MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
伊豆大島で初のグルメ選手権/大島町

伊豆大島で初のグルメ選手権/大島町

東京都大島町(伊豆大島)で23日、「第1回C級グルメ選手権」が開催された。本選手権ではC級グルメを、新しいメニューに挑戦する「Challange」、田舎らしい「Country」、人と楽しむ「Communication」の3つの「C(シー)」に加え、「Sea」を合わせた“シー”級グルメと定義。

東京都大島町(伊豆大島)で23日、「第1回C級グルメ選手権」が開催された。本選手権ではC級グルメを、新しいメニューに挑戦する「Challange(チャレンジ)」、田舎らしい「Country(カントリー)」、人と楽しむ「Communication(コミュニケーション)」の3つの「C(シー)」に加え、伊豆大島の「Sea(シー)」(海のもの)を合わせた“シー”級グルメと定義。島内からC級グルメを募集した。

伊豆大島C級グルメ選手権実行委員会が主催した本選手権では、島内の食材を利用した16のメニューが登場。いずれも1品100円から200円で販売され、伊豆大島特産の明日葉を使った肉巻おにぎりや椿油を使ったラスクなど、伊豆大島ならではの商品が集まった。

会場となった大島町役場横の多目的広場では、10時半のスタートとともに、C級グルメを食べ比べた来場者がお気に入りのC級グルメを1つ選び、投票を行った。
記念すべき「第1回C級グルメ選手権」で優勝に輝いたのは、島寿司セット(紀洋丸)で、地元でとれた魚介類を使ったべっこう寿司・なめろう寿司・青唐みそ巻のセット。2位は小麦以外は大島産を使用したアイランドチュロス(岡田青年団)、3位は島唐と椿油を使った溶岩おにぎり(泉津くらぶ)が続いた。

関連情報:大島町公式サイト




この記事のライター
関連記事
人口減少が歯止めをきかない中で、千葉県流山市では、毎年人口が増えている。とくに、年齢別人口では、30~40歳の「働き盛り」の層が最も多く増え、子どもの数が純増している。
公開: 2020-03-25 16:30:41
宇都宮市は、「餃子の街」として、益々のイメージ強化を図るため、宇都宮市在住の外国人や、インバウンド客の視点から、宇都宮の魅力を発信をしてもらうため、日本で唯一の"餃子"協同組合である「宇都宮餃子会」が運営する「来らっせ」本店(常設店舗)にてPRイベントをおこないます。
公開: 2019-09-24 13:26:20
内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組として、都内各地の観光協会等の街歩きツアーを集めたイベントが開催される。歴史・文化・自然から話題のスポット&グルメまで、地域を愛するガイドやその道のプロなど、個性豊かなガイドが魅力溢れる東京を味わえる。
公開: 2019-08-22 12:03:00
我孫子市の魅力発信室長が、大学院を卒業。修士論文のテーマ「関東圏 5 都県(東京都・千葉・神奈川・埼玉・茨城)自治体シティプロモー ション実態調査」の結果をまとめた。自治体との情報共有を図るため、我孫子市ホームページで公開中。
公開: 2019-08-15 16:15:00
9月30日、埼玉県草加市で「Largest rice cracker mosaic (image)」(最も大きなライスクラッカーモザイク(イメージ))の挑戦が行われました。
公開: 2018-10-02 11:39:41
最新記事
林野庁では林業の成長産業化を図るため、平成 29 年度より、地域の森林資源の循環利用を通じて地元に利益を還元し、 地域の活性化に取り組む地域を「林業成長産業化地域(モデル地域)」として選定し、林業成長産業化地域創出モデル事業 を通じて支援しています。モデル地域の取組の成果を全国に普及展開する場として、成果報告会を開催します。
公開: 2023-01-17 14:11:00
昨年3月に惜しまれながらも閉店となった兵庫県アンテナショップが、公民連携型アンテナショップという、新しいアンテナショップの形態として首都圏に展開していくことが発表された。
公開: 2023-01-12 15:44:00
都道府県魅力度ランキングは45位と低迷する埼玉県。ところが「教育・子育ての県」のイメージでは2年連続で日本一! 埼玉県の魅力の現状を分析し、地域ブランドとしての問題点と、上昇のポイントをまとめてみた
公開: 2023-01-01 21:44:00
都内に34店ある都道府県の「アンテナショップの実態調査2022」を実施したところ、来場者が観光情報を入手する場所として活用しており、その効果は店舗売上を上回るほどの誘客効果につながっていることが明らかになった。
公開: 2022-12-27 17:57:16
「都道府県魅力度ランキング」でおなじみの地域ブランド調査では89項目のランキング項目があり、その中で「観光に行きたい都道府県ランキング」を発表。5位は福岡県、4位は東京都、3位は沖縄県、2位は京都府、1位は北海道となった。
公開: 2022-12-25 23:41:42

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル