MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
本田技研工業埼玉製作所2,000人でクラッカー、ギネス世界記録更新

本田技研工業埼玉製作所2,000人でクラッカー、ギネス世界記録更新

本田技研工業は、2015年12月6日埼玉製作所(狭山、小川、寄居)で地域住民参加型のイベント「ウィンターフェスティバル」を開催し、イベントの一環でギネス世界記録への挑戦を行い、新たに世界記録を達成した。

本田技研工業株式会社 埼玉製作所は、2015年12月6日埼玉製作所(狭山、小川、寄居)で地域住民参加型のイベント「ウィンターフェスタ」を開催し、イベントの一環でギネス世界記録への挑戦を行い、新たに世界記録を達成した。

今回挑戦したギネス世界記録は、パーティクラッカーを同時に鳴らす人数を競う「Most people popping party poppers」。
これまでの世界記録は1,537人と大きな記録となっているが、当日参加したのは社員やその家族、そして地域の住民、計1,957人が集まった。

これだけの人数になると、人数を計測するために入場だけで1時間30分程度の時間がかかってしまい、更に気温も下がる一方ではあったが、途中で棄権した人はおらず、全員で挑戦することができた。

そして、審査にたちあったギネス世界記録公式認定員から「3,2,1,Go!」のスタートの合図にあわせクラッカーが鳴らされる。
合図から5秒以内に鳴らさなければならず、それ以降に鳴らしてしまった人や、クラッカーが破裂しなかった人は失格となる。

最後に全員のクラッカーが1つ1つチェックが行われ、公式認定員から発表された人数は「1,944人」、本田技研工業株式会社 埼玉製作所と地域の住民が協力して新たなギネス世界記録を達成した。

記録名:「Most people popping party poppers」(同時にパーティークラッカーを鳴らした最多人数)
記録:1,944人
認定日:2015年12月6日

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター/アナリスト)

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
セルフ型アンケートツール「freeasy」を運営するアイブリッジ株式会社が開催するオンラインセミナー(zoom live)に、弊社ブランド総合研究所 代表取締役 田中章雄が、登壇します。
公開: 2020-09-25 12:24:30
農林水産省の「地域活性化対策・人材発掘事業」の一環として、農村地域への移住促進と活性化のために食農体験を活用した就農体験・定住体験をする人を募集。参加料、交通・宿泊費は原則無料で定員30名を募集します。就農や移住定住希望の方はご参加ください
公開: 2020-09-15 15:31:55
2020年9月7日(月)、東京アンテナショップ連絡会主催で「東京アンテナショップ連絡会 inふくい南青山291」が開催され、各自治体アンテナショップの情報交換の場として、各アンテナショップの担当者が集まりました。
公開: 2020-09-08 13:25:00
国内1000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域の一般消費者によるイメージ形成について調査する「地域ブランド調査2020」を今年6月から7月にかけて実施。10月中旬に予定している結果発表に先立ち、同調査の特設ページを開設いたしました。
公開: 2020-08-27 14:50:00
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ