MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
ご当地キャラの人気“ひこにゃん”がダントツ1位/RJCリサーチ

ご当地キャラの人気“ひこにゃん”がダントツ1位/RJCリサーチ

株式会社RJCリサーチ(本社:東京都千代田区)では、企業・商品・団体・自治体・イベントなどのPRを主目的とする認知度の高いキャラクター300種を対象とした調査を実施した。

株式会社RJCリサーチ(本社:東京都千代田区)は、企業・商品・団体・自治体・イベントなどのPRを主目的とする認知度の高いキャラクター300種を対象とした調査を実施した。
その結果、総合力で最も高いキャラクターは前年に引き続きsoftbankの「お父さん犬」、次いで本田技研工業の「ASIMO」、キユーピーの「キユーピー」、不二家の「ペコちゃん」、ミスタードーナツの「ポン・デ・ライオン」が続く結果となった。

日本全国の地域PRを目的とした“ご当地キャラのジャンル”では、彦根市の「ひこにゃん」がダントツの1位を獲得。続いて2位は、平城遷都1300念記念事業のマスコットキャラクター「せんとくん」。3位は、ゆるキャラグランプリ2011王者の「くまモン」がランクインした。熊本県PRマスコットキャラクターの「くまモン」は、熊本県の営業部長として多方面で活躍しており、前年の46位から大きく順位を上げた。

同じく“ご当地キャラジャンル”にて、先日開業した東京スカイツリーのキャラクター「ソラカラちゃん」が前年の7位から5位、スカイツリーの
お膝元である押上・業平橋地区の「押(おし)」と「業(なり)」に由来する「おしなりくん」が13位から8位に大きく順位を上げている。
一方で、東京タワーのイメージキャラクター「ノッポン」は前年の6位から9位に順位を落とす結果となった。

本調査では、PRキャラクターの総合力を、「PR認知力」「和みイメージ」「独自イメージ」「活発イメージ」「洗練イメージ」「イメージアップ力」「イメ-ジ波及力」の7つの指標をもとに、一般消費者に対して「知らしめる力」「イメージをアップさせる力」を表す「総合力」として独自の手法で指標化している。

上述した“ご当地キャラ(地域)ジャンル”のように“企業”や“スポーツ”などジャンル別の結果も導かれているほか、報告書(アクティブレポート)では、各指標のランキングや属性別(性別、年代別、居住地域別など)の分析も可能。本調査の詳細は以下のページまで。

詳細情報:PRキャラクター・ブランド調査2012 




この記事のライター
関連記事
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」の結果から、1000市区町村の魅力度ランキングの結果です。1位は札幌市で9年ぶり7度目の1位。次いで函館市、京都市、小樽市、鎌倉市、横浜市、神戸市、軽井沢町、金沢市、富良野市の順でした。
「地域ブランド調査2021」の結果から、47都道府県の魅力度ランキングの結果です。1位は北海道で都道府県の調査開始から13年連続の1位。2位以下は京都府、沖縄県、東京都、大阪府、神奈川県、福岡県、長崎県、奈良県の順で、10位は長野県と石川県でした。
都道府県魅力度ランキングでおなじみの「地域ブランド調査2021」の結果を発表。北海は13年連続1位。1000市区町村の魅力度では札幌市は9年ぶり1位。コロナ禍で地域への関心度が高まり、多くの地域で魅力度が上昇した。
最新記事
2021年11月23日、愛知県岩倉市で新たなギネス世界記録が生まれました。 挑戦した記録は「Largest display of origami carp streamers (koinobori)」。挑戦は岩倉市制50周年を記念したイベントの一環で行われました。
一般社団法人パイオニズム、ソフトバンク株式会社およびヤフー株式会社は、「Next Action→ Social Academia Project」を2021年3月に発足させ、現在、ブースタークラスの参加者を募集している。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
「地域ブランド調査2021」は全国の消費者を対象にインターネットで調査を実施し、35,489人の有効回答を得ました。調査は認知度や魅力度、観光意欲度など計89の項目から構成しています。ここではその設問構成と指標の算出方法等について説明します。
福島県では、首都圏の若い世代に本県が抱える地域課題の解決に協力してもらうことを通じて、関係人口の創出を図る「ふくしま夢実現クエスト事業」を実施しており、本プロジェクトのスタートアップである「第1回ふくクエ応援会議」を都内の会議室で開催しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル