MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
JAPANブランド育成支援事 業の公募開始

JAPANブランド育成支援事 業の公募開始

中小企業庁では、複数の中小企業等が連携して、世界に通用するブランド力の確立を目指す取組みに要する経費の一部を補助し、地域中小企業の海外販路の拡大を支援する事業「平成24年度中小企業海外展開支援事業費補助金(JAPANブランド育成支援事業)」を公募している。応募締切は3月23日。

中小企業庁では、複数の中小企業等が連携して、世界に通用するブランド力の確立を目指す取組みに要する経費の一部を補助し、地域中小企業の海外販路の拡大を支援する事業「平成24年度中小企業海外展開支援事業費補助金(JAPANブランド育成支援事業)」を公募している。応募締切は3月23日。

この事業は、複数の中小企業等が連携して、優れた素材や技術等を活かし、その魅力をさらに高め、世界に通用するブランド力の確立を目指す取組みに要する経費の一部を補助することにより、地域中小企業の海外販路の拡大を図るとともに、地域経済の活性化及び地域中小企業の振興に寄与することを目的とするもの。

補助対象者本補助金の補助対象者は、次の①から⑨のいずれかに該当する者であること。(複数の補助事業者が連携して事業を実施することも可能)

①商工会議所、商工会又は都道府県商工会連合会
②都道府県中小企業団体中央会
③事業協同組合、事業協同小組合又は協同組合連合会
④商工組合又は商工組合連合会
⑤③又は④以外の、法律に規定する組合又は組合連合会であって、地域中小企業の振興を図る事業の実施主体として適当と認められるもの
⑥一般社団法人又は一般財団法人であって、地域中小企業の振興を図る事業の実施主体として適当と認められるもの
⑦特定非営利活動法人であって、地域中小企業の振興を図る事業の実施主体として適当と認められるもの
⑧第三セクター
⑨上記①から⑧に該当する者又は中小企業者を主とする4者以上の連携体


また、次のいずれかの事業を行うものであること。

①戦略策定支援事業地域中小企業が海外販路の拡大を図るため、優れた素材や技術等を活かした製品の魅力を高め、海外のマーケットで通用するブランド力を確立する目的で、参画する中小企業等の共通認識を醸成し、自らの現状を分析し、明確なブランドコンセプトと基本戦略を策定するものであること。
②ブランド確立支援事業地域の中小企業等が海外販路の拡大(注)を図るため、優れた素材や技術等を活かした製品の魅力を高め、海外のマーケットで通用するブランド力を確立するために必要な試作品開発や展示会出展などを行うものであること。
(注)「地域中小企業の海外販路の拡大」とは、海外市場や海外の顧客に向けて地域中小企業の製品の販路を新たに開拓し、または拡大することをいう。国内市場や国内の顧客に向けて地域中小企業の製品の販路を新たに開拓し、または拡大することは海外販路の拡大にはならない。また、地域中小企業の海外販路の拡大を通じて海外から地域に人を呼びこむ取り組みは地域中小企業の海外販路の拡大になるが、地域中小企業の海外販路の拡大を行うことなく単に海外から地域に人を呼び込む取組は地域中小企業の海外販路の拡大にはならない。


応募先は各地の経済産業局。

詳しくは、以下サイトを参照のこと。
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/2012/0229Jbrand-koubo.htm

この記事のライター
関連記事
文化庁は、文化財保護のための資金調達方策や、先端技術による文化財活用の方法、事例を掲載したハンドブックを作成し、同庁ホームページで公開している。
公開: 2020-04-03 10:49:19
農林水産省は全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施。事業者・団体等による地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取組を広く募集し、優れた活動を表彰するもの
公開: 2018-07-22 11:05:29
農林水産省は3月1日、「平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」のうち、輸出に取り組む事業者向け対策事業の実施について、事業実施候補者の公募開始を発表した。事業は5つあり、公募対象は、農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体となっている。事業規模は総額約7億円。
公開: 2016-03-04 16:16:52
中小企業基盤整備機構は「ふるさとプロデューサー育成支援事業」研修生の募集を6月12日から開始する。地域の多くの関係者を巻き込み、地域資源を活かした魅力ある産品を「地域ブランド化」して、域外に販路を広げ、地域へ人を呼び込むことができる取組を中核的に担う人材(ふるさとプロデューサー)の育成を支援する
公開: 2015-06-06 10:53:55
最新記事
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを洗濯してもらった(複数回答)。
公開: 2021-07-14 13:27:40
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを洗濯してもらった(複数回答)。
公開: 2021-07-14 12:11:00
株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役:田中章雄)は、国内の1,000市区町村及び47都道府県の地域名称を対象に、各地域のイメージ形成を把握する大規模消費者調査「地域ブランド調査2021」を7月より開始いたしました。
公開: 2021-07-14 11:13:55
海士町役場人づくり特命担当(島根県隠岐郡海士町)は、2021年8月20日(金)~8月23日(月)の3泊4日、「お試し島留学」を実施。
公開: 2021-07-14 10:34:39

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル