MENU
【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。
1/27福岡県岡垣町≪食農体験ソムリエ資格認定≫

1/27福岡県岡垣町≪食農体験ソムリエ資格認定≫

食農体験ネットワーク事務局では、全国で食農体験プログラムのコーディネーターの養成研修を実施しています。2017年1月27日、福岡県岡垣町の食育体験ファームほっこり農園において食農体験に取り組みたい方々を中

全国初!【食農体験ソムリエ研修 in 福岡(1/27)】食農体験シニアソムリエ 加悦典子氏
食農体験ネットワーク事務局では、全国で食農体験プログラムのコーディネーターの養成研修を実施しています。

2017年1月27日、福岡県岡垣町の食育体験ファームほっこり農園において食農体験に取り組みたい方々を中心に「食農体験ソムリエ研修」が行われました。ほっこり農園は、福岡市・北九州市から電車で約1時間。九州の上に位置する『岡垣町』にあるぶどうの樹が運営する食と農のテーマパークです。ここでは、「自分たちでできることは自分たちでやる」ことを基本とし、手作りの素晴らしさを伝えたいという思いから、 農園そのものもスタッフが少しずつ手作りしてきました。岡垣町の大自然の中で農作物を自ら育て、自ら調理することで「食べる」ということを1から学ぶことができる体験型ファームです。自然と感じながら、自然のモノをいただく。ピザづくり体験、ソーセージづくり体験など、作るだけではなく準備や洗い物もすべて自分でやる体験です。生ゴミのリサイクルにおける環境教育、農業の体験塾、自然の森でのツリークライミング、動物とのふれあい、フットパスなど、さまざまな自然と共有した体験を実施しています。

元小学校教師の加悦氏による「食育と食農体験」に結びつける「食農体験ソムリエ研修」が平成29年1月に開催されました。

研修は10:00~19:00、ぶどうの樹を運営する株式会社グラノ24、有限会社ゆうまの代表取締役 小役丸修一氏による施設概要、取り組みの紹介から始まり、沖縄県のあいあいファーム 株式会社アメニティ経営企画室 加力謙一氏による沖縄と九州の地域資源講座、合同会社フットパス研究所 代表 井澤るり子氏による熊本県美里町のフットパスの紹介と人材発掘の視点を学び、プログラム演習では、ソーセージづくり体験など幅広い分野を学習しました。ここで学んだ食農体験ソムリエ達は地域と連携し、いのちをつなぐ食、文化、農林水産業、教育、商業など幅広い分野に「体験」の導入と普及に取り組んでいきます。


■ほっこり農園の概要:「どこにでもある田舎を、ここにしかない田舎に」をモットーに母体である株式会社グラノ24Kの第一次産業部門として農産物の製造・流通・地域資源を活用しての食育・自然・農業体験教室などを実施。農商工連携88選の代表事例として選出され、地域の6次産業化を目指し事業を展開。
■ソムリエ研修受講生 10名

この記事のライター
関連記事
地域の資源や特性を活かした体験プログラムの作成・提案の方法を学びませんか?
公開: 2022-09-12 16:40:21
食農体験サイトtaabel(た~べる)では、食育ピクトグラムを活用した食農体験情報を募集しています。
公開: 2022-02-02 18:07:53
農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始した。
公開: 2021-06-23 17:15:59
農林水産省では、第4次食育推進基本計画を広く周知、実践につなげることを目的に食育月間セミナーを開催します。 重点事項の一つである「持続可能な食を支える食育の推進」をテーマに、新たな日常における食育体験やオンライン体験の可能性について、先進事例の紹介やパネルディスカッション等を実施します。
公開: 2021-06-14 21:04:00
最新記事
日本各地の盆踊りなどのうち、国指定重要無形民俗文化財として登録されている41件を、「風流踊」としてユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まった。
公開: 2022-12-01 18:36:12
地域ブランド調査2022より、市区町村の魅力度ランキングを、上位100位まで公開する。1位は札幌市、2位は京都市、3位は函館市、4位は横浜市、5位は小樽市となった。
公開: 2022-12-01 17:21:42
1000の市区町村を対象に調査した「市区町村 魅力度ランキング」。前年からの伸びが1位となったのは熊本県「阿蘇市」、2位は兵庫県「神戸市」、3位は岐阜県「高山市」。その中から1位「阿蘇市」の魅力に迫る、連載:地域ブランド分析の第6弾。
公開: 2022-11-28 10:55:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで最下位脱出となった茨城県。茨城県の魅力を改めて紹介するとともに、同県のブランド力の強みを分析した
公開: 2022-11-20 23:36:00
地域ブランド調査2022の中で、都道府県魅力度ランキングで初の最下位となった佐賀県。なぜ同県が最下位になった理由を分析してみた
公開: 2022-11-17 17:15:23

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル