MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
八戸せんべい汁、年563億円の経済効果と試算

八戸せんべい汁、年563億円の経済効果と試算

総務省の「緑の分権改革推進会議」分科会は、青森県八戸市のB級グルメ、「八戸せんべい汁」がもたらす経済波及効果が最大で年間約563億円に上るという試算結果を発表した。

総務省の「緑の分権改革推進会議」分科会は、青森県八戸市のB級グルメ、「八戸せんべい汁」がもたらす経済波及効果が最大で年間約563億円に上るという試算結果を発表した。

試算にあたっては、八戸市を訪れた人を対象に実施したアンケート(有効回答者数220人)をもとに算出した消費単価に、せんべい汁に関係するビジネス客や観光客の入り込み数を乗じた。この結果、飲食や宿泊、交通費などの直接効果額は376億5,500万円。直接効果に伴う各産業の生産増をもとに八戸市産業連関表などを用いて推計した間接効果額は186億5,600万円と算出された。アンケートにおいて(1)せんべい汁に関する商談、(2)せんべい汁の飲食、購入、(3)主な目的ではないが、購買・飲食意欲がある――とそれぞれ回答した人数を反映しており、仮に(3)を除いた場合、経済波及効果は大幅に減るが、それでも81億7,000万円の経済波及効果が算出されている。また報告書では、こうした経済波及効果のほかに、新聞などの報道機関に多数取り上げられた2010年の広告・宣伝効果が1億円超と試算している。

報告書をまとめた推進会議は、総務副大臣を座長に有識者らで構成されており、観光資源活用や地場産品ブランド化などを検討する第2分科会が、B級グルメの代表格として、今回八戸せんべい汁を調査の対象に選んだ。

この記事のライター
関連記事
一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会監修の書籍「マーケティング・リサーチに従事する人のためのデータ分析・解析法―多変量解析法と継時調査・時系列データの分析―」(学文社)で、「地域ブランド調査」の結果をご活用いただきました。
公開: 2020-05-14 10:08:04
全国の20代の男女が望む夏のデートは、全国的に花火大会が人気で約7割の支持を集めた。その他では北陸・甲信越地方は水族館、中国・四国ではドライブが多かった。・・・THE KISSが行った調査でこのような結果が明らかになった。
公開: 2018-07-22 11:38:56
株式会社ブランド総合研究所では、国内の1,000市区町村及び47都道府県を対象に、「認知度」「魅力度」「情報接触」「イメージ」の4つの視点と、「観光」「居住」「産品」の3つの構成要素から調査・分析し、評価を行うことで、そのブランド力を徹底比較する「地域ブランド調査2018」を実施いたします。
公開: 2018-05-30 11:21:16
株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区虎ノ門1-8-5、代表取締役社長:田中章雄)では、国内の1,000市区町村及び47都道府県を対象に、各地域のブランド力を徹底比較する「地域ブランド調査2017」を、本年6月から7月にかけて実施いたします。
公開: 2017-05-29 12:00:36
弊社が実施している「地域ブランド調査」は2006年から調査を開始し、2015年(9月下旬発表予定)で10回目を迎える。本項では10回目の発表を前に、調査対象が1000市区町村となった2007年から2014年までの8年間の結果推移が示唆する地域に対する消費者イメージの変容についてレポートする。
公開: 2015-07-17 18:41:45
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00
「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた京都市オリジナルのマンホール蓋「ポケふた」を市内の公園に設置。
公開: 2021-03-30 17:00:38
入間市は、「まちの活気を守る事業」のひとつとして、狭山茶の主産地である入間市独自のお茶殻入り紙製マスクケースを作製。市内の公共施設等に設置し、配布している。
公開: 2021-03-30 16:32:04
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する“日本初”となる「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-03-29 10:00:00
ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策」事業の採択を受け、沖縄県糸満市、山口県宇部市、宮城県登米市、熊本県阿蘇郡小国町、長崎県大村市の協力を得て、関東地方を中心に農業インターンシップ参加者を各地域で受け入れている。本研修は一次産業の農業だけにとどまらず、直売所での販売や、加工食品づくり、農家レストランでのサービス、動画制作など、実践的な6次産業化を学ぶ内容となっている。
公開: 2021-03-26 15:58:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
調査購入
調査依頼
地域ブランド調査
地域ブランド調査2
関係人口
ギネス世界記録にチャレンジ
企業版SDGs
SDGs調査2019
日本フードバリアフリー協会
観光
食農体験ネットワーク協議会
メルマガ
get_app
ダウンロードする
キャンセル