MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
農水省、輸出環境課題レポート2014/2015を公表

農水省、輸出環境課題レポート2014/2015を公表

農林水産省は日本産農林水産物・食品の輸出を行うに当たって、相手国の様々な規制等の課題と、それらに対する対応状況を整理した「輸出環境課題レポート2014/2015」を公表した。品目横断的な輸出環境課題の概要のほか、その重点8品目ごとに重点輸出先国・地域における主な課題の概要を整理している。

農林水産省は、日本産農林水産物・食品の輸出を行うに当たって、相手国の様々な規制等の課題と、それらに対する対応状況を整理した「輸出環境課題レポート2014/2015」を初めて策定し、公表した。
このレポートでは、品目横断的な輸出環境課題(放射性物質に係る輸入規制、動植物検疫協議の状況等)の概要のほか、その重点8品目(米・米加工品、牛肉、青果物、茶、加工食品、花き、林産物、水産物)ごとに重点輸出先国・地域における主な課題の概要を整理している。

農林水産省では昨年6月に設置した輸出戦略実行委員会の下で、輸出先国の規制や基準等への対応といった、輸出環境の整備に関する議論を行ってきた。
ここでの議論を踏まえ、優先的に取り組むべき輸出環境課題を整理したものとして、「農林水産物・食品輸出環境課題レポート」を初めて策定したもの。

品目横断的な輸出環境課題(放射性物質規制、動植物検疫協議等)の概要のほか、重点8品目(加工食品、水産物、コメ・コメ加工品、林産物、花き、青果物、牛肉、茶)ごとに、その重点国・地域における主な輸出環境課題の概要が整理されている。

なお、品目横断的な課題としては、以下の8項目より構成されている。


  1. 放射性物質に係る輸入規制への対応

  2. 動植物検疫協議への対応

  3. 食品安全に関する規制の強化への対応

  4. 残留農薬基準への対応

  5. 知的財産侵害への対策

  6. ハラール認証の取得への対応

  7. 有機同等性の承認の取得への対応

  8. その他の取組み


農林水産省では、2020年の農林水産物・食品の輸出額1兆円目標の達成に向け、今後、このレポートで整理された農林水産物・食品の輸出環境課題について、輸出戦略実行委員会の議論等を踏まえつつ、解決に向けて取り組んでいく。
また、これらの取組についての毎年度の進捗状況や新たに生じた課題等を整理・追加し、本レポートを更新・充実化していく予定。

参考サイト:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/150424.html

 

この記事のライター
関連記事
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11
文化庁は、文化財保護のための資金調達方策や、先端技術による文化財活用の方法、事例を掲載したハンドブックを作成し、同庁ホームページで公開している。
公開: 2020-04-03 10:49:19
農林水産省は全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施。事業者・団体等による地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取組を広く募集し、優れた活動を表彰するもの
公開: 2018-07-22 11:05:29
農林水産省は3月1日、「平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」のうち、輸出に取り組む事業者向け対策事業の実施について、事業実施候補者の公募開始を発表した。事業は5つあり、公募対象は、農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体となっている。事業規模は総額約7億円。
公開: 2016-03-04 16:16:52
中小企業基盤整備機構は「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げ、地域へ人を呼び込むことができる取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援する
公開: 2015-06-06 10:53:55
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル