MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
日本の食魅力再発見・利用促進事業のモデル地域育成事業公募

日本の食魅力再発見・利用促進事業のモデル地域育成事業公募

農林水産省では、平成26年度「日本の食魅力再発見・利用促進事業」のうち「食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)」の事業主体の二次募集を開始した。この事業は地域で生産・製造される国産農林水産物や食品の消費拡大を図るため、商品開発、販路開拓、人材育成等の取組を支援するもの

農林水産省では、平成26年度「日本の食魅力再発見・利用促進事業」のうち「食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)」の事業主体の二次募集を開始した。この事業は地域で生産・製造される国産農林水産物や食品の消費拡大を図るため、商品開発、販路開拓、人材育成等の取組を支援するもの。公募締め切りは5月26日で、予算の上限は1800万円。

都道府県又は市町村、農林漁業者、食品関連事業者、医療・介護施設運営事業者、その他本事業の執行に必要な者等から構成されることが条件。事業対象地域の主たる国産農林水産物を中心に同地域内で生産・製造される国産農林水産物・食品(以下「地域食材」という。)の消費拡大の取組み。

ただし、食のモデル地域実行協議会を構成する一又は複数の都道府県及び市町村の一部又は全部の地域で実施する事業で、都道府県や市町村をまたぐ複数の区域又は連続しない複数の区域を一つの事業対象地域とすることができる。

具体的な取り組みとしては以下の内容


  1. 食のモデル地域実行協議会の合意形成、事業企画・検討・運営食のモデル地域実行協議会の合意形成、事業企画・検討・運営。

  2. 現状調査事業対象地域ごとの現状調査。

  3. 総合的なマーケティング地域食材の利用量向上を目的としてアンケート調査等の市場評価。

  4. 開発・研究等創造活動地域食材の利用量向上につながり、かつ、消費者等の需要に即した商品の開発・研究等

  5. 販路開拓・購買促進地域食材又は(4)の開発により製造された商品等の販路の開拓・購買促進

  6. 地域人材・後継者等育成地域食材の利用量向上等の取組を支援する人材の育成を行うため研修会

  7. 取組手法・効果の取りまとめ


詳しくは以下のページを参照のこと。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/140317.html

問い合わせ先:

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省生産局農産部穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班
(農林水産省本館2階ドアNo.本279)
電話 :03-3502-7950(直通)
FAX :03-6744-2523


 

この記事のライター
関連記事
文化庁は、文化財保護のための資金調達方策や、先端技術による文化財活用の方法、事例を掲載したハンドブックを作成し、同庁ホームページで公開している。
公開: 2020-04-03 10:49:19
農林水産省は全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施。事業者・団体等による地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取組を広く募集し、優れた活動を表彰するもの
公開: 2018-07-22 11:05:29
農林水産省は3月1日、「平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」のうち、輸出に取り組む事業者向け対策事業の実施について、事業実施候補者の公募開始を発表した。事業は5つあり、公募対象は、農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体となっている。事業規模は総額約7億円。
公開: 2016-03-04 16:16:52
中小企業基盤整備機構は「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げ、地域へ人を呼び込むことができる取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援する
公開: 2015-06-06 10:53:55
最新記事
株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2022」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。
公開: 2022-05-16 10:54:47
株式会社ブランド総合研究所は、各都道府県の「関係人口」の人口推定のほか、移住意欲度などを数値化する「関係人口の意識調査2022」を全国約2万人の消費者を対象としてインターネットで実施した。
公開: 2022-04-12 10:06:38
今や20歳前後の2人に1人が利用経験のあるマッチングアプリ。ところが、安心・安全面について不安や不満を感じている人も多いようです。安心して利用するために必要な条件として本人確認の機能、監視体制、カスタマーサポートを挙げる人が多く、それらの体制に関して各社への評価が分かれているという実態が明らかになりました。
公開: 2022-03-29 09:46:00
株式会社ブランド総合研究所は、各都道府県の「関係人口」の人口推定のほか、移住意欲度などを数値化する「関係人口の意識調査2022」を全国約2万人の消費者を対象としてインターネットで実施した。
公開: 2022-03-28 11:52:10
今回は、ブランド総合研究所の地域ブランド調査2021から「食事がおいしい市区町村ランキング2021」を一部発表します。
公開: 2022-03-23 15:30:30

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル