MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
最重のプラム、南アルプス市からギネス世界記録誕生

最重のプラム、南アルプス市からギネス世界記録誕生

平成24年7月24日、山梨県南アルプス市の桃源文化会館で、「最も重いプラム(Heaviest Plum)」のギネス世界記録への挑戦が行われた。当日は、南アルプス市内の農家で栽培された選りすぐりの「貴陽(きよう)」という品種のスモモが集められ、最も重かった323.77グラムのスモモが記録に認定された。

平成24年7月24日、山梨県南アルプス市の桃源文化会館で、「最も重いプラム(Heaviest Plum)」のギネス世界記録への挑戦が行われた。当日は、南アルプス市内の農家で栽培された選りすぐりの「貴陽(きよう)」という品種のスモモが集められ、ギネスワールドレコーズ社のカルロス・マルティネス公式認定員の立会いの下、計量を実施。中でも最も重かった323.77グラムのスモモが「最も重いプラム」として見事ギネス世界記録に認定された。

[caption id="attachment_1156" align="alignleft" width="225" caption="計量するカルロス認定員"][/caption]

この挑戦を企画したのは、「南アルプス市」。平成15年に我が国初のカタカナ名として注目され、誕生した自治体で記憶に新しい。

 

「貴陽(きよう)」というスモモの品種は、同市の農業生産者である故高石氏が開発し、品種登録したもの。通常のスモモ栽培に比べ非常に手間がかかり、専業農家でなければ育てることすら難しいという貴重な品種だ。その分、味は格別で、桃とスモモを合わせたような甘みと酸味を楽しめる。主に高級デパートで贈答用の商品として販売され、通常サイズ(200グラム程度)で1個あたり500円以上という高値で販売されている。

 

今回の「最重のプラム(Heaviest Plum)」という挑戦カテゴリーは、南アルプス市の挑戦の申請によって、ギネスワールドレコーズ社が新設し、世界に挑戦の門を開いたものである。「貴陽」は現在でこそ日本全国で栽培が行われているが、南アルプス市には開発の地としての自負がある。山梨県はスモモの生産が日本一(年間の出荷量は7800トン)だが、その半分以上を南アルプス市が占めている。なかでも貴重品種の「貴陽」は市内の生産者にとっての誇りであり、「“南アルプス市といえば『貴陽』”と言われるように世界にアピールしていきたい」という想いのなかで、今回の挑戦への取組みを進めてきた。

 

「貴陽」の開発に力を注いだ南アルプスの農業生産者をはじめ同市民は、挑戦心あふれる、創造的な人々。ギネスワールドレコーズの精神「挑戦」とも合致しており、南アルプス市がギネス世界記録挑戦を企画したのは当然なのである。

 

認定イベント当日、スモモの品種間食べ比べなどが行われ会場が盛上る中、その日収穫したばかりの大きな「貴陽」3つが選ばれ、公式認定員の前に並べられた。300グラムを超えれば世界一と認められるという条件のもと、ひとつひとつ秤に乗せられ、高さや周囲の長さなども慎重に計測。最も重かった323.77グラムの「貴陽」が、見事ギネス世界記録に認定されたのだ。認定証はその場で南アルプス市の中込市長に贈呈。市長は「今後は、世界に向けて売りまくっていきたい」と今後の抱負について語った。

[caption id="attachment_1158" align="alignleft" width="300" caption="世界一になった貴陽"][/caption]

ギネスワールドレコーズ地域活性化委員会でも、世界の市場に日本の地域産品をアピールする、そんな地域の取り組みを、ギネス世界記録の挑戦を通じて、積極的に応援していきたい。

 

参考情報:南アルプス市ウェブサイト

 

この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル