MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。

地域団体商標に関する記事

表示順:
特許庁は7月6日、地域名と商品・サービス名を組み合わせた「地域団体商標」制度に関して、「三ケ日みかん」「小鹿田焼」「甲州水晶貴石細工」の3件について商標登録査定を出した。
特許庁は、地域名と商品・サービス名を組み合わせた「地域団体商標」制度に関して、2011年6月末までの出願状況を明らかにした。
能登の食材や器を使った創作料理「能登丼」を提供する飲食店などで作る能登丼事業協同組合(橋本公生理事長)は、「能登丼」の模倣品の乱立を防ぐと同時に、既存の提供店の味向上の努力を促していくために、能登丼の「地域団体商標登録」を特許庁に申請した。
特許庁は6月14日、地域名と商品・サービス名を組み合わせた「地域団体商標」制度に関して、「大門素麺」について商標登録査定を出した。
だだちゃ豆は、江戸時代から山形県鶴岡市の農家が大切に守り生産されてきた枝豆の「在来種」で、鶴岡市で栽培されている。小ぶりで、サヤに細い茶色の毛が生えているため見た目は必ずしも良くないが、独特の甘みと濃厚な風味を持ち、トウモロコシのような香りがあって人気が高く、「枝豆の王様」と称されている。
特許庁は、地域名と商品・サービス名を組み合わせた「地域団体商標」制度に関して、2011年5月末までの出願状況を明らかにした。
特許庁は、地域名と商品・サービス名を組み合わせた「地域団体商標」制度に関して、2011年1月末までの出願状況を明らかにした。
特許庁は1月11日、地域名と商品・サービス名を組み合わせた「地域団体商標」制度に関して、「奥美濃カレー」「出石皿そば」「福山のくわい」について商標登録査定を出した。
地域ブランド調査2
SDGs調査2019
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
観光
表彰

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt