MENU
地域ブランド調査2019の結果10月17日正午発表しました
新ご当地グルメ「岡崎まぜめん」登場/愛知

新ご当地グルメ「岡崎まぜめん」登場/愛知

愛知県岡崎市で市内の特産品「八丁味噌」を活用した創作ご当地グルメ「岡崎まぜめん」を普及させようと岡崎まぜめん会(事務局:岡崎市康生通南、実行委員長:つけめん舎 一輝 杉浦正崇)が発足した。

愛知県岡崎市で市内の特産品「八丁味噌」を活用した創作ご当地グルメ「岡崎まぜめん」を普及させようと岡崎まぜめん会(事務局:岡崎市康生通南、実行委員長:つけめん舎 一輝 杉浦正崇)が発足した。

平成28年の岡崎市・市制100周年を契機に、市内の飲食店が中心となり、新しい市の名物を創っていくプロジェクトとして始まったのが「岡崎まぜめん」の取り組み。様々な人々が繋がることを「まぜる」ことと称して、岡崎の伝統的名産品である「八丁味噌」を使い、新しいご当地グルメを作り出した。

「岡崎まぜめん」には、八ヶ条からなる定義があり、八丁味噌を使用しなければならないほか、ナタネを炒ってから搾油する赤色をした油・ナタネ油赤水を使用した、汁なしの麺であることなどがルールとなっている。提供店舗のメニューは、うどんを使った和風系やパスタを使った洋風系、油そばのような中華系まで様々。

11月11日の「麺の日」にちなんで、市内34店舗で特色ある「岡崎まぜめん」の提供がスタート。「岡崎まぜめん会」事務局では、第二弾の参加店舗の募集を行っており、さらなる地元普及を目指している。「岡崎まぜめん」の詳細は以下のサイトまで。

詳細情報:岡崎まぜめん会

この記事のライター
関連記事
2016年11月5日、愛知県北名古屋市で「Most people spinning tops simultaneously(同時にこまを回した最多人数)」というギネス世界記録挑戦が行われ、見事記録達成しました。
公開: 2016-11-07 16:18:20
2016年10月30日、富山県小矢部市で新しいギネス世界記録が誕生しました。挑戦したカテゴリは「Largest armed-linked toast」(最も多くの人数で行った腕組み乾杯)で、2015年9月に中国で達成された900人を超えることが目標でした。
公開: 2016-11-01 10:55:10
石川県輪島市の白米千枚田では、10月15日(土)から大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催する。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置。ライトは日没後に自動で点灯し、30分ごとに色が切り替わるもので、光の移り変わりを楽しめる。期間は来年3月12日(日)まで。期間中は無休。
公開: 2016-10-06 15:44:40
中部経済産業局は、愛知県、石川県で「中部ふるさと名物普及シンポジウム」を開催する。地域経済を大きく活性化させるため、「地域資源」を活用した「ふるさと名物」をテコにし、地域ぐるみの取組を促進することを目的として開かれるもの。
公開: 2015-06-09 13:56:21
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第13回は東京都から。
公開: 2019-12-04 12:43:28
魅力度ランキング2019【市区町村】の調査結果、調査方法を紹介。市区町村の魅力度結果は、函館市が53.7点で2年連続6度目の1位となりました。2位は前年3位の札幌市、3位は前年2位の京都市となっています。
公開: 2019-11-29 08:52:04
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第12回は千葉県から。
公開: 2019-11-15 16:23:32
マーケティングリサーチの基礎、サンプリング理論、アンケートのタブー等、アンケートを作成する上で押さえておきたいポイントが学べるネットリサーチの基礎セミナーが東京都渋谷区にて2019年12月5日(木) 14:00に開催される。
公開: 2019-11-15 11:42:00
様々な世界一を認定しているギネス世界記録。日本各地で、バラエティ豊かな世界一が沢山生まれています。昔からある自然や祭り、住民が力を合わせた活気あふれる挑戦・・・地域の魅力を伝える世界一を、都道府県ごとにご紹介。第11回は埼玉県から。
公開: 2019-11-08 13:16:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
ギネス世界記録にチャレンジ
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
食農体験ネットTaabel
メルマガ