MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
【自治体担当者向け】地域のSDGs推進に関する無料相談会を実施(Zoom・来社)

【自治体担当者向け】地域のSDGs推進に関する無料相談会を実施(Zoom・来社)

ブランド総合研究所では、全国自治体のSDGs・企画・広報等の担当者を対象に、各地のSDGs取組に関するオンライン相談会を実施します(来社も可)。2019年・2020年に実施した「地域版SDGs調査」の結果を元に、各地域が実施すべきSDGs施策についてお話しします。

住民による地域の評価「地域版SDGs調査」の結果を元に、無料相談を受け付けます

全国の自治体で、SDGsへの取組が進められています。しかし、いまだ確立された方法論はなく、地域ごとに解決すべき課題も異なるため、多くの自治体では手探り状態が続いているのではないでしょうか。

ブランド総合研究所では、2019年より、全国47都道府県と主要83市の住民に対して、その地域のSDGs取組への評価や、社会課題などを問う「地域版SDGs調査」を実施しています。

そこで、これらの調査結果をもとに、各地域ごとの住民評価や課題がどうなっているのか、調査結果を各地の施策にどのように活かしていけばよいか、といった点についての相談会を無料開催いたします。

また、過去実施している基本項目に加え、各自治体独自のSDGs取組施策の認知度や満足度、参加意向などの設問を盛り込んだカスタマイズ調査のご相談にも対応いたします。


◆相談会 概要
 ・内容:調査概要、調査結果の見方、施策への活かし方、個別調査のご相談
 ・対象:全国自治体のSDGs推進、企画・政策・広報関連部署のご担当者様
 ・時間:30分~1時間程度
 ・場所:オンライン(Zoom)または弊社オフィスにて

※調査報告書のご購入は必須ではありません
※既に報告書をご購入いただいている場合は、より具体的な結果に即してお話しさせていただきます

※過去の調査で対象となっていない市区町村のご担当者様にもご参加いただけます。ご希望により、別途、追加調査も承ります。

◆お申込、お問合せ先
  ブランド総合研究所 担当:森
  tel : 03-3539-3011 mail : sdgs@tiiki.jp 問合せフォーム

※ 都道府県SDGs調査2020 個別レポートのイメージと分析活用例を、こちらでご紹介しています

地域版SDGs調査とは

日本の各自治体を対象に、実際に居住している住民のSDGs認知度や、個人の悩み・社会への不満が幸福度・定住意欲度等にあたえる影響を調査したものです。

47都道府県を対象に2019年と2020年の2回、主要都市83市(政令市、中核市、県庁所在市)を対象に2020年の1回、それぞれ調査を実施しています。

第2回都道府県SDGs調査2020 調査概要
第1回市版SDGs調査2020 調査概要

 ※各調査の結果は、下記のSDGs調査関連記事一覧からご確認ください

都道府県/市版SDGs調査 関連記事

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
株式会社ブランド総合研究所は、このたび国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2021」を実施しました。その結果、消費者からSDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車で2年連続1位となりました。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「スポーツや文化活動に熱心」等のESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組や「女性が働きやすい企業」等ESG活動を評価する「企業版SDGs調査2020」を昨年実施した。昨年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を実施する(結果の発表は9月上旬)。
株式会社ブランド総合研究所では前年に引き続き第2回目「企業版SDGs調査2021」の調査を開始しました。前年、第1回目の調査を実施・発表したところ、大きな反響があり、今回はそれに続く第2回目の調査となります。
「地域版SDGs調査2021」では、環境や社会の持続につながる「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」のような消費行動・環境行動・社会行動における20項目を示して、該当するものを選択してもらった(複数回答)。
最新記事
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル