MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
2/5 19時から 都市と農村のつなぎびと!「食農体験ソムリエ」説明会開催!

2/5 19時から 都市と農村のつなぎびと!「食農体験ソムリエ」説明会開催!

宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。

地域課題、ビジネスに興味がある「あなた」へ


伊豆沼農産は1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践してきました。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を展開しています。
都市農村交流では、食や農、暮らしぶり体験など様々なプログラムをしてきました。こうしたプログラムを企画・運営しているのは食農体験ソムリエというコーディネーターです。食農体験ソムリエは平成27年にスタートした資格で、地域の資源および特性を活かした、複合的な体験が提案できるスキルを認定する制度です。全国では6カ所の認定施設があり、これまでに300名近くの資格取得者がいます。
 ※食農体験ソムリエになるためには、食農体験ネットワーク協議会が定めた全国の認証施設で開催される食農体験ソムリエ研修を受講したのち、認定試験に合格する必要があります。


今回は、伊豆沼農産がなぜ都市農村交流を始めたのか?また、食農体験ソムリエを主役にした新しいビジネスモデルをどのようにして実現させようとしているのか?を紹介するオンラインイベントを開催します。イベントでは、地方や農村の課題、都市と農村はどう繋がっていくべきかなど、企業目線での課題感をお伝えすると共に、一つのソリューションとして期待する食農体験ソムリエのお話や、実際にソムリエ第3期生のお二人をお迎えして、食農体験ソムリエを取得した理由、研修の様子、取得後の生活環境・意識の変化などをお話しいただきます。

ご興味のある方は、ぜひ<申し込み・詳細>よりエントリーしてください!

【こんな人におすすめ】
・食や農業に関心がある
・無理なく続けられる社会貢献がしたい
・「地方」に関心はあるけど、何から始めたら良いかわからない…
・「ローカルプロジェクト」を仲間と一緒にやりたい
・食品業界や農業周辺産業に勤めている/就職・転職したい

◆開催概要

<日時>
2021年2月5日(金)19:00~20:45
 ※開場(オンライン接続開始 18:50)

<会場>
オンライン開催(Zoom)
※チケット購入後、開催日当日までにPeatix上にZoomリンクが表示されます

<申し込み・詳細>
https://izunuma-syokunoutaiken.peatix.com/
参加費:無料
オプション:+ 伊豆沼農産お試し特産品付!【生ハム+生サラミ】:1,500円
(送料込。2月2日までのお申込限定となります。2月3日発送となりますので、2月3日以降のキャンセルは不可となります。)

タイムスケジュール

18:50~19:00 開場(オンライン接続開始)
19:00~19:10 オープニング・アイスブレイク
19:10~19:25 伊豆沼農産の紹介・農村産業化モデルの説明
19:25~19:40 食農体験ソムリエとは
19:40~19:50 質問ブレイク
19:50~20:10 ソムリエによるパネルトーク
20:10~20:40 少人数グループでの交流タイム(質疑応答等)
20:40~20:45 クロージング

登壇者紹介

【主催者】
伊豆沼農産
代表取締役/食農体験シニアソムリエ 伊藤秀雄
取締役/食農体験シニアソムリエ 佐藤裕美

【食農体験ソムリエ】
鈴木美華さん
柴崎健一さん

問い合わせ

有限会社伊豆沼農産
所在地:〒989-4601 宮城県登米市迫町新田字前沼149-7
TEL:0220-28-2986
事業内容:農業(養豚・水稲・果樹)/食肉製品製造業/食肉販売業 / 食肉処理業 / そうざい製造業 / 飲食店営業 / 農産物直売所 / アイスクリーム製造 / パン製造 / 酒類(どぶろく製造)他

【運営】
東北プロボノプロジェクト TEAM伊豆沼農産

この記事のライター
関連記事
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
最新記事
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。
農林水産省・全国食育推進ネットワーク(事務局・ブランド総合研究所)では第3回食育ミニセミナー&サロンを1/25にオンライン(ZOOM)で実施します。地産地消等優良活動表彰・文部科学大臣賞の沖縄県伊江村立伊江中学校の村ぐるみでの食育活動についてです。
ブランド総合研究所は各都道府県の住民を対象として、約16,300人を対象に、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題などを数値化する調査「第3回地域版SDGs調査2021」を実施。その中から定住意欲度のランキングを紹介する

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル