MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
1月22日(水)静岡市で地域産品の高付加価値化に関する無料相談会を開催

1月22日(水)静岡市で地域産品の高付加価値化に関する無料相談会を開催

2014年1月22日(水)、静岡県静岡市の静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)にて実施される「ふじのくに総合食品開発展2014」において、知的財産発掘・活用推進協議会による個別相談会を開催いたします。農林水産業・畜産業分野における産品の知的財産の取組みやブランド化の取組みなど、産品の

2014年1月22日(水)、静岡県静岡市の静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)にて実施される「ふじのくに総合食品開発展2014」において、知的財産発掘・活用推進協議会による個別相談会を開催いたします。農林水産業・畜産業分野における産品の知的財産の取組みやブランド化の取組みなど、産品の高付加価値化を目指す団体(事業者)を対象とした、無料の相談会となります。

□■開催趣旨■□
全国各地で、食や農林水産物を対象として6次産業化やブランド化等の取組が活発に行われています。しかしならが、取り組む団体の多くが独自に活動を行っており、十分に整理・情報の適切なマッチングが出来ていないのが現状です。

本相談会では、地域の産品を守る(知財化)取組や、ブランド化の取組など、産品の高付加価値化についての相談に無料で対応します。
さらには、地域ブランド産品データベース※についても紹介し、知的財産発掘・活用推進協議会において今年度末から本格運用されるデータベースの登録方法(知的財産発掘・活用推進協議会入会方法)等をご説明します。

※地域ブランド産品データベースわが国の特徴的で高品質な産品を守り、広く活用する機会を作り上げることを目的に、全国各地の地域ブランドを統一的なフォーマットで整理し、地域ブランドの継続的な発展につなげていく仕組(地域ブランド産品データベース:約2,000件)


□■開催概要■□
日時 : 2014年1月22日(水)11:00〜14:00(予定)
場所 : 静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)
静岡県静岡市駿河区池田79-4(JR東静岡駅下車、南口より徒歩3分)
相談対応:㈱コミュニティブレインズ 代表取締役 清水一徳 氏
※事前の予約は不要です。当日は、時間内に相談コーナーまでお越しください。


【申込・お問合せ先】
開催チラシはこちらからダウンロードできます。


株式会社ブランド総合研究所 【担当:森、轟(とどろき)】
電話:03-3539-3011   FAX:03-3539-3013
メール:nousui@tiiki.jp  HP:http://www.chizaicouncil.org/

この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
最新記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル