MENU
地域ブランド調査2019の結果10月17日正午発表しました
糸満市で「食のバリアフリー」対応の開発商品8品をお披露目!

糸満市で「食のバリアフリー」対応の開発商品8品をお披露目!

ブランド総合研究所は、「平成30年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試⾏プロジェクト」一環で、糸満市観光まちづくり協議会から協力を得て、「食のバリアフリー」対応の開発商品誕生を記念したお披露目イベントを、糸満市のうまんちゅ市場で2018年12月9日(日)に開催いたします。

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区虎ノ門1-8-5、代表取締役:田中 章雄)は、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局より受託した「平成30年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試⾏プロジェクト」として実施している食のバリアフリー事業の一環で、糸満市観光まちづくり協議会から協力を得て、「食のバリアフリー」対応の開発商品誕生を記念したお披露目イベントを、糸満市のうまんちゅ市場で2018年12月9日(日)に開催いたします。



本取り組みの概要

急増しているインバウンドの中には、食に関する規律を持った方(ハラル・ベジタリアンなど)も少なくなく、

速やかに対応をしていく必要があります。また、近年増えているアレルギーを持った方々への対策も、おもてなしとして急務になっています。

糸満市観光まちづくり協議会では、糸満市内の食品関係の事業者および、民泊を受け入れている民家などと協力し、アレルギー物質、動物性食材を一切使用していない、食材等に制限のある人も食べることのできる、地元野菜を中心とした弁当、お惣菜、焼き菓子などを開発。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて展開する「食のバリアフリー」に対応した開発商品の誕生を記念して12月9日に糸満市のうまんちゅ市場にてお披露目イベントを行ないます。

また、今回提供するメニューには、アレルギー特定7品目を含む全13品目について使用表示を義務付けて情報開示を行なうため、消費者の方はその表示を見て自分で選ぶことができます。

飲食店のメニューにも使用食材などの情報を多言語でも公開し、インバウンドを含むたくさんの方に、沖縄の食を楽しんでもらおうというのが、本取組の狙いです。

実施日  12 月9 日(日)午前11時~午後2時


実施場所 ファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」(〒901-0305 糸満市西崎町4丁目20番)


参加事業者 糸満市観光まちづくり協議会




  • NOKOTO パーラー
    (沖縄県那覇市小録1-17-23有限会社丸親建設 代表取締役 新垣正明 )

  • クリスタルLAB
    (沖縄県浦添市伊祖3丁目13-1-101)

  • 株式会社美らイチゴ
    (沖縄県糸満市伊原370番地1)

  • かめさん商店
    (沖縄県糸満市字糸満1496-6)

  • 素泊り民泊「おとまり庵」
    (沖縄県糸満市兼城474-9)


 

開発商品(テスト販売を実施します)

  • お弁当 2種類


地元野菜を中心とした「野菜太巻き弁当」と、野菜でお寿司を表現した「野菜握り寿司風弁当」の2種類。いずれもアレルギー(特定原材料7品目)に配慮している上に、野菜握り寿司風弁当には動物性食材を一切使用していないので、ベジタリアン、ヴィーガン(純菜食主義)、ハラルなど幅広い食文化の方でも楽しんでいただけます。詳細調味料などについては、掲示してある表示で確認する事ができます。




  • 焼き菓子 4種類


小麦粉、砂糖、卵、乳製品不使用のグルテンフリーデトックススコーンとドーナツ。ヴィーガンや小麦・卵・乳アレルギーがある方でも安心して食べていただけます。




  • ヴィーガン対応イチゴアイスと甘酒


牛乳や生クリームの代わりに、甘酒と豆乳ヨーグルトで作ったアイスクリーム。こちらも県産イチゴの酵素ジャムをトッピング。お砂糖不使用の自然の甘みをご堪能ください。


 

試食 (数に限りがあります)

12:00-12:30 いちごのホッと甘酒、焼き菓子 各30食限定


13:00-13:30 いちごのホッと甘酒、焼き菓子 各30食限定


11:00-11:30 いちごのホッと甘酒、野菜太巻き寿司 各60食限定、焼き菓子30食限定


本件に関するお問合わせ

株式会社ブランド総合研究所 杉山


TEL.03-3539-3011 FAX.03-3539-3013


 



本事業は、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により、「平成30年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試行プロジェクト」として実施されています。 また、2020年に向けた機運を盛り上げるとともに、2020年以降のレガシーを創出する「beyond2020プログラム」に認証されています。

この記事のライター
関連記事
食物の摂取による「アレルギー」とは、食物を摂取した際に身体が食物(に含まれるタンパク質)を異物として認識し、自分の身体を防御 するために過敏な反応を起こすことを食物アレルギーと呼ぶ。2019年7月5日、「アレルギー物質を含む食品の表示について(第56回消費者委員会食品表示部会 説明資料)」において「平成29年「即時型食物アレルギーによる健康被害の全国実態調査」」の結果として、食物アレルギーの原因食物の割合結果が報告され、「木の実」類への表示義務について方針が公表された。
公開: 2019-10-09 17:18:33
東京の木場公園にて2019年9月29日(日)にヴィーガングルメ祭りが開催される。当日は、肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜(+白砂糖)を使用せず、体に優しく、安心・安全な食材を使った屋台が並ぶ。本イベントは、東京開催の次に名古屋・京都にて開催予定。
公開: 2019-09-27 15:54:32
成田空港を活用した県内経済の発展を目指し成田空港活用協議会は、2019年9月27日(金)にセミナーを開催する。2020年東京オリパラに向けて増加している訪日旅行客の中には、宗教上の制約(ハラール)や健康上の制約(ベジタリアン等)といった食に制限がある人も訪れ、国際空港、東京ディズニーランドをもつ「ちば」は、食のグローバル化を目指す
公開: 2019-09-20 16:36:55
ラグビーW杯の開催が9月に迫り、各地では受入準備を進めているが、リーグ の開催会場の1つである大分市では、ベジタリアンセミナーを開催。別府市で は立命館アジア太平洋大の学生団体「ベジらる(Vegelal)」が、ベジ タリアン、ビーガン、ムスリム向けの料理を提供する市内飲食店をまとめたリ ーフレットを作り、住民や観光客にPRもおこなっている。
公開: 2019-08-05 14:04:51
日本のインバウンド受け入れ課題は、宿泊施設の不足だけでない、食のバリアに対応する飲食店の不足が問題視されている。日本の「食のおもてなし」対応はどこまで進められるのか。一般社団法人日本フードバリアフリー協会はインバウンドや多様な食のバリアへの対応として、市場規模や動向を学ぶ基礎講座やハラル、ベジタリアン、食物アレルギーなどの各専門研修を開催する。
公開: 2019-08-01 13:32:58
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。
公開: 2019-10-17 12:00:00
全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来11年連続での1位という結果となりました。
公開: 2019-10-17 12:00:00
市区町村の魅力度結果は、函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。2位は前年3位の札幌市、3位は前年2位の京都市となっています。
公開: 2019-10-17 12:00:00
千葉県我孫子(あびこ)市は初の情報紙(リーフレット)「住み替えあびこナビ」を1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川県)の賃貸集合住宅や都内オフィスなどで7万部配布し、我孫子市への住み替えをねらう
公開: 2019-10-15 13:38:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第8回は関東地方・茨城県から。
公開: 2019-10-11 09:58:10

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ