MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
鳥取市でキャラクター「かつ江さん」公開中止

鳥取市でキャラクター「かつ江さん」公開中止

鳥取市が今年9月に開催する「山城サミット」の籠城戦マスコットキャラクターとして、7月7日にホームページ上で公開した「かつ江さん」の公開を中止した。1581年の羽柴秀吉軍による鳥取城の兵糧攻め「渇え(かつえ)殺し」をテーマに考案されたもの。

鳥取市が今年9月に開催する「山城サミット」の籠城戦マスコットキャラクターとして、7月7日にホームページ上で公開した「かつ江さん」の公開を7月9日に中止した。

「かつ江さん」は1581年の羽柴秀吉軍による鳥取城の兵糧攻め「渇え(かつえ)殺し」をテーマに考案されたもの。ボロボロの着物を着た女性が、カエルを手に苦しんでいる様子をモチーフにしている。

鳥取大地震の翌年の1939(昭和19)年に、旧鳥取藩主池田家が大地震の復興に立ち向かう市民を勇気づけるために鳥取城を鳥取市に寄贈してから、今年が70周年を迎える。これを機に鳥取市で「第21回全国山城サミット鳥取大会」を開催することとしたが、そのマスコットキャラクターを公募した際に、最優秀賞として「とりのじょう」が選ばれたが、同時に「かつ江さん」が次点に選ばれた。鳥取市では「通常は織田方の羽柴秀吉と、毛利方の吉川経家という、武将の戦いとして扱われることが多く、その戦いに巻き込まれた一般の住民たちの姿が描かれることはわずかでした。『かつ江さん』は、この戦いに巻き込まれた毛利方でも織田方でもない、一般の住民を書いたキャラクター」として、鳥取城籠城戦のマスコットキャラクターとして採用することとした。

ホームページで公開すると、そのインパクトの強さから瞬く間に数万件を超えるアクセスが殺到したが、同時にネット掲示板やツイッターなどで「悲劇を茶化している」などの批判的な意見が噴出した。

また、同キャラクターの取扱説明書の中には「他の人を不快にさせ、または傷つけるために公式画像あるいは二次創作物を使うことはできません」と明記しているが、「かつえという特定の人物を指す使われ方をされる恐れもある」などの考えもあり、「利用規約等の再確認のため、いったん公開を中止」(鳥取市)することとなった。

参考: 全国山城サミット鳥取大会(鳥取市)

 

 

この記事のライター
関連記事
蒜山酪農農業協同組合(岡山県真庭市)は、濃厚さとコクが特徴の蒜山ジャ ージー乳の良さを生かし、こだわりの製法で特別につくった「濃厚ぷりん」 と「濃厚ぱんな・こった」を開発。 2020年1月17日(金曜日)から2020年2月15日(土曜日)まで期間限定、 数量限定の完全予約販売です。
公開: 2020-01-17 16:43:30
奥出雲町観光協会(島根県仁多郡奥出雲町)と三成本町通り商店会は、「恋い」をテーマにした短歌を募集する「第6回短歌で詠む【恋いうた】」キャンペーンを開催する。入賞作品は行燈に貼り、町内のお祭り「三成えびす祭り」「三成愛宕祭り」「お盆」で展示される。応募期間は2017年5月10日(水)から6月10日
公開: 2017-05-11 16:31:47
近年、全国の道の駅や農産物直売所、体験ファームなどで、食にまつわる体験が地域住民や観光客を感動させ、日本各地で人気を集めています。平成29年1月26日(木)山口県宇部市の万倉ふれあいセンター 多目的ホールで食農体験セミナーin宇部市が開催されました。
公開: 2017-02-02 10:36:45
2016年5月21日、広島県福山市にある緑町公園で新たなギネス世界記録が誕生しました。
公開: 2016-05-23 15:04:04
今年で3回目を迎える、ひろしま安芸高田神楽の東京公演。1月18日(土)に日本青年館 大ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町)で開催される。
公開: 2013-12-27 00:24:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する“日本初”となる「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-03-29 10:00:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
公開: 2021-03-26 15:58:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル