MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
全国初!食農体験ソムリエ資格誕生!~体験で地域の魅力を伝えよう~

全国初!食農体験ソムリエ資格誕生!~体験で地域の魅力を伝えよう~

食農体験ネットワークでは全国で初めての取り組みである「食農体験ソムリエ」の養成・認定研修を開催します。

食農体験ネットワークでは全国で初めての取り組みである「食農体験ソムリエ」の養成・認定研修を開催します。

 

◆認定施設の概要と募集について・・ソムリエ募集案内

◆資格の背景・・平成27年度、全国の道の駅や農産物直売所、体験ファームなどで食と農にまつわる体験を行っている施設の現状 調査と、セミナーや研修などを通して、その実施のサポートをしてまいりました。その中で、体験をメニュー化したいが、人材不足や収益力アップ、そして集客などの面で課題があり、なかなか実践につながらないという声が多く聞かれました。
同時に、ひとり500円くらいの体験では収益性も低く、集客力も弱いためなかなかビジネスモデルとして育たない課題がありました。一方、食農体験への期待の声も多くありました。

そこで、事務局では、より安心・安全に地域の資源や特性を活かし食育・農林水産・畜産業にまつわる体験を作成および提案できるスキルをもつアドバイザーの養成をおこなう準備をすすめておりました。今年の9月に開催した全国の先進的な食育と体験に取り組む施設の食農体験担当者による認定員(食農体験シニアソムリエ)の研修も終え、このたび「食農体験ソムリエ」の認定研修を開始します。

◆食農体験ソムリエとは・・より安心・安全に地域の資源や特性を活かし食育・農林水産・畜産業にまつわる体験を作成および提案できるスキルをもつアドバイザー
地域の資源や特性を活かした食農体験プログラムを作成し消費者に安全かつ有意義に伝えられる技術(スキル)をもち、食農体験ネットワーク協議会より認められた人を「食農体験ソムリエ」として認定。

◆食農体験ソムリエの必要な知識
①農業、食材、栄養、調理、加工などに関する幅広い知識と(ある程度の)技術
②その地域に関する知識と愛情・愛着
③お客を楽しませる気持ち、言葉遣い、ふるまい
④経営、保険等、安全面、観光に対する知識

※食農体験とは・・その地域の農産品や、食品、料理をより魅力的にし、その地域への愛着度を高め、住民や観光客(外国人含む)等の消費者がその地域の魅力を感じ取ることができる体験のことをいいます。

◆資格詳細・・食農体験ソムリエ研修・認定について

※食農体験ソムリエになるためには下記の認定員(食農体験シニアソムリエ)在籍の食農体験施設で講義と実技の受講が必要になります。

また課題の郵送をもって認定となります。



 

 

 



食農体験ネットワーク事務局(担当:山崎(やまざき))

Email: nst@tiiki.jp



 

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。
公開: 2021-01-20 12:56:00
2021年1月、政府より緊急事態宣言が発令されたことに伴い、1月25日から実施予定だった長崎県大村市での就農・定住体験研修について、以下のように新型コロナ対策および研修内容の変更を行うこととなりました。ご了承いただき、ぜひご参加をお願いします。
公開: 2021-01-15 13:55:49
市区町村魅力度ランキングで2019年(264位)から2020年(143位)に大幅上昇し、最も魅力度を伸ばした糸満市(沖縄)で、2021年1月23、24日(土日)に、明るい話題を届け笑顔を取り戻してもらえるようにと、心と身体をあったかくさせるイベント「HOTな糸満の日」を開催する。
公開: 2021-01-05 17:24:00
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-02-18 13:44:19
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル