MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

地域ブランド調査に関する記事

表示順:
週刊ダイヤモンドでは新連載「勝手にケンミン創生計画」を開始します。地域ブランド調査の結果をもとに、各都道府県の活性化プランを毎週1つの都道府県を取り上げて勝手に提言するもので、地域ブランドの提唱者であり第一人者である田中章雄(ブランド総合研究所社)が執筆します。
プレミアム商品券を、地域の消費拡大につなげるには地域ブランド調査2015 調査対象希望の町村を受付中農水省、輸出環境課題レポートを公表地理的表示保護制度窓口がスタート地方創生特別パックのご案内  ~ 地域ブランド調査特別編 ~東京湾の干潟が作る最高の味~船橋三番瀬海苔(千葉県船橋市)
株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区虎ノ門1-8-5、代表取締役社長:田中章雄)では、今年7月に実施予定の「地域ブランド調査2015」で、町村に対して、調査対象をご希望の自治体様について調査エントリーの募集をいたします。
地方創生には、地域資源とビッグデータ活かしたブランド戦略を地方創生特別パックのご案内~ 地域ブランド調査特別編 ~「ギネス世界記録」を通じた地域活性化講座を開催世界一長いバームクーヘン~福岡県筑前町公共コミュニケーション学会サービスエリアが旅の目的に? エンタ化進む新東名SA(静岡県)
全国で最もご当地キャラクターが知られている自治体は彦根市となりました。回答者にそれぞれの自治体ごとのご当地キャラクター(ゆるキャラを含む)を知っているかと聞いたところ、「知っている」と答えた人の割合が最も高かったのが彦根市で、48.3%でした。
地域ブランド調査は株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、社長:田中章雄)が国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全74項目からなる調査を実施したもので、今年で9回目の実施(年1回実施)。今回の調査で”全国で最も魅力的な市区町村”は函館市となりました。
最も魅力的な市区町村は函館市都道府県ランキング、1位北海道は6年連続市町村ランキングは函館市。京都市は3位に後退情報接触が急上昇の富岡市。観光意欲上昇も群馬県は富士山関連~市は依然影響あるも県は決定前の水準に今治市は着実に産品購入意欲度を伸ばし3位宮城県・福島県の観光意欲度は回復が鈍化
地域ブランド調査2014のパンフレットはこちらのページでダウンロードできます。印刷する場合は、以下をクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。
第9回地域ブランド調査2014 調査対象の町村を募集(6/20締切)特許庁が地域団体商標の英語版冊子を作成和太鼓同時演奏者数で世界記録に挑戦/岩手県盛岡市AED講習会で世界記録達成/オランダ地域団体商標と認定基準作り ~飛騨木工連合会 (岐阜県高山市)
第9回地域ブランド調査2014 ~10月に結果発表予定~JAPANブランド育成支援事業に78件が採択全国展開プロジェクト133件の採択が決定医福食農連携推進環境整備事業の追加公募開始“幻の小麦”のラーメン~ 江別麦の会(北海道江別市)
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt