MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
事例で学ぶ!地域ブランドの成功法則33 (光文社)

事例で学ぶ!地域ブランドの成功法則33 (光文社)

地域ブランドの中でも、特に関あじ・関さばや小布施、富士宮やきそばなど大成功している事例を多く取り上げ、その原因と成功要因を徹底分析しました。同時に、瀬戸焼や越谷鴨ネギ鍋など、現在積極的に取り組んでいる事例を生々しく、そして具体的に紹介しています。そして他の書籍にはないのが、失敗事例!担当者の悩みや、課題、あるいは失敗要因などを、史上初めて徹底的に分析を試みました。

ブランド総合研究所・代表取締役社長の田中章雄が執筆した、「事例で学ぶ! 地域ブランドの成功法則33」が 光文社ペーパーバックスより全国の書店およびインターネット等にて発売されました。(2008年10月24日出版)

地域ブランドの中でも、特に関あじ・関さばや小布施、富士宮やきそばなど大成功している事例を多く取り上げ、その原因と成功要因を徹底分析しました。同時に、瀬戸焼や越谷鴨ネギ鍋など、現在積極的に取り組んでいる事例を生々しく、そして具体的に紹介しています。そして他の書籍にはないのが、失敗事例!担当者の悩みや、課題、あるいは失敗要因などを、史上初めて徹底的に分析を試みました。

さらに巻末には弊社の「地域ブランド調査2008」の結果のランキングを掲載。まさに盛りだくさんの内容となっており、ぜひともお読みいただきたいと思っております。



 

◆著者からのコメント

この本は構想から3年(ずいぶんかかってしまいました)。
その間に私が見聞きした全国のさまざまな事例を基に、わかりやすく「成功法則」としてまとめたものです。
まずは関あじ・関さばや小布施、富士宮やきそばなど「地域ブランド」として大成功している事例を多く取り上げ、私なりにその成功要因を徹底分析しました。同時に、瀬戸焼や越谷鴨ネギ鍋など、現在積極的に取り組んでいる事例を生々しく、そして具体的に紹介しています。


そして他の書籍にはないのが、失敗事例!
担当者の悩みや、課題、あるいは失敗要因などの徹底的な分析を、史上初めて試みました。さらに巻末には弊社の「地域ブランド調査2008」の結果をランキング形式でわかりやすく掲載。
まさに盛りだくさんの内容となっており、ぜひともお読みいただきたいと思っております。


◆内容(「BOOK」データベースより)

これまでありそうでなかった「地域ブランド」成功のための教科書。


◆著者について

田中章雄(たなかあきお)
株式会社ブランド総合研究所 代表取締役社長
昭和34年 福井県生まれ、48歳。東京工業大学理学部卒。
日経BP社に入社し、雑誌記者、新雑誌の企画、新事業開発などを担当。
開発部次長、調査部次長、日経BPコンサルティング調査部長、日本ブランド戦略研究所代表取締役社長などを経て、2005年11月に地域ブランドおよび企業ブランドの戦略立案、調査、PR、商品開発などに総合的に取り組む「ブランド総合研究所」を新たに設立し、代表取締役社長に就任。「地域ブランド調査」、「地域ブランドNEWS」、「地域食とものづくり総合展」などでも各地のブランド戦略をサポートしている。
地域ブランドアドバイザー、地域中小企業サポーターのほか、地域食品ブランド確立総合検討委員会委員、知的財産と普及活動研究会委員、岐阜県、埼玉県、栃木県などのブランド戦略関連委員に就任。
2008年に地域ブランドと地域団体商標の普及促進・発展への功績が認められて知財功労賞経済産業大臣表彰を受賞2008年4月特許庁「知財功労賞経済産業大臣表彰」を受賞。


 

この記事のライター
関連記事
時事通信社が発行している自治体幹部、中央官庁や政党など向けの専門誌「地方行政」(毎週月・木曜発行)において、弊社・田中章雄社長が隔週の木曜日に連載を開始した。連載のタイトルは「ランキングで見る地域ブランド力」
地域の活性化や観光振興のため「ご当地検定」の中には、今も人気が衰えない検定もあれば、ブームが去って受験者が少なくなってしまい、運営が難しくなってしまっている検定も少なくない。7月3日の日経新聞夕刊に掲載された「ご当地検定、明暗分かれるブーム去り5年で半減」に代表取締役社長の田中章雄がにコメントした
日本農業新聞の6月30日号「月曜特報」の記事「ハラール認証関心高まる 18億円、300兆円-ムスリム市場狙え」の中で、弊社代表の田中章雄(一般社団法人ハラル・ジャパン協会副代表理事)がハラル市場および認証に関してコメントをしました。
旧市役所や、国登録文化財など、各地の歴史を伝える建物や名所で結婚式を挙げる「ご当地婚」が広がっていることについて、読売新聞6月30日発行の夕刊の1面トップで記事が掲載されました。長野県駒ケ根市の「旧駒ケ根市役所庁舎」や、滋賀県彦根市の国宝・彦根城の屋形船、国登録文化財の和風礼拝堂「スミス記念堂」
宣伝会議6月号の特集「自治体のプロモーション」で、地域ブランド調査会社のトップが明かす「活発化する自治体のPR ランキンギングへの影響は?」と題して、ブランド総合研究所の代表取締役社長 田中章雄による記事が掲載されました。
最新記事
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本事業に参加いただく首都圏の若い方々を募集しています。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「女性が働きやすい企業」等ESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル