたジャパンブランド商品の開発による農産物輸出モデル構築事業


5.銀座農園株式会社(東京都中央区)

アルコール凍結技術を活用した高品質冷凍牛肉のマカオ・タイへの輸出事業及びアニメ等を活用した日本産牛肉のブランド構築事業


6 有限会社グランパファーム(神奈川県秦野市)

宮城県亘理町における東日本大震災復興農地を核とした、生鮮農産物及びカット野菜の生産から極東ロシアのスーパー等における現地販売に至るコールドチェーン実証事業


7 株式会社食のかけはしカンパニー(沖縄県うるま市)

日本産食材を活用したハラール加工食品の輸出促進実証事業


8ミナミ産業株式会社(三重県四日市市)
大京食品株式会社(京都府京都市)
株式会社陽光園(三重県松阪市)
株式会社萬来トレーディングコンサルタント(三重県四日市市)
萱場食品株式会社(愛知県名古屋市)

トレーサビリティの徹底された高品質国産大豆を活用した、海外向け大豆加工食品の開発製造販売及びブランド確立に向けた実証事業


9 四国計測工業株式会社(香川県仲多度郡多度津町)

輸出対応型低カリウム野菜の生産と海外サプライチェーンの構築およびDrVegetable ブランドの東南アジア市場での確立


参考ページ:平成26年度「グローバル農商工連携推進事業」の採択について(経済産業省)

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
文化庁は、文化財保護のための資金調達方策や、先端技術による文化財活用の方法、事例を掲載したハンドブックを作成し、同庁ホームページで公開している。
公開: 2020-04-03 10:49:19
農林水産省は全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施。事業者・団体等による地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取組を広く募集し、優れた活動を表彰するもの
公開: 2018-07-22 11:05:29
農林水産省は3月1日、「平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」のうち、輸出に取り組む事業者向け対策事業の実施について、事業実施候補者の公募開始を発表した。事業は5つあり、公募対象は、農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体となっている。事業規模は総額約7億円。
公開: 2016-03-04 16:16:52
中小企業基盤整備機構は「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げ、地域へ人を呼び込むことができる取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援する
公開: 2015-06-06 10:53:55
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
公開: 2021-03-04 16:31:56
地域の出身者や地域を応援したいと思っている人たちがどれくらい存在するか、こうした人たちがどの年代やどの地域に分布しているか、地域とどのようなかかわりを持っているかなどを分析したインターネット調査「関係人口の意識調査2021」を実施しました。
公開: 2021-03-03 15:22:19
農林水産省は、令和2年度食育活動の全国展開委託事業(食育推進プラットフォーム構築及び食育に関する事例収集)において株式会社ブランド総合研究所(東京都港区 代表取締役 田中 章雄)に委託して作成した「食育ピクトグラム」を、このほど農林水産省ホームページで公開しました。
公開: 2021-03-03 15:05:00
株式会社ブランド総合研究所は、2021年3月31日までの期間限定で、格安の「年度末特別調査パッケージ」を期間限定で販売します。通常価格の半額以下という特別価格のため先着10件限定。しかも、調査開始から集計結果までわずか1週間~10日とスピードで実施
公開: 2021-03-02 12:43:23
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル