MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
滋賀県の名称変更、82%が「必要ない」

滋賀県の名称変更、82%が「必要ない」

調査の結果、滋賀県の認知度については65.2%が「あまり認知されていない」としたが、認知度向上のための県名変更については82.8%が「帰る必要がない」と答えた。

滋賀県は県名変更の是非を問う県政世論調査を7月2日に実施したが、その結果、県名変更については、82.8パーセントが「変える必要がない」と回答した。

滋賀県では、全国的な知名度の低さを解消しようという狙いで、以前より県名の変更について検討してきた。変更する名称案としては「近江県」「琵琶湖県」などで、2月の県議会で、県議から名称変更の提案があり、三日月知事は7月の調査結果次第で「県名変更を検討する」としていた。

「第48回滋賀県政世論調査」は、県内在住で満20才以上の住民の中から、無作為に抽出した3,000人(外国人を含む)を対象に実施(7月2日発送)した。回収数は1561票(回収率は52.0%)で、全土より1.7ポイント低かった。

調査の結果、滋賀県の認知度については65.2%が「あまり認知されていない」としたが、認知度向上のための県名変更については82.8%が「変える必要がない」と答えた。

「変えた方がよい」を選択した人の中で、具体的な県名の記載があったものは78件あり、「近江」を含む県名は41件、「琵琶湖、びわ」を含む県名は32件だった。

この結果について三日月知事は会見の中で「やはり滋賀県という県名に対する8割を超える県民の皆さんのご支持、これはやっぱりお気持ちの表れだと受け止めなければならないと思います。同時に先ほど紹介しましたけれども、まだまだ観光の振興であるとか、ブランド力の向上ということにまだまだ余地があるのではないかと指摘されるお声もありますので、大好きな県名をもつ滋賀というものの知名度、認知度を上げるための取組というものをさらに求められているということだと思います。たとえば近江米、近江牛、近江の野菜という「近江」。歴史上もいろんな舞台となった「近江」というものと滋賀県を結びつける。琵琶湖と滋賀県を結びつける、そういう取組を我々がもっともっと効果的、戦略的にやっていかなければならないということだと思います」と述べている。

参考:滋賀県 知事定例記者会見(7/27)

 

この記事のライター
関連記事
続日本100名城選定の“福知山城”を支援するイオンの電子マネー「福知山城WAON」が4月20日に発売される。
公開: 2018-04-17 15:46:00
「Longest line of rice balls(最も長いおむすびの列)」というギネス世界記録が滋賀県大津市の伊香立地区で新たに誕生しました。挑戦は、地元の自治連合会が設立50周年を迎えるのを記念し、住民が中心に立ちあげた組織「伊香立未来プロジェクト」が企画。
公開: 2017-11-14 11:55:46
5月20日(土)~21日(日)、京都府宇治市の黄檗山萬福寺「京都×東京ティーパーティー」が開催される。宇治茶の煎茶、玉露が味わえる「宇治茶BAR」を設置するなど、奥深い宇治茶の魅力を体験できる。「もうひとつの京都」2017年度は京都府南部山城地域の12市町村「お茶の京都博」
公開: 2017-05-08 16:39:01
印刷業の任意団体「大阪青年印刷人クラブ」は2016年10月29日、全国印刷緑友会大阪大会の一環でギネス世界記録「Most people signing each other's t-shirts simultaneously」に挑戦。538人の記録で見事ギネス世界記録に認定されました。
公開: 2016-11-01 10:32:25
今年5月、サミットが伊勢志摩地域で開催される。約5,000のメディアが伊勢志摩地域へ訪問すると予想されている。彼らを地域のファンにすることができたら?「取材したい」、と思わせることに成功したら?記事になり、番組として地域情報が取り上げられることにより、その背後にいる全世界の視聴者に地域情報が伝わる。
公開: 2016-02-18 16:28:30
最新記事
石垣市は2023年11月18日、ギネス世界記録「Most people grilling barbecuing simultaneously」挑戦イベントを実施。2,220人で既存記録の2,184人を36人上回り世界記録を更新しました。同イベントは、市の人口が同年7月に初めて5万人を超えたことを多くの市民と祝うため実施され、多くの市民がイベントを楽しみました。
公開: 2023-12-20 12:00:00
都内にある全国の道県のアンテナショップについて、利用の実態を明らかにするため「アンテナショップ利用実態調査 2023」を実施。その結果、コロナ禍により売上高が低迷したアンテナショップが、若者を中心として需要の高まりを見せていることがわかった。
公開: 2023-12-15 19:45:00
SDGsには17のゴールが設定されているが、どのゴールに取り組むことが最も企業の評価に効果的か? この疑問はSDGs担当者のほとんどが感じているだろう。 「企業版SDGs調査2023」では、対象となった290社のSDGs取組に対する消費者の評価の結果をもとに「重回帰分析」という手法において分析した。
公開: 2023-12-03 22:55:43
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』は、建物の老朽化による建て替え工事に伴い12月25日に閉館する。 1997年に開業し、“食”を中心とした新潟県産品の販売・イベント開催、観光情報、UIターン就職・移住情報の提供により“にいがた”の新鮮情報を発信してきた。
公開: 2023-12-01 17:59:52
「関係人口」とは、移定住人口でもなく、観光客などの交流人口でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指す(総務省)。 全国各地で、人口減少・高齢化が進み、地域活性化の担い手不足という課題に直面している中で、関係人口の活用が期待されている。本調査では各都道府県および市町村視点での関係人口の規模(人数)を測定するとともに、定住意欲や訪問意欲など、そして情報ニーズなどについて徹底的に調査する。
公開: 2023-12-01 17:30:36

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル