MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
地場野菜の料理と楽しむ地ビールフェス開催/岩手県一関市

地場野菜の料理と楽しむ地ビールフェス開催/岩手県一関市

岩手県一関市では8月24日(金)から26日(日)までの3日間、「第15回全国地ビールフェスティバルin一関」を一関文化センター前広場などで開催する。1998年から一関市で開催しており、今年で15回目の開催となる。

岩手県一関市では8月24日(金)から26日(日)までの3日間、「第15回全国地ビールフェスティバルin一関」を一関文化センター前広場などで開催する。1998年から一関市で開催しており、今年で15回目の開催となる。

同フェスティバルは、国内外72社(国内69社、海外3社)の地ビールメーカーが参加を予定している国内最大規模の地ビールフェスティバルで、昨年2011年開催時には3日間で約1万5千人の人出で賑わった。

昨年からは、市内JAと飲食店が協力し、一関市特産の地場野菜を使ったビールに合う特製料理を同フェスティバルで提供し、地元農産物のPRを行っている。今年は「地ビールにあう一関野菜はどっち!!~なすVSピーマン~」と題し料理の提供を行う予定だ。

また、同フェスティバルに先駆けて、市内の一部飲食店において同フェスティバルで提供される全国の地ビールと一関の料理が楽しめる「いちのせき地ビールストリート」も併せて開催している(7月20日(金)から8月30日(木))。

参考:http://www.ichitabi.jp/information/page.php?p=231

【問い合わせ先】

一関市役所 商業観光課

電話:0191-21-8413

この記事のライター
関連記事
食農体験ネットワーク登米協議会は、2018年3月20日(火)に『農泊・インバウンドセミナー』を開催する。これは、平成29年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)を受け「農泊(農山漁村地域への滞在型旅行)」を推進するため、東北・九州地方のインバウンド(訪日外国人)の受け入れ先のナマの声を聞き、登米市地域内の農泊のおける意識醸成を図る。
公開: 2018-02-16 11:23:09
2016年12月11日、青森県板柳町で『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』というギネス世界記録の挑戦が行われました。挑戦内容は、参加者が一列に並び、リレー形式で食べ物を食べさせ合った参加人数を競うものです。
公開: 2016-12-14 11:10:47
青森県板柳町(町長:成田 誠)は、同町特産のりんごを使ってギネス世界記録に挑戦するイベントを2016年12月11日(日)に開催。挑戦する内容は『Longest relay of people feeding each other(リレー形式で食べさせ合った最多人数)』で、「りんごまるかじり条例」
公開: 2016-12-06 10:22:05
山形県寒河江市で2016年6月12日(日)、参加者数を競う「最大のサクランボの種飛ばし大会(Largest cherry stone spitting competition)」のギネス世界記録挑戦が行われ、参加者数2,944人で自ら持つ記録(1,723人)を大幅に更新、見事認定された。
公開: 2016-06-13 12:49:51
第39回を迎える、岩手県盛岡市の「盛岡・北上川ゴムボート川下り大会」が7月26日、盛岡市を流れる北上川で開催され、814艇、1,628人が完走し、「世界最大のラフトレース」としてギネス世界記録に認定された。
公開: 2015-07-28 11:03:19
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル