MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
2/25首都圏アンテナショップ活性化セミナー2020

2/25首都圏アンテナショップ活性化セミナー2020

2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る

ウイズコロナでのアンテナショップの可能性

本セミナーでは、2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果などについて解説する。

この調査は450万人の調査モニターの中から首都圏在住者18~79歳の男女を抽出し、インターネットで調査を実施。集まった17,000人の回答をもとに、東京に出店している34の道県アンテナショップへの来店や、商品購入や飲食の利用実態などを算出した。

その結果と、昨年までの結果と比較することで、新型コロナによる影響を明らかにするとともに、出店エリア、年齢や性別などの回答者属性などによってどのように異なっているかなどの分析結果を紹介する。また、各店や出店エリア別の状況やポジショニングなどの分析の一部も披露する。

そのうえで、新しい時代の生活様式に対応したアンテナショップの課題や在り方、そして今後のアンテナショップの活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などについて、一緒に検討する場として、ぜひご出席&ご活用ください。

左は東京にある34の道県のアンテナショップについて、利用者の女性比率(横軸)と平均年齢(縦軸)によるグラフで作成したポジショニング・マップ。
グラフの右側に位置するほど女性比率が高く、左側に位置するほど男性比率が高い。また、上方に位置するほど平均連例が高い、すなわち年配者の利用が多く、下方に位置するほど若い人の利用が多いことを意味する。
また、出店エリア(色分け済み)によって男女比率や平均年齢に違いがあることがわかる。

開催概要

開催日:  2021年2月25日(木)15:00~17:00
実施方法: 会場 および オンライン(Zoom)で同時開催 
     (オンライン申込者は別途リンク先をお送りします)
実施場所: ふくい南青山291(福井県アンテナショップ) 2階大会議室 (港区南青山5-4-41)
対 象:  首都圏アンテナショップの管理・運営・広報・出品などに関わる人
定 員:  会場30名、オンライン100名まで(先着順)
参加費: 1店舗・事業者当たり、5,000円(税別)
     ※参加者には「調査結果ダイジェスト」をお渡しします(1社複数名参加の場合は1冊のみ)
     会場・オンライン参加費も同額。1事業者当たり複数の出席が可能です)
支払方法:会場にて現金または、口座振込(請求書支払)
申込フォーム:申し込みフォーム(google)
申し込み締切り:2021年2月24日(水)12:00まで
主催: アンテナショップ研究会
事務局: 株式会社ブランド総合研究所

※「アンテナショップ調査2020」報告書のご案内
発行日: 2020年12月
納品物: 報告書(A4判両面カラー印刷30ページ程度の冊子、およびPDFデータで納品)
販売価格:55,000円(税込、報告書購入者は、本セミナーに無料招待)
納品日: お申込みから数日で納品
個別分析:別途承ります(お問い合わせください)

開催内容

第1部: 2020年、首都圏アンテナショップの現状について
   各店へのアンケートやヒアリングの結果から
   株式会社ブランド総合研究所代表取締役社長 田中章雄
 
第2部: アンテナショップ利用実態調査2020 結果発表
   ~首都圏在住の男女約17,000人によるアンテナショップの利用実態
   ①出店エリア別、男女別、年齢別での状況分析
   ②各店のポジショニングマップ分析
   ③飲食部門の利用状況分析
   ④新型コロナの影響度分析
 
 第3部: 新型コロナ時代の売上拡大について
   ①首都圏アンテナショップ野外マルシェ
   ②共通ポータルECサイト など

第4部: 情報交換、個別相談
   ①出席者による名刺交換
   ②希望者による個別相談

※会終了後(17:00~19:00)に、希望者により「情報交換会(サロン)」を実施します
 参加費用は各自、自己負担とさせていただきます。 



【問い合わせ】
   株式会社ブランド総合研究所(東京都港区虎ノ門1-8-5) 
   担当: 山崎、菅波
   Email: project★tiiki.jp(★を@に変更してご連絡ください)
   電話番号:03-3539-3011 
   FAX:03-3539-3013 

この記事のライター
関連記事
1994年にオープンし、アンテナショップブームの火付け役となり、長年愛されてきた沖縄県のアンテナショップの「わしたショップ」が現店舗を1月に閉店し、2月より有楽町の交通会館1階に移転することが明らかになった。
公開: 2022-11-11 22:09:46
20年間青山で営業してきた福井県のアンテナショップが9月末で閉店。リニューアル後の新アンテナショップが銀座に2月下旬にオープンするまでの間の期間限定ショップ「Limited Store 291」が10月20日に開館。6フロア構造の期間限定とは思えない本格的な店舗だ
公開: 2022-11-11 08:33:11
コロナ禍対策の「全国旅行支援」が人気を集めているが、各地の特産品やご当地グルメなどが手軽に楽しめる「都道府県のアンテナショップ」でも、30%OFFクーポンなどを利用したお得なキャンペーンが続々と登場している。
公開: 2022-11-09 09:38:24
来店率1位は北海道どさんこプラザ。若い人が多い秋田、女性が多い栃木
公開: 2022-10-08 10:20:37
ひろしまブランドショップ「TAU」 新装オープンの前夜祭を令和4年3月17日(木)19:30からオンラインにて生配信する。
公開: 2022-03-15 11:06:30
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル