MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(熊本県小国町編)

全国6箇所で農業研修 就農・移住希望者も(熊本県小国町編)

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。

地域の輪に触れ、移住・就農希望も

ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。同事業は、農山漁村への就農・移住促進のため、大都市圏と政令指定都市に住む人を対象にしており、研修内容は一次産業の農業だけにとどまらず、食と農のビジネスに触れ、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。

滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。(終了)

◯研修受け入れ地域
沖縄県糸満市 2020年11月6日(金)~ 11月26日(木)終了/レポート
山口県宇部市 2020年11月9日(月)~11月27日(金)終了/レポート
宮城県登米市 2020年11月16日(月)~12月 4日(金)終了/レポート
熊本県小国町 2020年11月22日(日)~12月12日(土)終了/レポート

◯研修募集終了しました
滋賀県東近江市 2021年 1月12日(火)~ 2月 1日(金)
長崎県大村市 2021年 1月25日(月)~ 2月12日(金)

※各研修は修了後に記事を公開します

小国町の地域づくりは学習と交流で

木魂館(もっこんかん)は、熊本県阿蘇郡小国町の地域づくりの中心地として、全国から地域づくりのリーダーたちが集う。また、シンポジウムやサミット、コンサートなど多彩なイベントの開催地、グランピングの宿泊地としても地域内外の人たちが集まる交流の拠点として人気を集めている。熊本県阿蘇郡ならではの、地域資源を活かした体験・学習プログラムは、多くの学びを得られ、地域と自然と共存する生き方を再発見できる。

小国町での就農・食農体験研修は2020年11月22日~12月12日に開催され、東京、神奈川、福岡の都市部より5名の研修生が参加した。大根や里芋、ほうれん草、小松菜などの農業体験や、空き家見学、起業支援や加工品づくりの講座など、住民との交流を通して、普段の旅行では味わえない「阿蘇の魅力」を学ぶ研修を実施した。また、研修期間中には、小国町長が研修生に小国町の魅力を紹介し、コロナ禍の中ではあるが、温かい小国町の町民性を感じられる内容となった。

研修生の中には、研修期間中に自ら研修実施場所を提案するなど、地域の魅力に触れる中で人とのつながりを強めていった。

また、小国町の協力のもと、移住、定住、就業に向けた様々な支援・サポート制度などについて、地域移住アドバイザーによる具体的なアドバイスなども得られ、移住・就農・農業・食農体験の理解を深める内容となった。

参加した研修生の声「小国町の地熱を使った発電所の施設には驚いた、地域の強みを感じた」
「空き家物件の紹介はとてもよかった。主要観光名所も休みの日に行けた」「3週間の研修期間中に、きちんと休日を入れてくれたのは、よかった。色々自分で見てまわることができた。」「有機野菜を何年も作っている方にもっと話を聞きたい」「熊本の小国町を含め、天草の方々との交流ができて、よかった。」など
研修を受け入れた農家さんの声「今まで思いつかなかったことや、有意義な話があり、とても参考になった」など

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00
2021年1月、政府より緊急事態宣言が発令されたことに伴い、1月25日から実施予定だった長崎県大村市での就農・定住体験研修について、以下のように新型コロナ対策および研修内容の変更を行うこととなりました。ご了承いただき、ぜひご参加をお願いします。
公開: 2021-01-15 13:55:49
市区町村魅力度ランキングで2019年(264位)から2020年(143位)に大幅上昇し、最も魅力度を伸ばした糸満市(沖縄)で、2021年1月23、24日(土日)に、明るい話題を届け笑顔を取り戻してもらえるようにと、心と身体をあったかくさせるイベント「HOTな糸満の日」を開催する。
公開: 2021-01-05 17:24:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は、募集を終了した。
公開: 2020-12-24 16:20:00
一般社団法人日本フードバリアフリー協会(事務局:株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5 代表取締役 田中章雄))は、食のバリアフリー対策に向けてオンラインセミナー「食のグローバルに向けて今やるべきこと~インバウンドが復活するまでがチャンス!~」を3月19日(金)に開催する。
公開: 2021-02-25 18:17:00
「オンラインを活用すれば、これまでとは違った食育の展開が可能になる」、「食育への取り組みは社会や環境への貢献につながる視点が重要」など、新しい時代の食育について考える「食育推進フォーラム2021」が東京の会議室とオンライン配信により開催され、全国から479名(会場とオンライン視聴の合計)が参加しました。
公開: 2021-02-22 11:22:23
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-02-18 13:44:19
宮城県登米市(宮城県北)に位置する伊豆沼農産は、1988年の創業以来、「農業を食業に変える」を企業理念に掲げ、地域6次産業化を基盤にした付加価値型農業を実践する。2004年以降はこれまでの事業に加え、農泊・インバウンドといった都市農村交流を目指し活動している。
公開: 2021-01-26 14:25:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル