MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業実施中!

消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業実施中!

本年度より弊社では、農林水産省の補助を受け、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を実施している。この事業の第一回検討会議を6月16日(火)に行った。委員は日本の直売所・食育・観光をけん引するそうそうたるメンバーで構成されている。印象的なご意見を若干紹介させていただきたい。

本年度より弊社では、農林水産省の補助を受け、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を実施している。

この事業は、農山漁村の直売所や道の駅に着目し、「食や農にまつわる体験」を積極的に消費者に発信していこうというものだ。ここでいう「体験」というのは、イチゴ狩りのような「観光農業」から一年を通して農業を体験する「農業塾」、さらにジャムやパンのような「加工品作り」や、農山漁村の食文化を味わう「食べる」体験も含まれている。



直売所や道の駅は、今や農山漁村の様々な機能(農林水産業、食文化、伝統的な知恵)が凝集した地域の中核施設として位置づけられている。そして、消費者と地域とが出会う、交流の「場」となっている。そんな直売所や道の駅が「食や農にまつわる体験プログラム」を消費者に打ち出すことができれば、農山漁村の魅力がより消費者に伝わるであろうし、なにより農山漁村の魅力は食と結くものが豊富にあるため、「食育」にもつながると思われる。

さて、この事業の第一回検討会議を6月16日(火)に行った。委員は日本の直売所・食育・観光をけん引するそうそうたるメンバーで構成されている。印象的なご意見を若干紹介させていただきたい。

①直売所の価値について
・今や直売所は地域の価値を伝え、日本の農業を支える役割を担っている。
・直売所は「物を売る」のではなく、「夢を売る」場所である。

②体験について
・直売所や道の駅はコンテンツ作りが得意だが、情報発信は得意ではない
・体験を「扱いたいのだが、やり方がわからない」という直売所が多い

より多くの直売所や道の駅が、地域の魅力を伝える手段として体験を打ち出せるよう、この事業を通じてネットワークを広げていきたい。

文責:網野 善久

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル