MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
SDGs取組評価が高い企業は好感度が約35%高い

SDGs取組評価が高い企業は好感度が約35%高い

消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内有力企業210社を評価する「企業版SDGs調査2020」で、SDGs取組評価と企業好感度の結果には強い相関があり、SDGs評価が50位以内の企業は平均と比べて好感度が約35%高いことが明らかになった

2020年3月に実施した「企業版SDGs調査」の結果で、対象となった全210社に対し、認知度、好感度、利用経験、就職意欲、投資意欲といった項目の関連性を分析したところ、SDGs取組への評価と企業好感度の間には強い相関があることが明らかになった。

調査概要
調査概要については、以下のページを参照
「企業版SDGs調査2020」調査概要と報告書の構成

SDGsは好感度を高める

このグラフは、企業版SDGs調査で対象となった企業のSDGs取組評価の点数を横軸に、好感度を縦軸に取ったグラフに、調査対象210社の結果をプロットしたもの。
SDGs取組評価が高いほど好感度が高くなる傾向にある。グラフの中心にある直線は近似直線で、相関係数(R=0.798)、決定係数R2=0.632)と、非常に強い相関があるという結果になった。


※SDGs取組評価
各社のSDGsへの取組について「とても評価している」、「少し評価している」、「どちらでもない」、「あまり評価していない」、「全く評価していない」、「知らない」から選択してもらい、加重平均(とても=100点、少し=50点、他は0点)した結果。
※好感度
各社について「とても好感が持てる」、「少し好感が持てる」、「どちらでもない」、「あまり好感が持てない」、「まったく好感が持てない」、「知らない」から選択してもらい、加重平均(とても=100点、少し=50点、あまり=-50点、全く=-100点)した結果。

SDGsはプラスイメージを高める効果

SDGs評価の順位で対象企業を4つのグループに分けて、それぞれのグループでの好感度を算出してみた(下表)。
1位~50位の企業の平均では、「とても好感が持てる」との回答は平均17.7%、「少し好感が持てる」は33.4%と、合計で51.1%と半数以上の回答者から好感が持たれていた。これは210社平均(「とても好感が持てる」11.5%、「少し好感が持てる」26.4%の計37.9%)よりはるかに多い。

つまり好感を持っている人の割合は、上位50社では平均より35%ほど高い(51.1÷37.9=1.35)ということになる。
一方、「あまり好感が持てない」「全く好感が持てない」というネガティブな回答の割合についても同様に27%ほど低下(4.7÷6.4=0.73)させる効果があった。
このことから、SDGsへの取組は企業の好感度を高める効果があるという結果が導けた。

SDGsの取組評価の順位が高い方から50~60社ごとに4つのグループを作り、それぞれのグループの好感度の設問の結果をまとめた。ただし、認知度による差を排除するために、各社を「知らない」と答えた人の回答は除外して集計した。
結果は、順位が高いほど「とても好感が持てる」「やや好感が持てる」との回答率が高くなる一方で、「あまり好感が持てない」「全く好感が持てない」の回答率は低くなるという結果になった。

なお、調査対象とした210社のSDGsの取組評価の結果については、以下のページを参照のこと。
企業版SDGs調査2020 結果発表。1位はトヨタ

お問い合わせ先

株式会社ブランド総合研究所 (担当:森) 
105-0001 東京都港区虎ノ門1-8-5 
MAIL. sdgs☆tiiki.jp (☆を@に変えてください)
TEL.03-3539-3011
FAX.03-3539-3013

・パンフレット 企業版SDGs調査パンフレット
・申込書 企業版SDGs調査申込書
・お申込み 申し込みフォーム
・お問い合わせ 問い合わせフォーム

SDGs関連記事 一覧

この記事のライター
関連記事
ブランド総合研究所では、全国自治体のSDGs・企画・広報等の担当者を対象に、各地のSDGs取組に関するオンライン相談会を実施します(来社も可)。2019年・2020年に実施した「地域版SDGs調査」の結果を元に、各地域が実施すべきSDGs施策についてお話しします。
公開: 2021-01-13 13:43:23
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、定住意欲度が最も高かったのは北海道で、2年連続1位となった。2位には、前年9位の沖縄県、3位は福岡県となった。昨年4位の東京都は33位へと急落した。
公開: 2020-08-25 12:00:00
株式会社ブランド総合研究所は、住民目線による地域の持続性評価、悩みや不満、および幸福度や定住意欲度に関する「第2回都道府県SDGs調査2020」を実施しました。調査報告書では、定住意欲度を高めるための課題や、年代による意識の違いなど、都道府県ごとの実情を分析できます。
公開: 2020-08-24 16:10:35
住民による都道府県の評価調査「都道府県SDGs調査2020」によると、住民による愛着度が最も高かったのは北海道で2年連続。2位は沖縄県、3位は福岡県となった。岩手県は、昨年36位から今年4位へと急上昇した。
公開: 2020-08-12 16:26:00
住民による都道府県の評価調査「地域版SDGs調査2020」によると、住民の幸福度が最も高かったのは宮崎県で2年連続。2位は沖縄県、3位は大分県となった。鳥取県、京都府なども急上昇した。
公開: 2020-08-09 23:16:00
最新記事
食農体験ネットワーク協議会(事務局:ブランド総合研究所(所在地:東京都港区虎ノ門))では、WEBサイトのリニューアルにともない食農体験を実施している団体・農園等の情報を募集開始します。(サイト掲載は無料です)
公開: 2021-05-20 10:35:00
株式会社ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2021」を、本年6月から7月にかけて実施する予定です。調査に先立ち、町村で調査対象をご希望の自治体様に対して調査エントリーの募集をいたします。
公開: 2021-05-17 12:00:00
県外の応援者、出身者の移住や訪問、地域貢献につながる意識などを数値化する「関係人口の意識調査2021」を全国2万人を対象にインターネットで実施しました。その調査結果の一部をご紹介いたします。
公開: 2021-04-23 12:25:01
ブランド総合研究所では、地域活性化につながる調査や事業に取り組むスタッフを募集します。 行政や自治体、関連機関と一緒に仕事をすることが多いため、地域のことを真剣に考え、戦略的に挑戦できる人を求めています。
公開: 2021-04-15 09:58:00
テレワークの普及に伴って、「ワーケーション」に関心が集まっている。地方にとっては都市部と行き来する「関係人口」の拡大により、活性化や将来の定住が期待できる。
公開: 2021-04-07 17:13:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル