MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
連載・ご当地世界一 〜第19回・山梨県〜

連載・ご当地世界一 〜第19回・山梨県〜

様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第19回は山梨県から。

Largest gathering of armoured samurai(bushi) (サムライの最多集合)

"風林火山"でおなじみの戦国武将、武田信玄の領国・甲斐国は現在の山梨県。JR甲府駅前には信玄公の像が立ち、武田家の館跡である武田神社や、風林火山の軍旗が残されている恵林寺といった史跡があるなど、信玄は現在でも山梨の誇るスーパースターだ。

そんな武田信玄の命日である4月12日の前後に行われているのが、信玄公祭りというイベント。1970年から続くこの祭りの目玉は、信玄公の騎馬行列を再現したパレードで、地元企業や議員団

2012年には、サムライ(着物を着て刀を差すなど武装している状態)が一か所に集まった人数として世界最多となる1,061人がギネス世界記録に認定されている。


詳細記事はこちら

ギネスワールドレコーズでの紹介記事はこちら

記録保持者:信玄公祭り実行委員会
記録認定日:2012年4月7日
場所:甲府市

Heaviest plum (最も重いスモモ)

果物栽培が盛んな山梨県は、スモモの生産量も国内シェア3割以上でトップ。なかでも、県西部の南アルプス市は、寒暖差が大きく土壌の水はけがよいという条件が揃い、県内屈指の果物産地だ。スモモの栽培の歴史も古く、江戸時代には、この地で栽培されていた記録が残っている。

そんな南アルプス市で生まれた品種が、大玉スモモの「貴陽(きよう)」。1996年に品種登録されたもので、平均的に200g前後、大きいものは桃と同程度の300gほどになる。栽培には細心の注意と手間がかかるが、食感がジューシーで甘みが強く、高級スモモとして扱われている。

2012年に栽培されたスモモは重さ323.77グラム(直径28.1センチメートル、高さ7.3センチメートル)となり、世界一思いスモモとして、ギネス世界記録に認定されている。

詳細記事はこちら

記録保持者:JAこま野(現:JA南アルプス市)
記録認定日:2012年7月24日
場所:南アルプス市

Largest grape spitting competition (最大のぶどう飛ばし大会)

続いても果物の世界一。すももと並んで山梨県の収穫量が日本一となっているのが、ぶどう。世帯当たりの年間支出金額も6,000円を超え日本一だ。

県内の産地としては、甲府市や南アルプス市、笛吹市などがあるが、なかでも”勝沼ぶどう郷駅”を有する甲州市の勝沼地区が有名だろう。ワイン貯蔵庫やレストランのある観光宿泊施設「ぶどうの丘」や、数多くの観光農園で果物狩りを楽しめる、「フルーツとワインの都」である。

毎年秋には、ぶどうの収穫への感謝を原点とする、甲州市かつぬまぶどうまつりを開催している。甲州ぶどう・ワインの無料サービスや、神輿、ステージイベントなどを楽しめるまつりで、中でも、全国から挑戦者が訪れるという”ぶどうの皮とばし大会”は、毎年白熱する人気イベント。2014年には、ギネス世界記録に挑戦する「ぶどう飛ばし大会」として、891人が協議に参加し、世界一に認定されている。

詳細記事はこちら

ギネスワールドレコーズでの紹介記事はこちら


記録保持者:甲州青年会議所
記録認定日:2014年10月4日
場所:甲州市

山梨県の3つの世界一、いかがでしたでしょうか。

さて、次回は、長野県の世界一を特集します。

第18回・福井県の記事はこちら


※ご紹介している記録は、各認定日時点での世界一です。現在は更新されている可能性があります。

この記事のライター
関連記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
2021年3月21日、黒部市国際文化センターコラーレ(富山県黒部市)で開館25周年を祝う記念イベントとして、「塗り絵」を3,166枚並べて列を作り、ギネス世界記録を達成した。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第20回は長野県から。
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第18回は福井県から。
新型コロナウイルスの影響で、外出自粛を余儀なくされて早数ヶ月。楽しみにしていたイベントは軒並み中止で、みんなで集まって楽しめる日はいつ来るのやら・・・そんな寂しい思いをしている皆さん、オンラインで力を合わせて世界記録にチャレンジしてみませんか!?
最新記事
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を開催し、2022年1月21日(金)表彰式を開催しました。
ブランド総合研究所は前年に引き続き、第2回目となる「関係人口の意識調査2022」を実施しました。調査結果は2月中旬に発表予定で、調査報告書の申込みの受付を開始しました。
2022年2月21日(月)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムをオンラインで開催いたします。(主催:農林水産省)
農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、付加価値を生み出すことで所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、生産者と消費者の結び付きを通じた地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しました。 令和3年度の6次産業化・地産地消優良事例集が発表されましたのでお知らせします。
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル