MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
沖縄県「わしたショップ」が2月に有楽町・交通会館に移転

沖縄県「わしたショップ」が2月に有楽町・交通会館に移転

1994年にオープンし、アンテナショップブームの火付け役となり、長年愛されてきた沖縄県のアンテナショップの「わしたショップ」が現店舗を1月に閉店し、2月より有楽町の交通会館1階に移転することが明らかになった。

沖縄県「わしたショップ」の移転先は、有楽町交通会館1階

沖縄県アンテナショップの「銀座わしたショップ本店」は、1994年に開店し、観光情報の発信にとどまらず、歴史文化なども発信する沖縄物産の有名店。沖縄の市場を感じさせる店内には約4000アイテムを揃えるなど、銀座一丁目の好立地に加えて店舗面積も広く利用客もあとを絶たない。

しかし、長年愛されてきた現店舗を2023年1月に閉店し、新たに2月に有楽町・交通会館1階にオープンすることが分かった。同店を運営するのは沖縄県物産公社で、新型コロナウイルス感染の影響で業績が低迷したことから、移転によって賃料の軽減を目指し、財務の改善を図る。
なお、現店舗の面積は約500平米あるが、新店舗は現時点では詳細は未発表であるが、店舗面積はこれまでのおよそ半分程度とみられる。

最新の情報は「銀座わしたショップ本店」のホームページを参照のこと。
銀座わしたショップ本店ホームページ

現時点では詳細は未定だが、来年2月上旬に移転先で新店舗をオープンする予定とのこと。
※写真は東京交通会館内に掲示されている移転について知らせる張り紙

【ご案内】アンテナショップ利用実態調査について

弊社では、東京都内にある全国の道県のアンテナショップに対して、その利用実態を明らかにする「アンテナショップ利用実態調査」を実施し、アンテナショップの見えない価値を見える化できるよう取り組んでおります。


<第6回アンテナショップ利用実態調査2022調査概要> 
20歳~79歳の男女を対象に、2022年9月9日から11日にかけてインターネットで調査を実施し、首都圏(1都3県に住む計20,000人を対象として実施し、男女および年代(60歳~79歳は「60代以上」とした)別にそれぞれ均等に回収しました。ただし、不完全回答など信頼性の低い回答を除く計19,917人の有効回答をもとに分析しました。
調査対象は東京都にある、道県のアンテナショップで34店。市町村や一般企業が事業主体となっている店舗は対象外としました。
回答者には、それぞれの店舗への訪問経験や、商品の購買経験、併設している飲食店の利用経験などについて聞くとともに、今年度から新たにアンテナショップが運営しているECサイト(ネット通販)の利用経験や、アンテナショップに望むことなどの設問を加えました。

詳細は以下のパンフレットをご参照ください
アンテナショップ調査2022

〈お問い合わせ〉

〈お問い合わせ〉
株式会社ブランド総合研究所
Tel. 03-3539-3011(代) Fax.03-3539-3013
お問い合わせフォーム:https://www.tiiki.jp/company/contact.html

この記事のライター
関連記事
20年間青山で営業してきた福井県のアンテナショップが9月末で閉店。リニューアル後の新アンテナショップが銀座に2月下旬にオープンするまでの間の期間限定ショップ「Limited Store 291」が10月20日に開館。6フロア構造の期間限定とは思えない本格的な店舗だ
公開: 2022-11-11 08:33:11
コロナ禍対策の「全国旅行支援」が人気を集めているが、各地の特産品やご当地グルメなどが手軽に楽しめる「都道府県のアンテナショップ」でも、30%OFFクーポンなどを利用したお得なキャンペーンが続々と登場している。
公開: 2022-11-09 09:38:24
来店率1位は北海道どさんこプラザ。若い人が多い秋田、女性が多い栃木
公開: 2022-10-08 10:20:37
ひろしまブランドショップ「TAU」 新装オープンの前夜祭を令和4年3月17日(木)19:30からオンラインにて生配信する。
公開: 2022-03-15 11:06:30
奈良県商工会連合会は、令和4年3月19日(土)から21日(月・祝)の3日間、東京・新橋の奈良まほろば館(東京都港区新橋1丁目8-4 SMBC新橋ビル1F)にて、「アフターコロナに向けた『奈良まほろば館』事業PRイベント」を開催する。
公開: 2022-03-15 10:52:52
最新記事
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23
地域ブランド調査2022で、市区町村の「魅力度ランキング」で1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市となった。そこで今回は魅力度上位の市区町村について分析する。
公開: 2022-11-17 12:32:01
水産庁は生産、加工・流通、輸出入の事業者や団体による協議会が、水産物の輸出を確実に実施できる体制(輸出バリューチェーン)に改善する取り組みを支援する事業の募集を開始した。
公開: 2022-11-16 15:23:11

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル