MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

静岡に関する記事

表示順:
浜松市北区の聖隷予防検診センターと国民宿舎奥浜名湖では、寺社仏閣が多い奥浜名湖一帯を心身療養に優れたエリアと位置づけ、人間ドックやヘルシー懐石料理でもてなす1泊2日のプランを提供する、ヘルスツーリズムを10月からスタートさせる。地域の観光交流人口の増加が狙い。
静岡県では、県西部の特産品「遠州織物」の普及を目的として、『遠州織物夏服デザインコンテスト』を開催している。デザインテーマは「サムライ」で、ビジネスシーンで着用できる男性用の夏のフォーマルウェアのデザイン画を募集。応募は県内外の誰でも可能で、募集期間は9月30日まで。
熱海商工会議所は、観光振興などを目的に、「熱海ブランド」として認定する特産品等を7月25日から募集開始した。9月22日まで。
6月18日・19日の2日間、三島市で「ふじのくに食育フェア2011(第6回食育推進全国大会)」が開催される。期間中、タレントの薬丸裕英氏や、俳優の永島敏行氏、服部学園校長の服部幸應氏ら著名人による講演等が開催されるほか、「ふじのくに地産地消レストラン」では、県産食材を使った弁当が販売される。
静岡県掛川市は穏やかな気候と適度な雨量がある全国屈指のお茶どころ。、掛川城主の山内一豊が久遠寺で徳川家康をお茶でもてなしたなど、古くから茶文化が浸透している。
地域活性化に取り組む団体を支援することを目的に、全国の地方新聞46紙と共同通信が創設した「第1回地域再生大賞」の受賞団体が発表された。
B級グルメの頂点に君臨する静岡県の富士宮やきそば。硬めの蒸し麺をたっぷりのキャベツと肉かすと炒め、イワシと青のりの粉を振りかけて作る。9年間で440億円の経済効果を富士宮市にもたらすまでになった原動力は「焼きそばでまちおこし」を標榜して取り組んだ「だじゃれ」まじりのイベントだ。
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt