MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
最重のプラム、南アルプス市からギネス世界記録誕生

最重のプラム、南アルプス市からギネス世界記録誕生

平成24年7月24日、山梨県南アルプス市の桃源文化会館で、「最も重いプラム(Heaviest Plum)」のギネス世界記録への挑戦が行われた。当日は、南アルプス市内の農家で栽培された選りすぐりの「貴陽(きよう)」という品種のスモモが集められ、最も重かった323.77グラムのスモモが記録に認定された。

平成24年7月24日、山梨県南アルプス市の桃源文化会館で、「最も重いプラム(Heaviest Plum)」のギネス世界記録への挑戦が行われた。当日は、南アルプス市内の農家で栽培された選りすぐりの「貴陽(きよう)」という品種のスモモが集められ、ギネスワールドレコーズ社のカルロス・マルティネス公式認定員の立会いの下、計量を実施。中でも最も重かった323.77グラムのスモモが「最も重いプラム」として見事ギネス世界記録に認定された。

[caption id="attachment_1156" align="alignleft" width="225" caption="計量するカルロス認定員"][/caption]

この挑戦を企画したのは、「南アルプス市」。平成15年に我が国初のカタカナ名として注目され、誕生した自治体で記憶に新しい。

 

「貴陽(きよう)」というスモモの品種は、同市の農業生産者である故高石氏が開発し、品種登録したもの。通常のスモモ栽培に比べ非常に手間がかかり、専業農家でなければ育てることすら難しいという貴重な品種だ。その分、味は格別で、桃とスモモを合わせたような甘みと酸味を楽しめる。主に高級デパートで贈答用の商品として販売され、通常サイズ(200グラム程度)で1個あたり500円以上という高値で販売されている。

 

今回の「最重のプラム(Heaviest Plum)」という挑戦カテゴリーは、南アルプス市の挑戦の申請によって、ギネスワールドレコーズ社が新設し、世界に挑戦の門を開いたものである。「貴陽」は現在でこそ日本全国で栽培が行われているが、南アルプス市には開発の地としての自負がある。山梨県はスモモの生産が日本一(年間の出荷量は7800トン)だが、その半分以上を南アルプス市が占めている。なかでも貴重品種の「貴陽」は市内の生産者にとっての誇りであり、「“南アルプス市といえば『貴陽』”と言われるように世界にアピールしていきたい」という想いのなかで、今回の挑戦への取組みを進めてきた。

 

「貴陽」の開発に力を注いだ南アルプスの農業生産者をはじめ同市民は、挑戦心あふれる、創造的な人々。ギネスワールドレコーズの精神「挑戦」とも合致しており、南アルプス市がギネス世界記録挑戦を企画したのは当然なのである。

 

認定イベント当日、スモモの品種間食べ比べなどが行われ会場が盛上る中、その日収穫したばかりの大きな「貴陽」3つが選ばれ、公式認定員の前に並べられた。300グラムを超えれば世界一と認められるという条件のもと、ひとつひとつ秤に乗せられ、高さや周囲の長さなども慎重に計測。最も重かった323.77グラムの「貴陽」が、見事ギネス世界記録に認定されたのだ。認定証はその場で南アルプス市の中込市長に贈呈。市長は「今後は、世界に向けて売りまくっていきたい」と今後の抱負について語った。

[caption id="attachment_1158" align="alignleft" width="300" caption="世界一になった貴陽"][/caption]

ギネスワールドレコーズ地域活性化委員会でも、世界の市場に日本の地域産品をアピールする、そんな地域の取り組みを、ギネス世界記録の挑戦を通じて、積極的に応援していきたい。

 

参考情報:南アルプス市ウェブサイト

 

この記事のライター
地域ブランド調査2019(総合)
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。 滋賀県東近江市、長崎県大村市は11月中旬より募集を開始した。
公開: 2021-01-20 12:56:00
日本橋、銀座などをはじめ、東京には道府県のアンテナショップが34店もひしめき合っています。今回、第4回目となる「アンテナショップ利用実態調査2020」を首都圏在住の約17,000人の回答を集めて実施。アンテナショップの利用実態としてまとめました。
公開: 2021-01-19 09:46:00
2021年2月16日(火)に食育に関心のある方を対象とした、参加費無料のフォーラムを開催いたします。オンラインセミナー(ウェビナー)も同時開催します。(主催:農林水産省)
公開: 2021-01-18 09:57:21
2020年に実施した「アンテナショップ実態調査2020」の結果をもとに、新型コロナの影響や出店エリア別の女性比率や平均年齢などについて解説。 新時代のアンテナショップの課題や、活性化に必要な「連携」や「発信」、「機会創出」などの方向性を探る
公開: 2021-01-13 13:44:19
ブランド総合研究所では、全国自治体のSDGs・企画・広報等の担当者を対象に、各地のSDGs取組に関するオンライン相談会を実施します(来社も可)。2019年・2020年に実施した「地域版SDGs調査」の結果を元に、各地域が実施すべきSDGs施策についてお話しします。
公開: 2021-01-13 13:43:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
食農体験ネットワーク協議会
研修生募集
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
サブスク
食農体験ネットTaabel
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル