MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
「6次産業の高付加価値化セミナー」開催決定(東京・熊本・札幌・滋賀)

「6次産業の高付加価値化セミナー」開催決定(東京・熊本・札幌・滋賀)

食料品バリューチェーン推進協議会では全国4会場(東京・熊本・札幌・滋賀)で「6次産業の高付加価値化セミナー ~ブランド化とバリューチェーン~」を開催します。各会場では明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授の上原征彦氏に基調講演連携の在り方や出資・融資のご相談にも個別に対応します。参加費は無料

食料品バリューチェーン推進協議会では、2015年2月~3月にかけて、全国4会場(東京・熊本・札幌・滋賀)で「6次産業の高付加価値化セミナー ~ブランド化とバリューチェーン~」を開催します。各会場では明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授の上原征彦氏に基調講演をいただくほか、各地の食品の高付加価値化に関する事例のご紹介を行います。また、希望者には6次産業化のための個別相談会も実施。農林水産業の従事者、連携を模索している他産業の従事者を対象に、連携の在り方や出資・融資のご相談にも個別に対応します。いずれも参加費は無料です。

 

★会場別の申込チラシは近日公開予定です!

★「食料品バリューチェーン構築支援事業」についてはホームページをご覧ください。

 

◆開催概要

①九州エリア:熊本会場 (2015年2月16日(月)13:30~ @ホテルニューオータニ熊本)

②北海道エリア:札幌会場 (2015年2月19日(木)13:30~ @札幌全日空ホテル)

③近畿エリア:滋賀会場 (2015年2月26日(木)13:30~ @琵琶湖ホテル)

④全国大会:東京会場 (2015年3月3日(火)13:30~ @TKP品川カンファレンスセンター)

各会場の詳細、講師(予定)はこちらをご覧ください。

 

◆お申し込み・お問い合わせ先

株式会社ブランド総合研究所  バリューチェーン事業部 (担当:金築(かねつき)、森)
電話:03-3539-3011   FAX:03-3539-3013

①FAXでのお申込み →申込チラシ(近日公開)をダウンロードのうえ、必要事項を記入して上記FAX番号に送信ください。

②メールでのお申込み → fvc@tiiki.jp までメールしてください。

なお、メールでお申し込みの際は、下記の事項をお伝えください。

所属先:
部署名:
ご担当者名【必須】:
フリガナ【必須】:
E-mail【必須】:

希望分科会【必須】:第●回、テーマ「●●●」

 

この記事のライター
関連記事
COEDOビール、よなよなエール、銀河高原ビール…。最近、クラフトビールの勢いが凄まじい。クラフトビールという言葉を当たり前のように使うようになったのは何年前からだろうか?日本クラフトビール誕生の立役者として、コエドブルワリー朝霧社長を取材した。
公開: 2015-05-01 17:47:06
「マッチャ、マッチャ!」 いま海外では抹茶味が大変なブームになっている。キットカットでは抹茶味が一番人気。自国にはないからと、抹茶アイスクリームを食べに日本を訪れる外国人観光客もいるという。海外での抹茶味ブームの立役者が、島根県の小さなお茶屋さんという説がある。さあ、あなたは信じるだろうか?
公開: 2015-04-16 20:26:17
食料品バリューチェーン推進協議会(事務局:株式会社ブランド総合研究所)は、本年度の事業成果としてハンドブック「食のバリューチェーン構築のてびき~6次産業の高付加価値化に向けて~」を作成いたしました。
公開: 2015-03-03 17:17:57
食料品バリューチェーン推進協議会では、2015年3月3日に東京・品川にて、食料品バリューチェーン新展開構築支援事業の一環として、「6次産業の高付加価値化セミナー ~ブランド化とバリューチェーン~」の全国大会を開催します。
公開: 2015-02-27 09:01:31
食料品バリューチェーン推進協議会では、「6次産業の高付加価値化セミナー ~ブランド化とバリューチェーン~」を開催します。東京・熊本・札幌・滋賀の4会場にて、それぞれ多彩な顔ぶれの講師が講演予定。いずれも参加費は無料。来場者には、ハンドブック『6次産業の高付加価値化~食のバリューチェーン 構築のてびき
公開: 2015-01-26 13:09:23
最新記事
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11
地域ブランド調査2022の結果を徹底分析。第2回目は都道府県の「魅力度の伸びランキング」の結果を紹介。1位は和歌山県、2位は奈良県、3位は福岡県と山形県。上位の都道府県はなぜ魅力度が上昇したのか?
公開: 2022-11-13 22:14:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル